現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 子ども・少子化対策 >
  4. 妊娠・出産 >
  5. 切れ目のない妊産婦ケア・乳幼児ケアの充実 >
  6.  妊産婦さん・赤ちゃんのために(妊婦健診)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  子ども・福祉部  >
  3. 子育て支援課  >
  4.  母子保健班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

みえ 子ども スマイルネット

妊産婦さん・赤ちゃんのために

必ず妊婦健診を受けましょう!

妊娠中の母体は出産への準備が始まっており、刻々と変化しています。また、おなかの中の赤ちゃんも日々成長しています。

妊婦さんの健康やおなかの赤ちゃんの順調な発育には、定期健診を受けることがとても大切です。

妊娠に気づいたら、早めに医療機関を受診しましょう。

 厚生労働省「すこやかな妊娠と出産のために」・・・外国語版リーフレットもダウンロードできます。

お住まいの市町の窓口で母子手帳の交付を受け、妊婦健康診査の公費助成のための受診券をお受け取りください。市町の窓口では妊娠、出産、子育てに関する相談を受け付けています。

妊産婦さんへのやさしい心づかいを・・・

 妊娠中、特に初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためのとても大切な時期です。
 しかし、つわりなどで気分が悪くなっても、外見からは妊婦さんであるかどうか分かりづらく、妊婦さんはつらい思いをしていることがあります。

 外出中、飲食店、交通機関や職場などで、この「マタニティマーク」を見かけたら、やさしい心づかいをお願いします!

マタニティマークマタニティ2

 

出産前後の安全安心

 地域の産婦人科病院や診療所、助産所では、高度な医療を行う周産期母子医療センターと密接に連携しながら、出産前後の安全・安心に取り組んでいます。

 周産期母子医療センターには、専門的なケアが必要な妊産婦さんや赤ちゃんの治療に対する、NICU(新生児集中治療管理室)やMFICU(母体・胎児集中治療管理室)が整備されており、産婦人科医・小児科医が大切な命を守っています。

(参考)県内の周産期母子医療センター

総合周産期母子医療センター:三重中央医療センター (津市)

地域周産期母子医療センター:市立四日市病院(四日市市)

県立総合医療センター(四日市市)

三重大学医学部附属病院(津市)

伊勢赤十字病院(伊勢市)

本ページに関する問い合わせ先

三重県 子ども・福祉部 子育て支援課 母子保健班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2248 
ファクス番号:059-224-2270 
メールアドレス:kodomok@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000125737