現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 福祉 >
  4. 高齢者福祉・介護保険 >
  5. 介護支援専門員資格・研修 >
  6.  平成30年度三重県「主任介護支援専門員更新研修」受講のご案内
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 長寿介護課  >
  4.  居宅サービス班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平成30年度三重県「主任介護支援専門員更新研修」受講のご案内

1.目的

 主任介護支援専門員に対して、継続的な資質向上を図るための定期的な研修受講の機会を確保し、主任介護支援専門員の役割を果たして行くために必要な能力の保持・向上を図ることを目的とする。

2.実施機関

 三重県から三重県社会福祉協議会へ委託して実施する予定です。
 なお、受講申込受付と受講決定は、三重県長寿介護課で行います。

3.受講対象者

 研修の対象者は、主任介護支援専門員研修を受講したことがあり、現在、主任介護支援専門員である者で、主任介護支援専門員の有効期限が概ね2年以内に満了する者とします。
 なお、今年度は、主任介護支援専門員研修をH26年度以前に受講し、かつ介護支援専門員証の有効期限が平成31年1月~平成32年12月までの方を優先的に対象者とします。
 具体的には、既に主任介護支援専門員研修を修了し、かつ以下の受講要件(1)から(5)のいずれかを満たす者とします。
【受講要件】
1.介護支援専門員に係る研修の企画、講師やファシリテーターの経験がある者
2.地域包括支援センターや職能団体等が開催する法定外の研修等に年4回以上参加した者
3.日本ケアマネジメント学会が開催する研究大会等において、演題発表等の経験がある者
4.日本ケアマネジメント学会が認定する認定ケアマネジャー
5.その他、介護支援専門員の業務に関し、十分な知識と経験を有する者であり、次の要件を満たす
 者。
 ・当該主任介護支援専門員更新研修の申込締切日から過去5年以内に実務研修の実習生の指導を受入
 事業所において行った実績のある者。

注1 1の「研修の企画」とは、研修主催者や講師等と研修内容について検討を行うことであり、研修
  案内の作成、受講者管理等の事務的な業務は含みません。
   また、「ファシリテーター」とは、研修時に講師と共に受講者へ指導・助言等を行う等により、
  研修の進行を促進する者をいい、受付係や進行の司会者等は含みません。
注2 2の「地域包括支援センターや職能団体等が開催する法定外の研修等」とは、三重県が実施する
  法定研修(介護支援専門員実務研修、更新研修(専門Ⅰ、専門Ⅱ、実務未経験者更新研修)、主任
  介護支援専門員(更新)研修)以外の研修に年4回以上参加したこととし、「法定外の研修」と
  は、介護支援専門員として必要とされる専門的知識・技術を習得するための研修、講演会等をいい
  ます。よって、パソコン教室、英会話教室など介護支援専門員としての知識、技術と直接関連性の
  ない内容の研修は、研修の主催に関わらず、ここでいう「法定外の研修」に含みません。
   「年4回以上」とは、4回以上の研修を1年以内に参加したことをいい(直近の1年でなくとも
  よい。)、少なくとも主任介護支援専門員更新研修受講申込時までに修了していなくとも参加中、
  もしくは参加することが決定していることが必要です。(未定のものは不可。)
   資格取得のための研修等で複数日に及ぶ研修の参加については、全体で1回の研修参加として取
  扱います。
   また、研修時間については、最短で2時間以上のものであることとします。
注3 5の「実務研修の実習生の指導を受入事業所において行った実績のある者」とは、居宅介護支援
  事業所が実務研修実施機関(三重県社会福祉協議会)に提出した介護支援専門員実務研修報告書兼
  評価表において、実習指導者氏名欄に記載した主任介護支援専門員を該当者とします。

4.受講申込

(1)申込期限:平成30年4月12日(木)17時まで(必着とします。)

(2)申込方法
   下記リンク先の「平成30年度主任介護支援専門員更新研修受講申込書」をご記入のうえ、郵送
  またはご持参ください。(電子ファイルやFAXでの申込みは不可とします。)
   必要事項及び希望コースをご記入ください。第1希望のみの記入の場合は、そのコースの定員を超
  えた場合、受講いただけないことがあります。

(3)申込先
   〒514-8570 津市広明町13番地
   三重県医療保健部 長寿介護課 介護支援専門員研修担当


(4)提出書類
  「平成30年度 三重県主任介護支援専門員更新研修受講申込書」及び「受講申込書」に記載され
  た添付書類(どの受験要件を選択するかで異なります。)

(5)募集定員:180名程度

(6)研修事務手数料:20,000円(納付方法⇒「三重県収入証紙」で納付)(テキスト代別途)
   受講事務手数料の納入方法については、受講決定時にお知らせしますが、「三重県収入証紙」に
  て所定の額を5月上旬までに納めていただくことになりますので、あらかじめご承知おきくださ
  い。
   なお、研修受講の際には、別途テキスト代が必要となり、こちらについても所定の額を5月上旬
  までに納めていただくことになります(価格は受講決定時にお知らせします)。

