現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 福祉 >
  4. 高齢者福祉・介護保険 >
  5. 介護支援専門員資格・研修 >
  6.  平成29年度三重県介護支援専門員「専門研修課程Ⅰ・Ⅱ(実務経験者更新研修)」受講のご案内
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 健康福祉部  >
  3. 長寿介護課  >
  4.  居宅サービス班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平成29年度三重県介護支援専門員「専門研修課程Ⅰ・Ⅱ(実務経験者更新研修)」受講のご案内

1.目的

 現任の介護支援専門員に対して、一定の実務経験をもとに、必要に応じた専門知識、技能の修得を図ることにより、その専門性を高め、もって介護支援専門員の資質向上を図ることを目的とします。
 また、この研修は介護支援専門員証の有効期間を更新するために必要な「更新研修」を兼ねています。

2.実施機関

 三重県から三重県社会福祉協議会へ委託して実施する予定です。
 なお、受講申込受付と受講決定は、三重県長寿介護課で行います。
 受講決定後の研修内容のお問い合わせは、三重県社会福祉協議会へお願いします。

3.受講対象者

(1)更新対象者の方(介護支援専門員証の有効期間満了日が平成30年1月~12月の方)
   介護支援専門員証の有効期間内に、実務に従事している方または従事した経験がある方を対象と
  します。
   ※ 更新対象者については、(2)に記載の実務経験年数に達していない方も受講できます(実務経
     験3年未満の方も専門Ⅱの受講が可能です)。

   ※ 専門Ⅰ、Ⅱ両方とも、事例検討を行う演習があるため、受講者自らが作成したケアプランによる
     事例を、研修中に提出していただく必要があります。
      そのため、現在実務に従事していない等で、事例の提出ができない方については、過去に作成し
        たケアプランの事例を振り返っていただき、提出する事例をご準備しておいていただきますよう
        お願いします。現在実務に従事していない方については、事例の提出が可能か確認のうえ受講申
        込を行ってください。
    なお、事例の提出ができない場合は、専門Ⅰ及び専門Ⅱを受講することはできませんので、実務
       未経験者更新研修の受講をお願いします。

  ※ 介護支援専門員証を更新するためには、専門Ⅰ及び専門Ⅱを有効期間内に受講することが必要で
    すが、2回目以降の更新の方は、専門Ⅰは免除されます。ただし、該当しない場合もありますの
    で、必ず別紙「2回目の介護支援専門員の資格更新をする方のフローチャート」をご確認くださ
    い。
  ※ 三重県で介護支援専門員として登録をしている方が受講できます。
  ※ 主任介護支援専門員研修を平成26年度までに受講された方は、「主任介護支援専門員更新研
    修」を受講することにより、更新研修に代えることができます。(H28年度からの新制度)
 
(2)更新対象者以外の方(介護支援専門員証の有効期間満了日が平成31年1月以降の方)
   ① 専門研修課程Ⅰ(56時間) 
       介護支援専門員として実務に従事している方で、実務経験が6ヶ月以上の方。
   ② 専門研修課程Ⅱ(32時間)  
       介護支援専門員として実務に従事している方で、実務経験が3年以上の方。
   ※ 実務経験年数は、平成29年5月末現在で算定してください。
   ※ 三重県内で介護支援専門員として勤務している方が受講できます。
   ※ 平成28年度から研修内容や研修時間が大幅に変更になりました。
 
[実務経験について]
   実務経験とは、下記の事業所又は施設において介護支援専門員として、介護サービス計画書の作成
   を行うことを指します。
   ※ 下記の事業所又は施設で就労していたとしても、要介護認定の調査業務のみを行っている場合
       や、利用者やサービス提供事業者との連絡調整のみを補助的に行っているのみで、ケアプランの
       作成を行っていない場合は、実務経験として認められません。
   ※ 指定居宅介護支援事業所における常勤専従の管理者については、実務経験があると認められます。
   ※ 実務経験期間については、常勤専従等の勤務形態を問いません。

<事業所・施設一覧>
1居宅介護支援事業所 2特定施設入居者生活介護に係る居宅サービス事業者
3小規模多機能型居宅介護・看護小規模多機能型居宅介護・認知症対応型共同生活介護・地域密着型特定施設入居者生活介護及び地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護に係る地域密着型サービス事業者
4介護保険施設 5介護予防特定施設入居者生活介護に係る介護予防サービス事業者
6介護予防小規模多機能型居宅介護及び介護予防認知症対応型共同生活介護に係る地域密着型介護予防サービス事業者
7介護予防支援事業者 8地域包括支援センター

