現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 教育全般 >
  4. 教育関係広聴・広報・公報・相談 >
  5. 広報(教育委員会だより) >
  6.  三重県教育委員会だより108
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教育総務課  >
  4.  企画調整班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の教育 - 三重県教育委員会ホームページ

三重県教育委員会だより108

平成24年2月10日

 今日的な教育課題や学校現場の情報を県民の皆さんにタイムリーにお知らせするため、「三重県教育委員会だより」を発信しています。
 今回は、『県立聾学校、見事「率先実行大賞グランプリ」を受賞!!』を掲載しています。


県立聾学校、見事「率先実行大賞グランプリ」を受賞!!

 2月6日(月)県庁講堂で、今年度の「率先実行大賞発表会」が開催されました。
 

「率先実行大賞」とは
県職員(県立学校含む)の自主的かつ創造的な率先実行の取組を全ての県所属機関から募集し、県庁の「たからもの」として表彰する制度です。同表彰制度は平成11年度に創設され、昨年度までの12年間で1,492取組の応募があり、148取組が「率先実行大賞」を受賞しました。また、大賞受賞取組の優れた発想やノウハウを共有するために、表彰式と発表会を兼ねた「率先実行大賞発表会」が開催され、受賞取組の中から、知事・副知事や来場者等が「グランプリ」等の選出を行います。

 今年度は151取組の応募があり(内教育委員会関係の応募は25取組)、事前の審査を経て8取組が「率先実行大賞」に選ばれました。
 県立学校からは、久居農林高校『先生になった生徒たち!! 生徒が教える地域公募型授業「わくわく農林塾」』、聾学校『聴覚障がい児の社会自立に向けての第一歩 ~日本語習得の取組~』、上野高校『「授業対決」による授業改善』の3校が選ばれ、その取組が発表されました。

 

<受賞者集合写真>

 それぞれ素晴らしい発表でしたが、その中でも、聾学校が見事“グランプリ”を受賞しました。県立学校が“グランプリ”を受賞するのは平成18年度の四日市農芸高校以来のことです。
 聾学校は、当日の参加者(県職員以外の来場者)の投票により選出する“ベストエール賞”も併せて受賞しました。

聾学校発表資料(pdf:805kb)

<グランプリを受賞した県立聾学校・授賞式の様子>

 また、上野高校も“知事特別賞”を受賞するとともに、上記3取組を除く教育委員会関係22取組の中から7取組が「奨励賞」を受賞するなど、県立学校の頑張りが多くの方々に認められました。

上野高等学校発表資料(pdf:1,909kb)

久居農林高等学校発表資料(pdf:1,591kb)

<知事特別賞受賞の上野高校発表の様子>

<久居農林高校発表の様子>

奨励賞

宮川高校、木本高校、四日市農芸高校、亀山高校、飯野高校、「学校経営品質」東紀州ブロック会議、生徒指導・健康教育室
                                                   教育改革室

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教育総務課 企画調整班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁7階)
電話番号:059-224-2946 
ファクス番号:059-224-2319 
メールアドレス:kyoiku@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000024781