現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. みえDATABOXからのお知らせ >
  5. Hello!とうけい >
  6.  Hello!とうけい♪vol.202
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

【Hello!とうけい】vol.202 「卵は物価の優等生?」

 

 卵は、数十年あまり値上がりせずに、一定の価格を保ち続けていることから、「物価の優等生」といわれます。今回は、この卵の価格の変遷と、他の品物との比較についてみていきます。(なお、ここで取り上げる卵は「鶏卵」のことを指し、価格はすべて東京都区部のものです)。 

 まず、卵の価格の推移を見てみましょう。総務省が実施している小売物価統計調査でみてみると、卵の価格は大きく変動がないことがわかります。(下図参照)

 1kgに換算した場合、その価格は昭和40年平均で219円、平成25年平均で340円です。この40年の間に、(多少の増減はあるものの)120円ほどしか値上がりしていないということになります。

1 卵は、昭和37~47年までMサイズ100g、昭和48年~平成13年までMサイズ1kg、平成15年以降は1パック(Lサイズ10個入り)の価格を調査しています。

2 ここでは、Lサイズの卵1個65gとして換算しています。           #

  一方、私たちの身の回りのものは、この48年の間に上がっています。たとえば、下のグラフは、男性の大卒者の初任給の推移と、それに対する卵の価格の割合を示したものです。卵の価格がほぼ一定なことで、相対的に価値が低くなっていることが分かります。

  #

  また、卵の値段がある程度一定であることを踏まえると、卵の価格で他のものの値上がりを見てみることができます。下のグラフは、昭和40年と平成25年を比較したときに、あるものの価格が卵いくつぶんかを示したものです。 (※下の#=卵5個分を表します。)

 #

#

  昭和40年には、食パン1kgは卵6.8個分でした。それが、平成25年になると、食パン1kgの値段で卵が19個買えるようになります。同じように、牛肉(国産ロース100g)は卵10.5個分が35.5個分に、バター200gは11.4個分が17.8個分に、それぞれ値上がりしていることがわかるかと思います。また、タクシー初乗料金はかつて卵7.1個だったのが、今は32.3個分、映画観覧料は、16.9個分がなんと81.8個分にまで値上がりしています。(※バターは平成7年まで225gで調査しています)

  さて、この優等生なはずの卵ですが、最近値上がり傾向にあります。卵焼きにオムライス、茶わん蒸しやケーキ、マヨネーズなど、さまざまな場面で活躍する卵の価格が今後どうなっていくか、注目されるところですね。

小売物価統計調査の結果は、総務省統計局小売物価統計調査http://www.stat.go.jp/data/kouri/index.htmで、三重県の統計情報は「みえDataBox」 /DATABOX/index.htm でご覧いただけます。

 次回のHello!とうけい♪vol.202は、平成26年10月22日(水曜日)掲載予定です。お楽しみに!

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2044 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000013365