現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. こころの医療センター >
  5. 病院を利用される患者様とご家族の方へ >
  6. 外来受診 >
  7.  アルコール外来のご案内
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  病院事業庁  >
  3. こころの医療センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県立こころの医療センター

アルコール外来

 
アルコールによる健康問題について
生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者の割合は1,000万人を超えています。飲酒する機会は生活をしていれば大いにあります。また、飲酒をしていなくても、日常生活を送る上でお酒に関する情報(例えば、テレビのCM、店の広告、コンビニやスーパーマーケットのお酒コーナー、自動販売機など)に触れることがあると思います。一方で、「お酒が健康にどれくらい被害をもたらすのか」「どのくらいリスクがあるものなのか」などの情報は日常生活で触れる機会は少ないと思います。そのため、知らず知らずのうちに飲酒によって健康を害していることに気がつかなかったり、気づいた時には重篤な状態だったということは珍しくありません。

当院のアルコール外来について
飲酒量を減らすことによって、健康被害のリスクを減らすことができるため、飲酒の仕方を考える必要があります。アルコールは身体だけでなく、周りの生活環境・人間関係などにも影響を与えます。例えば、「飲みすぎて翌朝体調不良もしくはアルコールが残って出勤できなかった」「酔って正常な判断ができずに、適切でない発言をした」などが挙げられます。当院での治療は診察や検査(血液、尿、CTなど)、日常生活、アルコールが原因で生じた問題の聞き取り等を行い、総合的に自身の状態や環境を確認した上で治療方針を決めていきます。
治療としては大きく二つに分け「断酒」と「減酒(節酒)」があります。

【断酒】
アルコールが及ぼす健康への影響を考えると「断酒」が一番良いです。アルコール関連の問題が重篤で日常生活に支障をきたす場合は、断酒をお勧めすることがあります。

【減酒(節酒)】
人によっては、すぐに断酒を決意するのはなかなか難しいため、まずは量や頻度を減らしたい、お酒との付き合い方を変えたいという方には「減酒(節酒)」の方法があります。当院では2019年3月に発売された飲酒量低減薬ナルメフェン(商品名セリンクロ)を採用しております。

飲酒について何かしら問題を感じている方は、当院のアルコール外来の受診をご検討ください。


【アルコール依存症治療についてもっと詳しい情報は下記をご覧ください。】

各種プログラムのご案内

認知行動療法     :月曜 9時30分から

長年にわたる飲酒は、不健康な考えをしみこませます。短気な人、落ち込みやすい人、自己中心的な人、こだわりの強い人はこの治療法が効果的です。 グループで話し合いを進めながら自分の認知のゆがみに気づき、合理的、健康的な思考パターンへと修正するトレーニングを行います。

アルコール勉強会   :月曜 13時15分から15時

アルコール依存症について理解を深め、病気の自覚と断酒の必要性を学んでいきます。皆さんの体験を話し合いながら、スライドやビデオも使ってわかりやすくご説明します。

内観療法       :入院時要相談

こころの内(なか)を、観る(みる)こと、それはあなた自身の中から体験的に学ぶことです。 内観は吉本伊信が仏教の修行法から、宗教色を取り除き自己探求法として確立し、現在では精神医学・心身医学・心理学・矯正教育・産業・学校教育等の幅広い分野で取り入れられている療法です。
療法のキーワードである「お世話になったこと」「してかえしたこと」「迷惑をかけたこと」という3つの視点で、幼少からの自分史を振り返ることで、自分自身や周りの人々に対する認識が変わり、よりよく生きていくための方針を自らの手で発見する、その根源的な心境を作るためのものです。
吉本氏は内観を「どんな逆境にあっても喜んで生きていけるような心境を作るために内観してください」と述べています。

家族相談       :月曜から金曜(9時から17時)

 ※土日祝日、夜間はご遠慮ください
治療機関につなげていくための各種相談(福祉制度など)に乗っています。    
家庭や仕事や経済的なこと、健康上の問題など悩みがある場合には、ソーシャルワーカーにお気軽にご相談ください。

アルコール家族研修会 :毎月2回(6回1クール)13時から15時

アルコール依存症と関連疾患および回復過程について、正確な知識と回復途上で注意するべき家族としての心構えなどについて学びます。同時に家族同士の相互交流を深め、こころの重荷を少しでも軽くしていただける機会を提供します。
アルコール家族研修会のご案内 (←こちらをダウンロードし、ご覧ください)
※参加の申し込みは下記へご連絡ください。当日の参加も受け付けます。
三重県立こころの医療センター 外来または西2病棟(アルコール病棟)
Tel 059-235-2125(代表)

受講費:無料
日程:毎月2回
2 部構成 前半13時0分~14時0分 後半14時0分~15時0分
場所:三重県立こころの医療センター 中央診療棟2階 講堂
受講対象者:アルコール問題を抱える患者様の家族及び関係者
*家族ミーティングには家族のみの参加となります

アルコールデイケア

アルコール依存症からの回復に向けた外来治療の場になります。
詳細はこちらをクリックしてください。

 

アルコールデイケアはこちら


 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 こころの医療センター 〒514-0818 
津市城山1丁目12-1
電話番号:059-235-2125 
ファクス番号:059-235-2135 
メールアドレス:kokorohp@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000183389