現在位置:
  1. トップページ >
  2. 防災・防犯 >
  3. 防災・緊急情報 >
  4. 国民保護 >
  5. 訓練 >
  6.  平成27年度三重県国民保護共同図上訓練の実施
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 防災対策部  >
  3. 災害対策課  >
  4.  防災訓練班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

平成27年度三重県国民保護共同図上訓練の実施

   

                  (三重県庁での訓練の様子)

   

                  (志摩市役所での訓練の様子) 

 平成28年1月14日、国民保護に関する訓練(図上訓練)を実施しました。
対策本部の活動を模擬的に演習することにより、緊急対処保護措置への対処能力の向上を図り、また、関係機関相互の連携の重要性についても再確認しました。
 今後も継続して訓練を積み重ねることにより、能力の更なる研鑽に努めてまいります。

1 目的

 伊勢志摩サミットの開催地となる志摩市におけるテロ発生の緊張感が高まるなか、緊急対処事態(大規模テロ等)における対応を迅速かつ的確に行うため、危機対策本部の設置から緊急対処事態対策本部の設置運営に至るまでの図上訓練を国及び志摩市と共同で実施する。
 その際、テロの疑いがある爆発事案発生時における県の初動措置及び事態認定後における警報の通知、避難の指示及び救援の実施など一連の緊急対処保護措置への対応能力向上とともに、関係機関相互の連携強化を図る。また、三重県国民保護計画等についての検証も併せて行う。

2 日時

平成28年1月14日(木) 午後1時00分から午後4時30分まで

3 場所

三重県庁講堂、志摩市役所401会議室他

4 訓練想定

 伊勢志摩サミットの開催が近づき、志摩市内におけるテロ発生の緊張感が高まるなか、イベント開催中の志摩市内の阿児アリーナにおいて、国籍不明のテログループによる爆発物使用のテロ事案が発生し、多数の死傷者が発生する。
 その後、当該テログループは、志摩市内の旧阿児支所に人質を取って立てこもり、自爆を示唆する。

5 参加機関

内閣官房、消防庁、陸上自衛隊、自衛隊三重地方協力本部、第四管区海上保安本部、津地方気象台、三重県、 三重県警察本部、志摩市、志摩広域消防組合消防本部、四日市市消防本部、津市消防本部、日本赤十字社三重県支部
県内市町及び消防本部 ※情報伝達訓練に参加 

6 参加者

約230名

7 主要訓練項目

(1)事態認定前の初動対処訓練

三重県危機対策本部(三重県テロ警戒本部)の設置運営
被災状況等の情報収集・集約及び国への報告
事態認定に係る諸調整
被災者の救助・救護に係る調整
住民らの退避など応急対処措置

(2)緊急対処事態対策本部の設置運営訓練

県緊急対処事態対策本部への移行運営
情報の収集・集約及び国への報告
緊急対処保護措置の検討及び伝達
(警報の通知、避難の指示、救援の実施及び警戒区域の設定など)
関係機関との連携
志摩市における住民避難に向けた避難実施要領の作成に係る調整

(3)情報伝達に係る訓練

県内の市町・消防本部への情報伝達 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 防災対策部 災害対策課 防災訓練班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2186 
ファクス番号:059-224-2199 
メールアドレス:staisaku@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000177183