現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. 統計データライブラリ >
  5. 人口・世帯の動き >
  6. 年齢別人口平成14年分 >
  7.  2 年齢構造
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  人口統計班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

年齢別人口調査結果(平成14年)

結果の概要

2 年齢構造

着実に進む高齢化

平成14年の人口を年齢3区分別にみると、年少人口(15歳未満)が276,612人、生産年齢人口(15~64歳)が1,211,884人、老年人口(65歳以上)が373,338人で、総人口に占める割合はそれぞれ14.9%、65.1%、20.0%となっている。

平成12年国勢調査確定値と比較すると、年少人口は6,469人(2.3%)の減少、生産年齢人口は10,710人(0.9%)の減少となったが、老年人口は22,379人(6.4%)の増加となった。

また、年齢3区分別人口割合の推移を第1回国勢調査の行われた大正9年からみると、年少人口割合は、昭和20年までは大きな変化がみられなかったが、昭和25年から低下傾向がみられ始め、平成2年には20%を切り、平成14年は14.9%と大正9年以来最低となった。

生産年齢人口割合は、昭和20年までは57%台で推移していたが、昭和25年から上昇傾向を示し、昭和45年にはこれまで最高の67.7%となった。その後、昭和60年までは66%台で推移し、平成2年に昭和45年を上回る68.0%となった後は低下傾向となり、平成14年には65.1%となった。

老年人口割合は、昭和25年まで6%前後で推移していたが、昭和30年以降上昇傾向となった。そして平成12年にはその年の年少人口割合を上回る18.9%となり、平成14年はさらに上昇して20.0%となった。
(表2-1)

表8 市町村別年齢3区分人口

表13 高齢者人口の推移

表2‐1 年齢(3区分)別人口の推移   -(大正9年~平成13年)-

  総 数 15歳未満(年少人口) 15~64歳(生産年齢人口) 65歳以上(老年人口)
(人)   割合(%)   割合(%)   割合(%)
大正 9年 1,069,270 390,266 36.5 614,342 57.5 64,662 6.0
14年 1,107,692 403,430 36.4 636,271 57.4 67,991 6.1
昭和 5年 1,157,407 419,610 36.3 669,377 57.8 68,420 5.9
10年 1,174,595 435,680 37.1 670,277 57.1 68,638 5.8
15年 1,198,614 433,376 36.2 693,007 57.8 72,229 6.0
20年 1,394,286 507,777 36.4 803,772 57.6 82,737 5.9
25年 1,461,197 502,886 34.4 869,474 59.5 88,810 6.1
30年 1,485,582 474,787 32.0 911,774 61.4 99,017 6.7
35年 1,485,054 427,532 28.8 950,531 64.0 106,991 7.2
40年 1,514,467 375,217 24.8 1,019,994 67.4 119,256 7.9
45年 1,543,083 360,446 23.4 1,044,451 67.7 138,186 9.0
50年 1,626,002 385,615 23.7 1,080,115 66.4 160,166 9.9
55年 1,686,936 385,969 22.9 1,113,812 66.0 187,019 11.1
60年 1,747,311 371,893 21.3 1,164,508 66.6 210,815 12.1
平成 2年 1,792,514 330,251 18.4 1,218,368 68.0 243,358 13.6
7年 1,841,358 303,645 16.5 1,240,428 67.4 297,129 16.1
12年 1,857,339 283,081 15.2 1,222,594 65.8 350,959 18.9
14年 1,862,539 276,612 14.9 1,211,884 65.1 373,338 20.0
注1)総数には、年齢不詳を含むため、各年齢区分の合計とは一致しない場合がある。
注2)割合は、小数点以下第2位を四捨五入のため、年齢3区分の合計は100とならない場合がある。
注3)昭和15年は、外国人を除く。

年齢別人口割合の推移

大正9年の人口ピラミッドはほぼ三角形に近い形をしているが、昭和35年は、第1次ベビーブーム後の出生児数の減少により三角形が崩れ始めている。平成14年は、第2次ベビーブーム以降一貫して出生児数が減少していることを反映し、底辺が次第に狭くなっていく形となっている。また、平成32年にはさらに年少人口が減少し、老年人口が増加するという予測になっている。(図3)

(注)平成32年の人口ピラミッドは、三重県統計情報データベース人口予測(出生率・社会移動率・社会移動数は既定値)による。

図3 人口ピラミッド

図3 人口ピラミッド

◎ 年齢(3区分)別人口 9地域別結果

年齢(3区分)別人口割合を9地域別にみると、年少人口割合は、鈴鹿・亀山(16.0%)、四日市(15.6%)、桑名(15.5%)の3地域が県平均(14.9%)を上回っており、他の6地域は県平均を下回り、特に尾鷲地域は12.6%と2.3ポイント県平均より低くなっている。

生産年齢人口割合は、鈴鹿・亀山(67.8%)、四日市(67.0%)、桑名・員弁(67.0%)、津・久居(65.4%)の4地域が県平均(65.1%)を上回っており、他の5地域は県平均を下回り、特に熊野地域は57.0%と8.1ポイント県平均より低くなっている。

老年人口割合は、鈴鹿・亀山(16.2%)、四日市(17.2%)、桑名・員弁(17.4%)の3地域が、県平均(20.0%)を下回っており、他の6地域では県平均を上回り、特に尾鷲(29.4%)、熊野(29.2%)の両地域ではそれぞれ9.4ポイント、9.2ポイント県平均より高くなっている。

表2-2 年齢別人口

図4-1 年齢別人口

図4-2 年齢別人口割合

前へ   次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 人口統計班 〒514-0004 
津市栄町1丁目954(栄町庁舎2階)
電話番号:059-224-2044 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000014245