現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. 港湾・海岸 >
  5. 港湾の基本方針整備計画 >
  6. 三重県の港湾  >
  7.  尾鷲港
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 港湾・海岸課  >
  4.  港湾整備班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

尾鷲港

 

沿革と概要

 尾鷲港の全景写真尾鷲港は三重県東紀州地域のほぼ真ん中に位置し、リアス式海岸による天然の良港として発展した重要港湾です。背後に大台ヶ原を中心とする大森林を、前面に我が国有数の漁場を有し、古くから木材及び・刳l物の集積地として重要な役割を果たしてきました。
 しかし、船への荷役は、はしけ船や長い渡り板を使用した自然港のままであったため、県では大正10年(1921年)から第1期工事で防波堤を完成。引き続き昭和11年(1936年)まで、第2期工事を行っています。
 昭和37年(1962年)、本港臨海部に石油精製所、火力発電所が立地し、昭和41年(1966年)3月1日開港指定を受け昭和42年(1967年)6月には重要港湾に指定されました。
 南海トラフ地震等の大地震に備え、耐震強化岸壁が整備されています。
 

主要な港湾施設の現況

係留施設

施設名 水深(m) 延長(m)
岸壁 -4.5 830.0
-5.5 310.0
-6.0 90.0
物揚場 -1.0 305.0
-2.0 229.0
-3.0 336.0
-3.5 40.0
-4.0 100.0

水域施設

名称 水深(m) 延長(m) 幅員(m)
航路 -4.5~ 5,300.0 610.0
 
名称 水深(m) 面積(千m2)
泊地 -1.0 7.7
-2.0 24.5
-3.0 21.2
-3.5 6.3
-4.0 7.3
-4.5 127.3
-5.5 87.9
-6.0 33.7

港勢

入港船舶

隻数 総トン数
H22 10,551 326,814
H23 9,541 1,200,168
H24 9,419 1,202,921
H25 8,073 647,190
H26 7,516 624,025

取扱貨物量(単位:t)

輸出 移出 輸入 移入
H22 0 107,275 49,443 22,264
H23 0 266,806 530,802 30,613
H24 0 363,139 426,691 28,717
H25          0 167,573 175,535 33,991
H26 0 161,765 190,210   28,529

取扱貨物の品種別数量(H26)

移出・移入(単位:トン)
品種 移出 移入
水産品 0 3,699
砂利・砂 0 1,400
石材 45,057 0
原油 105,000 10,000
重油 11,216 9,430
石油製品 52 4,000
440 0
合計 161,765 28,529
 
輸出・輸入(単位:トン)
品種 輸出 輸入
原油 0 190,210
合計 0 190,210
   

港湾区域

港湾名 所在地 港湾区域 備考 略図
尾鷲港 尾鷲市 尾鷲湾口佐波留島最高点から猪ノ鼻を結ぶ線、佐波留島最高点から260度に引いた線及び陸岸により囲まれた海面並びに矢の川矢の川橋及び中川最下流道路橋各下流の河川水面 昭和27年9月1日
運輸大臣認可
昭和42年6月1日
重要港湾指定
PDF
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 港湾・海岸課 港湾整備班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2691 
ファクス番号:059-224-3117 
メールアドレス:kowan@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000031433