現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 子ども・少子化対策 >
  4. 子育て >
  5. 男性の育児参画の推進 >
  6.  第4回「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」受賞者が決定しました!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 健康福祉部  >
  3. 少子化対策課  >
  4.  家族サポート班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

みえ 子ども スマイルネット

第4回「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」受賞者が決定しました!

  
   男性の育児参画を推進するための“みえの育児男子プロジェクト”の一環として、家庭や地域でステキな子育てをしている男性(=育児男子)や、部下の仕事と育児の両立をしっかり応援してくれる職場の上司(=イクボス)、育児と仕事の両立に関するエピソードや実践事例などを、自薦・他薦により募集し、多くの共感を得られた方々を表彰する、第4回「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」の募集を行いました。
 ご応募いただいた中から、子育て中の母親等で構成する審査委員による選考の結果、「ステキな育児(取組)をしている!」として、より多くの共感を得られた男性、イクボスを第4回「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」大賞及び部門賞、グッドエピソード賞として選出しました。

【募集部門】
(1)パパの育休部門
男性が育休を取得した際のきっかけや仕事面での工夫、育休前後でこんな変化があったなど、
育休を取得した男性のエピソードを募集しました。
(2)みんなの子育てエピソード部門
短時間でできる家事・育児、仕事と家庭の両立の工夫など男性の育児にまつまわるエピソード
を募集しました。
(3)わが社のイクボス部門
職場で部下の仕事と家庭の両立を応援してくれるステキな経営者・上司。先輩などを男女を問
わず募集しました。


受賞者の皆さんのエピソードはコチラ↓

第4回「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」受賞者紹介パンフレット(7.6Mb)

大賞                                  

・四日市市 大庭 正寛さん【パパの育休部門】
・松阪市 中村 仁さん【みんなの子育てエピソード部門】
・多気町 川島 昌平さん【みんなの子育てエピソード部門】                          
 

部門賞

・津市 北村 光男さん【パパの育休部門】
・菰野町 内田 恭史さん【みんなの子育てエピソード部門】
・鈴鹿市 イケダアクト株式会社 田中 基子さん【わが社のイクボス部門】

グッドエピソード賞

  4回目となる「ファザー・オブ・ザ・イヤーinみえ」には、本当に多種多様、様々なエピソードをご応募いただきました。少しでも多くのかたのエピソードをご紹介するため、今回からグッドエピソード賞を新設しました。

【パパの育休部門】
津市 別所 慎介さん
津市 福永 喜一さん
鈴鹿市 田中 浩司さん

【みんなの子育てエピソード部門】
菰野町 伊藤 和洋さん
菰野町  坂口 徹さん
四日市市 出口 亮太さん
津市 松林 秀典さん
鈴鹿市 喜田 英明さん
四日市市  亀山 透さん
松阪市 関口 信人さん
津市 中川 正之さん

【わが社のイクボス部門】
川會 尚也(かわえ ひさや) さん(ザ・ビッグ菰野店)
田宮 良則(たみや よしのり)さん(日本政策金融公庫津支店)

みえの育児男子ベストショット賞

橋本 和之さん
大南 孝將さん
中尾 賢一さん
營田 英聖さん
武田 拓也さん
辻本 俊平さん
坂口 徹さん

協賛企業

その他

第3回「ファザーオブザイヤーinみえ」
第2回「ファザーオブザイヤーinみえ」

adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 健康福祉部 子ども・家庭局 少子化対策課 家族サポート班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2304 
ファクス番号:059-224-2270 
メールアドレス:shoshika@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000209222