現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 医師・看護職員確保対策 >
  5. 看護職員確保 >
  6.  三重県の看護職員確保対策
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 健康福祉部  >
  3. 地域医療推進課  >
  4.  医師・看護師確保対策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

健康・医療・福祉 総合情報

三重県の看護職員確保対策 

 三重県では、看護職員や看護職員を目指す方のために、看護職員確保対策として、様々な事業を行っています。こちらのページでは、県の取組についてご紹介します。 

##

看護職員等の人材養成確保に関すること  

看護学生向け

看護修学資金(三重県保健師助産師看護師等修学資金)

 看護学校等を卒業後、三重県内で看護職員として就業する意志のある方を対象に、保健師助産師看護師等修学資金を貸与しています。 例年4月~6月頃に募集を行っています。
詳細は募集要項をご覧ください。
募集については、地域医療推進課 医師・看護師確保対策班(059-224-2326)、又は在学する養成所、学校へお問い合わせください。
 

三重県保健師助産師看護師等修学資金パンフレット
募集要項(H29年度)
返還免除指定医療機関(H29年度)(参考1、参考2)
 

資格を持ちながら、看護職員として働いていない方向け

潜在看護職員復職研修事業

 看護職として再就業を希望する潜在看護師を対象に、看護領域の基礎知識・技術の習得を目的とした研修を実施しています。 詳細は、こちら(公益社団法人三重県看護協会三重県ナースセンターのナースバンク事業のページ)をご覧ください。

医療機関等に従事している方向け

新人看護職員研修体制構築事業

新人看護職員研修事業

 新人看護職員に対して多施設合同研修事業(外部研修事業)、新人看護職員の教育を担当する看護職員を対象に研修責任者研修、教育担当者研修、実地指導者研修を開催しています。 詳細は、こちら(公益社団法人三重県看護協会の教育・研修のページ)をご覧ください。

医療機関受入研修事業

 新人看護職員研修を実施している病院等が、自施設の研修を公開し、他施設の新人看護職員を受け入れて研修を実施します。平成29年度の受入可能な施設はこちらです。

新人助産師合同研修事業

 新人助産師が就労後1年間で到達すべき助産技術を身につけるための研修を行っています。詳細は、こちら(公立大学法人三重県立看護大学地域交流センターの「地域貢献事業」のページ)をご覧ください。

助産師(中堅者)研修事業

 妊産婦の多様なニーズに対応できる実践能力の高い助産師育成を行うため、助産師としてのキャリアに応じた研修を行っています。詳細は、こちら(公立大学法人三重県立看護大学地域交流センターの「地域貢献事業」のページ)をご覧ください。

保健師助産師看護師実習指導者講習会

 県内看護師等養成所の実習施設における学生指導担当者が、必要な知識・技術を習得するための実習指導者講習会を開催しています。詳細は、こちら(公益社団法人三重県看護協会の教育・研修のページ)をご覧ください。

がん医療水準均てん化の推進に向けた看護職員資質向上対策事業

 がん患者に対する看護ケアの充実をめざし、臨床実践能力の高い看護師の育成強化を推進するための実務研修を実施しています。

高度在宅看護技術実務研修事業

 訪問看護に携わろうとする看護師等に対して、訪問看護事業の実施に必要な知識や技能を習得するための研修会を実施しています。詳細は、こちら(公益社団法人三重県看護協会三重県ナースセンターの訪問看護支援事業のページ)をご覧ください。

 医療機関向け事業

 新人看護職員研修事業費補助金

 厚生労働省が定める「新人看護職員研修ガイドライン」に沿った、新人看護職員研修を実施している病院等に対し、その研修経費の一部を補助する制度を設けています。 詳細は、交付要領をご覧ください。なお、補助金の交付申請の方法・時期は、年度によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

 病院内保育所運営費補助金

 保育施設を運営する病院及び診療所に対し、その運営費に充てる経費の一部を補助する制度を設けています。詳細は、交付要領をご覧ください。なお、補助金の交付申請の方法・時期は、年度によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

就労環境相談窓口・就労環境アドバイザー派遣

  医療機関の勤務環境改善の取組を支援するために相談窓口を設置して、医療機関や看護職員からの相談に応じます。また医療機関に対しアドバイザーを派遣し、助言や出前講座等を実施しています。詳細はこちら(公益社団法人三重県看護協会のページ)をご覧ください。 

看護職員の需給計画の策定等に関すること 

第7次看護職員需給見通し

 看護職員確保の基礎資料として、国の策定方針に基づき、概ね5年毎に、「看護職員需給見通し」を策定しています。平成23年から平成27年までの「第7次看護職員の需給見通し」は、以下をご覧ください。

第7次看護職員需給見通し(本文)(PDF:935KB)

第7次看護職員需給見通し(見通し数)(EXCEL:54KB)

看護職員の就業環境実態調査  

 三重県では、三重県内の看護職員の勤務の状況、離職の経験、離職への意志、就業環境や離職対策への満足度、看護師養成学校や三重県健康福祉部への要望等について、現状を明らかにすることを目的に、平成25年度に調査を実施しました。詳細はこちらをご覧ください。 

保健師助産師看護師法の施行に関すること 

看護職員の免許に関すること

看護師・保健師・助産師の免許申請

看護師・保健師・助産師の免許申請については、こちらをご覧ください。

准看護師の免許申請

准看護師の免許申請については、こちらをご覧ください。

准看護師試験に関すること

 毎年2月中旬に、准看護師試験を実施しています。例年12月中旬から12月下旬頃の期間に、試験願書を配布していますので、詳細は願書配布時にお渡しする「三重県准看護師試験実施要領」をご覧ください。 

看護職員の資質向上に関すること 

助産師(中堅者)研修事業

 妊産婦の多様なニーズに対応できる実践能力の高い助産師育成を行うため、助産師としてのキャリアに応じた研修を行っています。詳細は、こちら(公立大学法人三重県立看護大学地域交流センターの「地域貢献事業」のページ)をご覧ください。

がん医療水準均てん化の推進に向けた看護職員資質向上対策事業

 がん患者に対する看護ケアの充実をめざし、臨床実践能力の高い看護師の育成強化を推進するための実務研修を実施しています。

高度在宅看護技術実務研修事業

 訪問看護に携わろうとする看護師等に対して、訪問看護事業の実施に必要な知識や技能を習得するための研修会を実施しています。詳細は、こちら(公益社団法人三重県看護協会三重県ナースセンターの訪問看護支援事業のページ)をご覧ください。 

三重県ナースセンター事業に関すること

三重県ナースセンター事業については、こちらをご覧ください。 

Adobe Readerのダウンロードページ三重県ホームページでは一部関連資料等をPDF形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 健康福祉部 医療対策局 地域医療推進課 医師・看護師確保対策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階西側)
電話番号:059-224-2326 
ファクス番号:059-224-2340 
メールアドレス:chiiryo@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000029674