現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 交通 >
  4. 生活交通 >
  5. 鉄道 >
  6.  JR名松線
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 交通政策課  >
  4.  地域交通・次世代モビリティ班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
 

名松線

1 沿革等

    昭和10年に松阪~伊勢奥津間が開業したJR名松線(43.5km、全15駅)は、沿線住民の通学や通院、買物などに利用され、地域に根付いた鉄道です。

    平成21年10月の台風18号により被害を受けた同線のうち、松阪~家城間(25.8km)は1週間ほどで鉄道による運行が再開されましたが、家城~伊勢奥津間(17.7km)は被害が大きく、バスによる代行運転が続いていました。関係者による努力の結果、平成28年3月26日に復旧し、約6年5カ月ぶりに鉄道による運行が再開されました。復活した名松線にぜひご乗車ください。

 運行再開の様子(平成28年3月26日)
・伊勢奥津駅に停車中の一番列車          ・一番列車が松阪に向けて出発
伊勢奥津駅に停車中の一番列車  一番列車が松阪に向けて出発

2 復旧に向けた取組

   名松線の復旧に向けて、県と津市、JR東海で協議を重ね、平成23年5月20日に、三者による協定を締結しました。

〔協定の概要〕

・県及び津市は、当該区間の鉄道の安全運行を確保するよう、必要な治山事業、水路整備事業を実施する

・JR東海は、県及び津市の対策事業の完了に合わせて、鉄道施設の復旧工事を完了し、鉄道運行を再開する

・運行再開後についても、鉄道施設が被災することがないよう、対策事業を施した施設及びその周辺の保全を継続的に行う

 

3 県の取組状況

    県は、協定に基づき、下記のとおり治山事業を行いました。

〔治山事業の概要〕

  ・工   期:平成23年~平成27年3月

  ・工事費:約4億7,100万円

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 交通政策課 地域交通・次世代モビリティ班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2622 
ファクス番号:059-224-2418 
メールアドレス:kotsu@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000012372