現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. すまい >
  4. 建築基準 >
  5. 建築安全 >
  6.  緊急輸送道路等沿道の建築物の耐震化について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 建築開発課  >
  4.  建築安全班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

e-すまい三重

緊急輸送道路等の避難路沿道建築物の耐震化について

第1次緊急輸送道路を耐震診断を義務付ける道路として指定しました。

 大規模な地震により、緊急輸送道路など防災上重要な道路の沿道建築物が倒壊した場合、多数の住民の円滑な避難、救急・消防活動における緊急車両の通行等を困難とするおそれがあります。
 そのため、三重県では、防災上特に重要な三重県地域防災計画に定める第1次緊急輸送道路(※)を、耐震診断を義務付ける道路として指定し、これらの避難路沿道建築物について、耐震診断の実施を義務付けました。

※ 第1次緊急輸送道路の詳細は、三重県緊急輸送道路ネットワーク計画をご参照ください。
 

    (第1次緊急輸送道路イメージ)   

 あなたの命や財産、建物倒壊による被害拡大を防ぐためにあなたの建物の耐震化が必要です。

まずは耐震診断からはじめてください。

 第一次緊急輸送道路沿道の昭和56年5月31日以前に新築工事に着手した建築物で、前面道路の過半を閉塞するおそれのある建築物(※)[要安全確認計画記載建築物]の所有者は、建築物の耐震診断を行うことが義務付けられています。
 なお、耐震診断の結果、耐震性が低い場合は、耐震補強を実施してください。


 ※ 前面道路の過半を閉塞するおそれのある建築物 
  

耐震診断の実施に係る費用は補助します。

 耐震診断が義務付けられた要安全確認計画記載建築物について、耐震診断が実施されていない場合は、耐震診断に係る費用について、全額補助を受けることができます。(ただし、補助の上限があります。)

 詳細については、こちらをご覧ください。


〔このページの内容に関するお問い合わせ先〕
建築開発課建築安全班 TEL:059-224-2752

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 建築開発課 建築安全班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2752 
ファクス番号:059-224-3147 
メールアドレス:kenchiku@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000184580