現在位置:
  1. トップページ >
  2. まちづくり >
  3. 公共事業 >
  4. 港湾・海岸 >
  5. 県管理港湾・海岸に関する情報 >
  6. 三重県の港湾  >
  7.  千代崎港
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 県土整備部  >
  3. 港湾・海岸課  >
  4.  港湾海岸管理班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

千代崎港

沿革と概要

 千代崎港はその昔、若松浦と呼ばれ、約1000年の歴史を誇っています。古代は、この海岸一帯は名勝として万葉の歌にも詠まれておりましたが、鎌倉時代には愛知県の知多方面との間で武将の海上往来も多く、ゆかりの風物が今なお、その跡をとどめています。戦国時代になって白子港と同様に水軍の出船港へと変貌し、近世には漁船の船だまりとして推移しましたが、その後は伊勢湾内沿岸漁業の基地として利用されています。昭和28年(1953年)の13号台風により大きな被害を受けましたが、災害助成事業で復旧。河口港として港湾施設も整備され、漁業基地としての機能を果たしています。
 

主要な港湾施設の現況

係留施設

施設名 水深(m) 延長(m)
物揚場 -2.0 434.0
-2.5 160.0
桟橋 -2.0 208.0

水域施設

名称 水深(m) 延長(m) 幅員(m)
航路 -2.0 400.0 20.0
 
名称 水深(m) 面積(千m2)
泊地 -2.0 18.9
-2.5 18.3
 

港勢

入港船舶

隻数 総トン数
H22 4,485 17,901
H23 2,815 12,620
H24 1,008 9,492
H25 290 5,736
H26 380 3,333
H27 434 3,614
H28 250 2,262
H29 234 2,093
H30 182 1,577
R1 182 1,275

取扱貨物量(単位:t)

移出 移入
H22 0 574
H23 0 533
H24 0 564
H25 0 406
H26 0 544
H27 0 453
H28 0 444
H29 0 377
H30 0 213
R1 0 187

取扱貨物の品種別数量(R1)

移出・移入(単位:トン)
品種 移出 移入
水産品 0 187
合計 0 187
 

港湾区域

港湾名 所在地 港湾区域 備考 略図
千代崎港 鈴鹿市 金沢川右岸堤防末端を中心として、1,500メートルの半径を有する円内の海面及び金沢川最下流道路橋下流の河川水面 昭和27年9月1日
運輸大臣認可
PDF
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 県土整備部 港湾・海岸課 港湾海岸管理班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁5階)
電話番号:059-224-2700 
ファクス番号:059-224-3117 
メールアドレス:kowan@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000031435