4.受講申込

(1)申込期限
      平成29年4月12日(水)17時(必着)

(2)申込方法
   「平成29年度三重県介護支援専門員専門研修課程Ⅰ・Ⅱ受講申込書」(申込書1または申込書
  2)に必要事項を記入のうえ、申込期限までに郵送またはFAXにてお申し込みください。
     ※できる限り郵送にてお申し込みください。
   専門Ⅰ、専門Ⅱともコース選択があります。日程をよくご確認のうえ、希望順位を記入してく
  ださい。(申込み数の関係から希望どおりにならないことがあります。)
   なお、平成29年度に専門Ⅰと専門Ⅱの両方を受講される場合は、日程が重ならないようご注
  意ください。

(3)申込先 
   ①郵送の場合 
     〒514-8570 津市広明町13番地 
     三重県健康福祉部 長寿介護課 介護支援専門員研修担当 行
   ②FAXの場合 
     三重県長寿介護課  FAX 059-224-2919 
    FAXの場合は、送信時の状況により届いていない場合もあるため、送信終了後に必ず確認
   の電話連絡をお願いします。
     確認先 TEL 059-224-2262

(4)募集定員
   専門研修課程Ⅰ 220名程度   専門研修課程Ⅱ 830名程度

(5)受講事務手数料
   専門研修課程Ⅰ 35,600円(テキスト代別途)
   専門研修課程Ⅱ 24,300円(テキスト代別途)
    受講事務手数料の納入方法については、受講決定通知において示しますが、「三重県収入証
   紙」にて所定の額を5月中旬までに納めていただくことになりますので、あらかじめご承知おき
   ください。(研修制度改正に伴い手数料も変更となっておりますので、ご注意ください。)
    なお、研修受講の際には、別途テキスト代が必要となり、こちらについても所定の額を5月中
   旬までに納めていただくことになります。(価格は受講決定時にお知らせします。)

(6)注意事項
 1.実務経験者で、現在就業していない方は、事業所欄を空欄にして個人申し込みをしてください。
 2.介護支援専門員証の有効期間内に所定の研修が修了されていないと、証の更新ができず、介護支
  援専門員としての業務に就くことができなくなります。また、証の有効期間満了後に業務を行うと
  介護支援専門員資格登録が消除されますのでご注意ください。
 3.必要な研修をホームページ等でご確認のうえ、計画的にご受講ください。
  三重県長寿介護課ホームページ
  http://www.pref.mie.lg.jp/common/03/ci500004918.htm

5.受講決定

 申込者が定員を超えた場合は、①更新対象者、②更新対象者以外の方での先着順、により決定します。受講決定通知については、平成29年5月9日(火)を目途に、個人住所宛に受講事務手数料納入のご案内とあわせて送付します。なお、平成29年5月15日(月)までに届かない場合は、長寿介護課までご連絡ください。

6.研修日程及び会場

(1)専門研修課程Ⅰ 
  申込書1へ、研修コース「1」~「4」から希望順を記入
  研修日:全7日間 56時間 集合講義3日+演習4日
  会 場:津市内(受講決定通知時に詳細をお知らせします)
  内 容:平成29年度介護支援専門員資質向上研修(専門研修課程Ⅰ)

区分 集合講義
(3日間)共通
演習
(4日間)
コース
番号
 
平日
 

 5/23(火)、5/24(水)、
 6/1(木)
 6/6(火)、6/16(金)、6/29(木)、7/7(金)
 6/7(水)、6/20(火)、6/30(金)、7/19(水)
 6/14(水)、6/27(火)、7/5(水)、7/20(木)
休日  6/24(土)、7/16(日)、
 7/17(月・祝)
 7/22(土)、7/29(土)、
 7/30(日)、8/11(金・祝)



