現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. 統計データライブラリ >
  5. 人口・世帯の動き >
  6. 年齢別人口平成14年分 >
  7.  4 市町村別の結果
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  人口統計班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

年齢別人口調査結果(平成14年)

結果の概要

4 市町村別の結果

全ての市町村で老年人口割合が上昇

(1) 年齢(3区分)別人口割合

年年齢(3区分)別人口割合を市町村別にみると、紀和町、美杉村、宮川村など概ね人口減少率の高い町村では、年少人口割合が低く、老年人口が高い状況となった。

一方、東員町、木曽岬町、鈴鹿市など県北部の市町では、生産年齢人口割合が高く、老年人口割合が低い状況となった。 (表4、表9、図6)

表9 年齢(3区分)別人口割合

年齢3区分別人口を前年と比較すると、年少人口は、川越町(3.2%)など9町村で増加し、大山田村(7.6%)など60市町村で減少した。

生産年齢人口は、鵜殿村の(2.1%)など11町村で増加、美杉村の(4.1%)など58市町村で減少した。

年少人口、生産年齢人口が増加した市町村は少ない一方、老年人口は全ての市町村で増加した。老年人口の増加率が最も高いのは楠町(5.5%)、逆に老年人口の増加率が最も低いのは大内山村(-0.2%)となっている。(表10)

表10 年齢(3区分)別人口増減率

表4

表4

図6 市町村別老年人口割合

(2) 年齢構造(指数)

年少人口指数についてみると、鵜殿村が28.3で最も高く、美杉村が16.7で最も低くなっている。

老年人口指数についてみると、紀和町が131.6で最も高く唯一100を越えており、その他16市町村で50を越えている。また、最も低いのは東員町の20.0となっている。

従属人口指数についてみると、紀和町が149.9と最も高く、生産年齢人口1人で従属人口約1.5人を支えていることになる。また、最も低いのは東員町の39.9で、その他10市町で50を下回っている。 (表5、表11)

表11 年齢別構造(指数)

表5

表5

(3) 平均年齢

平均年齢が最も高いのは紀和町の59.2歳、最も低いのは川越町の39.7歳となっている。また、22市町村で県平均の42.7歳以下となっている。

男女別にみると、男性で最も高いのは紀和町で56.0歳、最も低いのは鈴鹿市で38.3歳となっている。女性で最も高いのは紀和町で61.7歳、最も低いのは川越町で40.7歳となっている。 (表6、表12)

表12 男女別平均年齢

表6

表6

前へ   次へ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 人口統計班 〒514-0004 
津市栄町1丁目954(栄町庁舎2階)
電話番号:059-224-2044 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000014247