現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 市町村 >
  4. 市町の財政 >
  5. 市町財政の現状 >
  6.  3.歳出
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  地域連携部  >
  3. 市町行財政課  >
  4.  財政第2班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

3.歳出

歳出に占める義務的経費は対前年度比2.6%増加、投資的経費は対前年度比4.0%増加している。
経費別には、扶助費、物件費の増加額が大きく、反対に積立金が大きく減額となった。

(性質別内訳)
義務的経費   2,956億1,250万円(対前年度比2.6%増、構成比43.8%)
投資的経費   1,299億  640万円(対前年度比4.0%増、構成比19.2%)
その他の経費 2,493億8,360万円(対前年度比0.8%減、構成比37.0%)

(1)義務的経費

人件費  1,471億3,312万円(対前年度比0.6%増、構成比21.8%)
扶助費     677億   80万円(対前年度比9.5%増、構成比10.0%)
公債費    807億7,858万円(対前年度比1.0%増、構成比12.0%)

人件費は、職員給は減となったものの退職手当の増により0.6%の増となり、扶助費は、児童手当に係る制度改正による児童福祉費の増及び合併等による社会福祉費の増等により9.5%の増となった。
公債費は地域総合整備事業債等で償還減となったものの、減税補てん債、臨時地方道整備事業債等で償還増となったため、1.0%の増となった。

(2)投資的経費

普通建設事業費

1,253億6,073万円(対前年度比 1.4%増、構成比18.6%)

災害復旧事業費

45億4,567万円(対前年度比253.9%増、構成比0.7%)

投資的経費の大部分を占める普通建設事業費について、補助事業費は教育費の増等により、対前年度比4.5%の増、単独事業費は庁舎整備等の総務費、教育費等で増となったものの衛生費、土木費の減及び合併等による同級他団体施行事業負担金の減ため、対前年度比0.3%の減となった。

(3)その他の経費

物件費    894億9,837万円(対前年度比  3.7%増、構成比13.3%)
補助費等  663億  330万円(対前年度比  3.9%減、構成比 9.8%)
積立金    170億2,626万円(対前年度比 19.0%減、構成比 2.5%)
繰出金    590億7,375万円(対前年度比  4.4%増、構成比 8.8%)

物件費の増は、電算関連経費の増等による。補助費等は、合併に伴う一部事務組合の減による負担金の減等、積立金の減は、財政調整基金への積立ての減による。繰出金の増は介護保険事業への繰出しの増等による。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 地域連携部 市町行財政課 財政第2班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2173 
ファクス番号:059-224-2219 
メールアドレス:shichos@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000025993