現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 医師・看護職員確保対策 >
  5. へき地医療支援機構 >
  6.  へき地医療支援機構とは
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  健康福祉部  >
  3. 地域医療推進課  >
  4.  医師・看護師確保対策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

へき地のみんなを応援します!三重県へき地医療支援機構

へき地医療支援機構とは

医師写真

 

 三重県ではへき地医療対策を円滑、効果的に実施するため、平成15年度に健康福祉部(三重県庁)内にへき地医療支援機構を設置しました。

 三重県へき地医療支援機構では、へき地の医療現場で働く方々の支援だけでなく、学生及びへき地医療に興味のある方々を対象とした体験実習や研修会などを開催し、広くへき地医療をPRする活動を行っております。

 各県に設置することが求められています。
(平成25年度時点で40都道府県が機構を設置)

 

活動内容

活動内容はこちら

 

へき地医療支援機構のこれまで

 三重県では国の「第9次へき地保健医療計画」に基づき、平成15年度よりへき地医療対策の各種事業を円滑かつ効果的に実施するため「三重県へき地医療支援機構」を県健康福祉部に設置し、専任担当官(へき地での勤務経験を有する医師)を配置しました。

 

平成13年 5月 ・(国)第9次へき地保健医療計画策定
平成15年

 
4月

 
・県へき地医療支援機構の設置
・へき地医療拠点病院指定(計3病院)
 →県立総合医療センター・県立志摩病院・紀南病院
平成16年


 
4月

7月
 
・へき地医療拠点病院追加指定(計4病院)
 →尾鷲総合病院
・へき地医療拠点病院追加指定(計5病院)
 →山田赤十字病院(現、伊勢赤十字病院)
平成17年


 
4月

7月
12月
・専任担当官駐在・併任解除
 →代診調整業務は県立志摩病院へ委託
・(国)へき地保健医療対策検討会報告書
・(国)医療制度改革大綱
平成18年   ・第10次へき地保健医療計画開始
平成22年

 
7月

10月
・へき地医療拠点病院追加指定(計6病院)
 →国立病院機構三重病院
・県で医師の無料職業紹介事業開始
平成23年

 
7月
9月
 
・第11次へき地保健医療計画策定
・へき地医療拠点病院追加指定(計7病院)
 →松阪済生会総合病院
平成24年
 
4月
 
・へき地医療拠点病院追加指定(計8病院)
 →松阪市民病院
平成26年
 
9月
 
・へき地医療拠点病院追加指定(計9病院)
 →一志病院

本ページに関する問い合わせ先

三重県 健康福祉部 医療対策局 地域医療推進課 医師・看護師確保対策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階西側)
電話番号:059-224-2326 
ファクス番号:059-224-2340 
メールアドレス:chiiryo@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000030157