(2)専門研修課程2(今までの「専門研修課程1」の受講の有無で「申込書」が異なります。)
  申込書1(専門研修Ⅰを未受講の方)もしくは2(専門研修Ⅰを既に受講済みの方)へ、研修コー
 ス「あ」~「せ」から希望順を記入
  研修日:全5日間 32時間 講義・演習5日
  会 場:津市内(受講決定通知時に詳細をお知らせします)
  内 容:平成29年度介護支援専門員資質向上研修(専門研修課程Ⅱ)

区分 選択講義・演習
(5日間)
コース
記号
平日  5/18(木)、5/19(金)、6/13(火)、6/28(水)、7/19(水)
 6/8(木)、6/23(金)、7/4(火)、7/20(木)、7/21(金)
 6/15(木)、6/28(水)、7/7(金)、7/21(金)、8/10(木)
 6/21(水)、6/30(金)、7/13(木)、8/29(火)、9/15(金)
 6/27(火)、7/6(木)、7/14(金)、9/7(木)、9/21(木)
 9/13(水)、10/5(木)、11/16(木)、12/7(木)、12/8(金)
 9/13(水)、10/31(火)、11/21(火)、11/22(水)、 
 12/5(火)
 9/14(木)、11/1(水)、11/24(金)、12/5(火)、
 12/12(火)
 9/14(木)、11/14(火)、11/15(水)、12/19(火)、
 12/20(水)
 9/12(火)、11/29(水)、11/30(木)、12/21(木)、
 12/22(金)
休日  7/22(土)、7/23(日)、8/12(土)、8/19(土)、9/17(日)
 7/23(日)、7/29(土)、8/13(日)、8/20(日)、9/23(土)
 9/18(月・祝)、11/3(金・祝)、11/4(土)、11/23(木・祝)、12/9(土)
 11/5(日)、11/25(土)、12/2(土)、12/16(土)、
 12/17(日)

 

7その他

(1)研修日及び会場については、受講申込の状況により変更させていただくことがあります。
(2)全日程を修了し、かつ全課目の「研修記録シート」の提出を行った者に修了証明書を交付しま
  す。修了証明書は、介護支援専門員証の更新手続きに必要となります。修了証明書交付後の再発行
  はできませんので、大切に保管してください。

  ※研修記録シートの記載や提出方法等については、受講決定の際にお知らせいたします。
(3)受講コースの全部または一部を変更することや、遅刻・早退・欠席は、やむをえない場合を除き
  認められませんので、ご注意ください。また、補講は開催いたしません。
(4)遅刻・早退・欠席をした場合の受講継続等の扱いについては、研修初日のオリエンテーションで
  説明します。
(5)専門研修Ⅰ・Ⅱでは、以下のテーマ(演習課目)に沿った事例を用いて演習を行います。研修当
  日に使用しますので、予めご用意ください。提出様式及び提出時期については、受講決定時にお知
  らせします。(提出必須
   1.リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例
   2.看取り等における看護サービスの活用に関する事例
   3.認知症に関する事例
   4.入退院時等における医療との連携に関する事例
   5.家族への支援の視点が必要な事例
   6.社会資源の活用に向けた関係機関との連携に関する事例
   7.状況に応じた多様なサービス(地域密着型サービス、施設サービス等)の活用に関する事例
   ※専門Ⅰ、専門Ⅱともに上記のうち1課目以上に該当するものを1事例ご用意ください(複数課
    目が該当するものも可)。
   ※事例の提出ができない場合は、専門Ⅰ及び専門Ⅱを受講することはできませんので、実務未経
    験者更新研修の受講をお願いします。

(6)研修会場へは、できる限り公共交通機関を利用してお越しください。
(7)昼食は各自でご用意ください。
(8)問い合わせ先
   三重県健康福祉部長寿介護課 居宅サービス班
   電 話 059-224-2262
   FAX 059-224-2919

関連資料

  • 受講のご案内(PDF
  • 受講申込書1(専門Ⅰを未受講の方)(PDF / ワード
  • 受講申込書2(専門Ⅰを受講済みの方)(PDF / ワード
  • 専門Ⅰ日程表(PDF
  • 専門Ⅱ日程表(PDF
  • 資格更新フローチャート(1回目の更新の方)(PDF
  • 資格更新フローチャート(2回目以降の更新の方)(PDF

本ページに関する問い合わせ先

三重県 健康福祉部 長寿介護課 居宅サービス班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2262 
ファクス番号:059-224-2919 
メールアドレス:chojus@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000178682