現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 教育全般 >
  4. 教育委員会 >
  5. 教育委員会の予算 >
  6. 過去の予算 >
  7.  平成14年度当初予算の概要について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教育総務課  >
  4.  企画調整班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の教育 - 三重県教育委員会ホームページ

平成14年度当初予算の概要について

1 一般会計と教育費

平成14年度の県一般会計当初予算総額は、7,631億5,288万8千円で、このうち教育費は、教育委員会所管の予算額が、1,849億8,152万6千円、生活部所管の私学関係予算が、73億611万6千円で、合計1,922億8,764万2千円となっています。県一般会計当初予算に占める教育費の割合は、25.2%で、前年度より0.5%の増となっています。
また、前年度当初予算との対比においては、県一般会計当初予算総額が1.1%の減に対し、教育費は1.1%の増となっています。

2 教育委員会関係予算

教育委員会所管の予算額は、1,849億8,152万6千円で前年度比1.0% (19億954万6千円)の増となっています。
内訳としては、人件費が1,672億9,867万円で全体の90.4%を占め、前年度比0.6%(9億8,321万6千円)の増となっています。これは、職員の新陳代謝によるものです。
投資的経費は、70億7,191万6千円で、前年度比51.3%(23億9,766万円)の増となっています。この主な理由は、13年度当初予算編成において、臨時経済対策事業債の対象となる学校建設費関係を12年度の2月補正予算で前倒しを行ったことによるものです。
また、その他経費(物件費、維持修繕費、扶助費、補助金等その他経費)は、106億1,094万円で、前年度比12.2%(14億7,133万円)の減となっています。これは、成果の確認と検証による結果を踏まえ、役割を終えた事業や効果の少ない事業を廃止し、教育委員会に配分された経費の中で「あれか・これか」の厳しい選択を行ったことによるものです。

3 主な事業

スクール・ルネッサンス支援事業 300,000
きめ細かくいきとどいた学校教育を支援する教員配置改善事業 567,211
総合型地域スポーツクラブ育成事業 138,089
基礎学力向上研究事業 26,911
三重県高等学校等進学支援事業 259,170
  (千円)

4.事業の見直し

成果の確認と検証による結果を踏まえ、役割を終えた事業や効果の少ない事業を廃止し、教育委員会に配分された経費の中で「あれか・これか」の厳しい選択を行いました。

  1. 美術館の増改築による休館に伴い、移動美術館などの美術教育活動を充実させる一方、美術資料の購入を一時休止しました。
  2. 地方分権の中で、県と市町村の役割分担の明確化、生活者に近いところでの行政の推進等の観点から、乳幼児教育センターを廃止することにより、県の役割である中核的研修を総合教育センターの事業として実施し、施設の管理運営費等の経費を削減しました。
廃止事業 24本 △1,610,084千円
休止事業 1本 △   57,931千円
リフォーム事業 36本 △   146,468千円

関連情報

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教育総務課 企画調整班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2946 
ファクス番号:059-224-2319 
メールアドレス:kyoiku@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000025011