現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 福祉 >
  4. 高齢者福祉・介護保険 >
  5. 介護保険のしくみ >
  6.  障害者ホームヘルプサービス利用者に対する支援措置事業
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 健康福祉部  >
  3. 長寿介護課  >
  4.  医療介護連携班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

障害者ホームヘルプサービス利用者に対する支援措置事業

1 制度の概要

 障害者自立支援法によるホームヘルプサービスを利用していて、低所得のために定率負担額が0円だった方が、介護保険の制度の対象となった場合に、自己負担分が全額免除となります。

2 対象者

 境界層該当者(※)として定率負担額が0円となっていた人で、次のいずれかに該当する方。

1 65歳になる前のおおむね1年間に障害者施策によるホームヘルプサービスを利用していた方が、65歳になったことで介護保険の対象となった場合
2 40歳から64歳までの方が、老化が原因とされる特定疾病で要介護又は要支援となった場合

※境界層該当者とは、介護保険料・利用者負担などの介護保険に伴う支払いが軽減されれば、生活保護の受給に該当しなくなる方

 
  • 軽減対象者と認定されると、市町から「減額認定証」が交付されます。
  • 制度の利用を希望する方は、お住まいの市町介護保険担当課へご相談願います。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 健康福祉部 長寿介護課 医療介護連携班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-3327 
ファクス番号:059-224-2919 
メールアドレス:chojus@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000029200