現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. 港湾・海岸 >
  5. 港湾の基本方針整備計画 >
  6. 三重県の港湾  >
  7.  桑名港
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 港湾・海岸課  >
  4.  港湾整備班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

桑名港

沿革と概要

 河川を利用した港として古くから栄えた桑名港は、民謡"桑名の殿さん時雨で茶々漬"で有名な桑名市にあり、伊勢湾の最深部、三重県北東端に位置する一級河川・揖斐川右岸寄りの河川港です。東海道五十三次の一宿、七里の渡が桑名港の起源で、昔から名古屋との取引が盛んに行われ、物資の集散流通の拠点として機能していました。その後の鉄道、道路の発達に伴い商業港としての性格は失い、近年は採貝を主体とする漁港区となっています。
 

主要な港湾施設の現況

係留施設

施設名 水深(m) 延長(m)
物揚場 -1.0 230.0
-1.8 486.0
船揚場 -1.0 127.0

水域施設

名称 水深(m) 延長(m) 幅員(m)
航路 -2.0 502.0 30.0
 
名称 水深(m) 面積(千m2)
泊地 -1.0 3.8
-2.0 23.5
 

港勢

入港船舶

隻数 総トン数
H22 201 464
H23 200 462
H24 205 473
H25 209 481
H26 201 472

取扱貨物量(単位:t)

移出 移入
H22 0 1,735
H23 1,610 0
H24 0 0
H25 0 0
H26 0 0

取扱貨物の品種別数量(H26)


実績なし
 

港湾区域

港湾名 所在地 港湾区域 備考 略図
桑名港 桑名市 桑名市大字小貝須三角点(0.0メートル)から118度に引いた線と伊勢大橋との間の揖斐川河川水面及び同市大字赤須賀地内水面。ただし、漁港法の規定により指定された伊曽島漁港の区域を除く。 昭和27年9月1日
運輸大臣認可
昭和52年6月23日
変更認可
PDF
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 港湾・海岸課 港湾整備班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2691 
ファクス番号:059-224-3117 
メールアドレス:kowan@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000031434