現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. こころの医療センター >
  5. セクション紹介 >
  6.  医療安全管理室
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  病院事業庁  >
  3. こころの医療センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県立こころの医療センター

医療安全管理室

活動内容

 今や病院に医療安全管理はなくてはならない存在となりました。病院には医療を提供するという役割の他に医療に於ける安全を確保する役割があります。その医療に於ける安全を確保するために仕組みを整え、組織的な事故防止対策を推進し、即座に対応をするための部署が医療安全管理室です。医療安全管理室には専従者が配置されています。その役割は、ヒヤリ・ハット報告の集計や分析、病棟ラウンド、セキュリティ対策、事故分析や対策、業務や施設改善案の作成、関係マニュアルの作成や修正、啓発活動や研修会の企画・運営、事故や疑問への対応などです。

医療安全管理室.png

ヒヤリ・ハット報告

小さなヒヤリ・ハット体験報告の積み重ねによって事故を防止する『ハインリッヒの法則』は有名ですが、報告をするだけではなく、その貴重な報告をいかにして有効な情報として安全対策に活用するかということが現場に求められています。

医療安全図式.jpg

医療安全管理室の主な業務紹介

1)院内のルール作り
院内のルールを統一することは大変重要な事故防止策です。院内のどこに配属されても共通する業務は統一されたルールの下で業務を実施する必要があります。ローカルルールには目を光らせます。
2) 院内への周知
警鐘事例と思われる情報については、速やかに情報提供するとともに緊急対策を考案して素早く院内に周知します。当院では『医療安全通知』と題して院内に周知しています。
3) 事故への対応
一度事故が発生すると関係者から経過報告を求めます。それをもとに時系列にまとめ、発生要因分析を開始します。必要時は関係機関とも綿密に協力し合い、対応窓口となります。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 こころの医療センター 〒514-0818 
津市城山1丁目12-1
電話番号:059-235-2125 
ファクス番号:059-235-2135 
メールアドレス:kokorohp@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000183395