現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 動物愛護 >
  4. あすまいる(三重県動物愛護推進センター) >
  5. 飼い主の方へ >
  6.  所有者明示をしましょう!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 動物愛護推進センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

所有者明示をしましょう!

動物は迷子になっても自分の住所を言うことができません。
必ず名札等の飼い主が分かるものを付けましょう。
動物がいなくなった、動物を保護した場合のお問い合わせはこちら

※三重県では、平成26年3月に策定した『第2次三重県動物愛護管理推進計画』の中で、犬の所有者明示率の増加をめざしています。
●犬の所有者明示率の推移 

年 度 平成19年度 平成20年度 平成21年度

平成22年度

平成23年度

平成24年度

平成24年度
(目標)

所有者
明示率

11.3%

10.8%

12.9%

12.8%

15.4%

19.9%

17%

年 度

平成25年度

平成26年度 平成27年度 平成28年度

平成30年度

(目標)

所有者
明示率

24.1%

24.5% 24.5% 27.6%

40%

鑑札と狂犬病予防注射済票


 犬の飼い主は、生涯に1回の登録と毎年の狂犬病予防注射をし、鑑札と注射済票を装着することが義務づけられています。
 鑑札と注射済票には、登録された飼い主がわかるように番号が刻印されています。
 保健所で保護した犬に鑑札がついていたため、すぐに飼い主の元に戻ることができたこともあります。
 必ず、犬には鑑札と狂犬病予防注射済票を付けましょう!

名札、マイクロチップ

 盗難や迷子を防ぐためにも、飼い主の氏名、電話番号などの連絡先を記した首輪、名札、マイクロチップ、脚環などをつけましょう!

※動物の愛護及び管理に関する法律でも、動物の所有者又は占有者の責務として、所有者の明示を求めています。

 

マイクロチップをご存じですか?

 首輪や名札など脱落しやすいものについては、脱落しない耐久性の高い器具を併用することが推奨されます。
 マイクロチップは、生体適合ガラスで覆われた電子標識器具で、犬やねこ等の背側頚部皮下に埋め込みます。
 マイクロチップには15桁の数字が記録されており、リーダー(読取器)で番号を読み取ることで、個体識別が可能となります。
※マイクロチップの耐用年数は、30年程度です。
※マイクロチップの埋め込みは、獣医師が行います。最寄りの動物病院にお問い合わせください。
特定動物(危険な動物)は、原則としてマイクロチップの埋め込みが義務づけられています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 動物愛護推進センター 〒514-1254 
津市森町2438-2
電話番号:059-253-1238 
ファクス番号:059-253-1525 
メールアドレス:asmile@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000041541