現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 農山漁村 >
  4. 農山漁村振興 >
  5. 農村の振興 >
  6. 中山間地域等直接支払 >
  7.  中山間地域等直接支払制度
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農山漁村づくり課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重のふるさと

中山間地域等直接支払制度

 

制度の目的

 耕作放棄地の増加等により多面的機能の低下が特に懸念されている中山間地域等において、多面的機能の維持・増進を図るため、自立的かつ継続的な農業生産活動の体制整備を図りつつ、耕作放棄の原因となる生産条件の不利性を直接的に補正することにより、中山間地域等における耕作放棄地の発生を未然に防止する。                                       

制度の概要 

 1.制度の対象となる地域及び農用地
   地域振興立法で指定された地域において、傾斜がある等の基準を満たす農用地
  (1) 対象地域
   ① 「特定農山村法」「山村振興法」「過疎地域自立促進特別措置法」「半島振興法」「離島振興法」「棚
     田地域振興法」の地域振興関係6法によって指定された地域
   ② ①に準じて、県知事が特に定めた基準を満たす地域
  (2) 対象農用地
   ① 急傾斜地(田:1/20以上、畑・草地・採草放牧地:15°以上)
   ② 緩傾斜地(田:1/100以上1/20未満、畑・草地・採草放牧地:8°以上15°未満)
   ③ 小区画・不整形な田
   ④ 高齢化率・耕作放棄率の高い集落にある農用地
   ⑤ 積算気温が低く、草地比率の高い草地
   ⑥ ①~⑤の基準に準じて、県知事が定める基準に該当する農用地
    注1 農用地区域(農業振興地域の整備に関する法律に定める農用地区域)内に存する一団の農用地を対象
    注2 ②の緩傾斜地は市町長が特に必要と認めるものを対象
 2.対象者
  集落等を単位とする協定を締結し、5年間農業生産活動等を継続する農業者等
 3.交付単価
  協定に定める活動内容が、①「農業生産活動等を継続するための活動」のみの場合は以下の交付単価の8
  割、①に加えて②「体制整備のための前向きな活動」を行う場合は交付単価の10割を交付する。
  <交付単価>
        田 : 急傾斜21,000円/10a 、 緩傾斜8,000円/10a
          畑 : 急傾斜11,500円/10a 、 緩傾斜3,500円/10a
        草地: 急傾斜10,500円/10a 、 緩傾斜3,000円/10a 
          草地比率の高い農地(寒冷地)1,500円/10a
     採草放牧地: 急傾斜1,000円/10a  、 緩傾斜300円/10a
   注)小区画・不整形な田、高齢化率・耕作放棄率の高い集落にある農用地の場合は、緩傾斜の単価となり
     ます。
 4.負担区分
     ・ 6法指定地域 : 国1/2 、 県1/4 、 市町1/4
     ・ 知事特認地域 : 国1/3 、 県1/3 、 市町1/3
 5.事業主体
      中山間地域等の市町
   6.事業期間
      第5期対策( 令和2年度 ~ 令和6年度 )                                                                                                                                                                                                

三重県内における取り組み事例 

 【 第Ⅱ期対策】 ・伊賀市  ・大台町  ・大紀町    

 【 第Ⅲ期対策】 ・名張市  ・尾鷲市  ・紀宝町
          ・津市   ・多気町  ・南伊勢町    

三重県内の実施状況

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 農山漁村づくり課 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2551 
ファクス番号:059-224-3153 
メールアドレス:nozukuri@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000031543