5.受講決定

 受講決定通知を対象者個人に平成30年4月26日(木)を目途に送付します。なお、平成30年
5月2日(水)までに届かない場合は、長寿介護課までご連絡ください。
 なお、受講対象要件に該当しない場合や定員の関係で申込者全員に受講決定できない場合がありますので、あらかじめご了知ください。定員を上回った場合は、受講要件の報告内容や介護支援専門員証や主任介護支援専門員の更新年度を参考にするとともに、同一事業所1名の受講で調整させていただきます。

6.研修日程及び会場

(1)研修日程 全8日間46時間(1日集合講義、7日講義・演習) 5/18(金)は共通日

コース 研 修 日 程
Aコース  5/18(金)、6/7(木)、6/20(水)、6/27(水)、7/6(金)、
 7/19(木)、8/9(木)、8/29(水)
Bコース  5/18(金)、6/8(金)、6/21(木)、6/29(金)、7/5(木)
 7/20(金)、8/10(金)、8/30(木)
Cコース  5/18(金)、6/9(土)、6/22(金)、6/30(土)、7/4(水)、
 7/21(土)、8/11(土)、8/31(金)

(2)研修会場 津市内(受講決定通知時に詳細をお知らせします)

7.主任介護支援専門員資格の有効期間について(新規定)

 平成28年度の国の制度改正により、主任介護支援専門員資格には研修修了日から5年間の有効期間が設けられました。主任介護支援専門員(更新)研修修了者は、有効期間内に「主任介護支援専門員更新研修」を修了する必要があります。修了できなかった場合には主任介護支援専門員資格が失効します。
 本研修を修了すると、主任介護支援専門員資格が研修修了日から5年間更新され、介護支援専門員証の更新に必要な更新を修了したことになります。また、介護支援専門員証の有効期間については、「主任介護支援専門員更新研修修了証明書に記載の主任介護支援専門員の有効期間と同一とする」か、「主任介護支援専門員の有効期間と関係なく、本来の介護支援専門員証の有効期間から5年間を更新後の有効期間とする(それぞれの有効期間を別々で取り扱う)」のうち、いずれかを選択していただきます。(研修最終日に配布される案内でご確認をお願いします。)
 介護支援専門員証には主任介護支援専門員の有効期間の日付けが記載されていないので、それぞれの有効期間にくれぐれもご注意ください。(主任介護支援専門員更新研修修了証明書に記載してあります。)
 研修修了後は、介護支援専門員証の有効期間だけでなく主任介護支援専門員資格の有効期間にもご留意のうえ、業務を行ってください。

8.その他

(1)研修日及び会場については、受講申込の状況により変更させていただくことがあります。
(2)全日程を修了し、かつ全課程の「研修記録シート」の提出を提出した者に修了証明書を交付しま
  す。修了証明書交付後の再発行は行いませんので、大切に保管してください。
  ※研修記録シートの記載や提出方法等については、受講決定の際にお知らせいたします。
(3)受講コースの全部または一部を変更することや、遅刻・早退・欠席は、やむをえない場合を除き
  認められませんのでご注意ください。また、補講は開催いたしません。
(4)遅刻・早退・欠席をした場合の受講継続等の扱いについては、研修初日のオリエンテーションで
  説明します。)
(5)この研修では以下のテーマ(演習課目)に沿ったほかの介護支援専門員に指導を行った事例及び
  指導経過
を用いて演習を行います。研修当日に使用しますので、予めご用意ください。(提出必
  須

 1.リハビリテーション及び福祉用具の活用に関する事例
 2.看取り等における看護サービスの活用に関する事例
 3.認知症に関する事例
 4.入退院時等における医療との連携に関する事例
 5.家族への支援の視点が必要な事例
 6.社会資源の活用に向けた関係機関との連携に関する事例
 7.状況に応じた多様なサービス(地域密着型サービス、施設サービス等)の活用に関する事例
 ※少なくとも上記のうち3課目に該当する事例をご用意ください。ただし、ひとつの事例に複数の
  テーマが含まれる場合もありますので、必ずしも3事例をご用意いただく必要はありません。たと
  えば、ひとつの事例に上記のうち3課目の要素が含まれている場合も可とします。もちろん、複数
  事例の提出も可です。
 ※指導を行った事例および指導経過をご用意いただけない場合は、本研修を受講することができませ
  ん。

(6)研修会場へは、できる限り公共交通機関を利用してお越しください。
(7)昼食は各自でご用意ください。
(8)問い合わせ先
   三重県医療保健部長寿介護課 居宅サービス班
   電 話 059-224-2262
   FAX 059-224-2919

関連資料

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 長寿介護課 居宅サービス班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2262 
ファクス番号:059-224-2919 
メールアドレス:chojus@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000178693