現在位置:
  1. トップページ >
  2. 組織・業務 >
  3.  地域事務所 >
  4. 尾鷲農林水産事務所 >
  5. 業務・手続案内 >
  6.  農政・農村基盤室トップページ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産事務所等  >
  3. 尾鷲農林水産事務所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

農政・農村基盤室へようこそ!

こちらは農政・農村基盤室のページです。

管内の農業や基盤整備のトピックスを紹介しています。

はじめに

尾鷲市、紀北町の農業

     当地域は、総農家戸数521戸、耕地面積426haで、総農家のうち耕地面積1ha未満の農家が8割を越えており、総じて経営規模は零細です。基幹的農業従事者のうち、65歳以上が占める割合は、約64%と高齢化が進んでいます。
     農地は、紀北町の赤羽川及び船津川、銚子川各流域に水田や畑が拓かれ、尾鷲市天満浦、向井、紀北町古里、道瀬には樹園地が点在しています。
  柑橘は、尾鷲市で甘夏栽培が、紀北町古里・道瀬地区では、温州みかんや甘夏栽培が盛んです。
  採卵鶏農家は4戸あり、すべての農家が堆肥舎やコンポスト(密閉式堆肥発酵促進装置)等を導入し、環境対策に取り組んでいます。
 稲作は、コシヒカリの単作地帯で平成10年度には農協が共同育苗施設を導入しています。
 施設園芸は、古里地区で花壇苗が、島原でいちごが、東長島でトマトが導入されています。甘夏みかんの木
 露地野菜は、さといも(セレベス、八つ頭)等が栽培されており、「くき漬け」の加工が行われています。また、向井地区では、大根が栽培されており、「ときわ漬け」他の加工が行われています。
 今後は、認定農業者を中心とした担い手の育成・支援、「そば、マコモ」等の地域特産品の育成や地産地消の推進、獣害対策や耕作放棄地防止活動が課題となっています。


 

業務情報(詳細)

<地域農政課>

○米の生産振興、水田農業構造改革対策

○家畜排せつ物法

○耕作放棄地対策

○認定農業者、担い手の確保・育成

○集落機能再生「きっかけづくり」推進事業

○農薬取締法

○肥料取締法

○獣害対策

○中山間地域等直接支払い制度

○人と自然にやさしいみえの安心食材表示制度(農業)

○食品表示に関すること

○農地法、市民農園

<基盤整備課>

○海岸保全区域の占用及び行為の許認可に関すること

○農業農村基盤事業にかかる用地の買収、補填及び登記に関すること

○土地改良財産の取得及び管理並びに処分に関すること

○農業農村基盤事業にかかるソフト事業との調整、指導に関すること

○公共事業の計画段階での審査、調整に関すること

○公共事業の進行管理、再評価、計画変更の審査に関すること

○土地改良区に関すること

○団体営事業に関すること

○団体営耕地災害復旧事業に関すること

○農業農村基盤事業に係る設計、積算に関すること

○中山間地域総合整備事業に関すること(紀北2期地区)

〇県営ため池等整備事業に関すること(原池地区)

〇農地中間管理機構関連農地整備事業に関すること(中里地区)

○県単土地基盤整備事業に関すること

○県単耕地施設管理事業に関すること

○地籍調査事業に関すること

関連リンク

☆紀州地域農業改良普及センター  ☆三重県農業技術情報システム  ☆三重県病害虫防除所

☆三重県農業研究所  ☆三重県畜産研究所  ☆三重県農業大学校 

☆(財)三重県農林水産支援センター

☆農林水産省

 

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 尾鷲農林水産事務所 〒519-3695 
尾鷲市坂場西町1番1号(尾鷲庁舎5階)
電話番号:0597-23-3486 
ファクス番号:0597-23-0683 
メールアドレス:onorin@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000030422