現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. キッズサイト >
  4. 食の安全・安心ひろば >
  5. 食の安全・安心ひろばキッズサイト >
  6.  学習コーナー/食品衛生(しょくひんえいせい)について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 農産物安全・流通課  >
  4.  食の安全・安心班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

 

食品表示ってなに 食品のマークってなに
食品衛生について 食品添加物ってなに
最後は農薬について考えよう

 

食品衛生(しょくひんえいせい)について
<食中毒(しょくちゅうどく)って?>

食(た)べ物(もの)が原因(げんいん)で、おなかが痛(いた)くなったり、下痢(げり)をしたり、熱(ねつ)が出たりすることを食中毒(しょくちゅうどく)といいます。

#
#

 

食べ物といっしょに細菌(さいきん)がからだの中(なか)に入(はい)ると食中毒(しょくちゅうどく)になることがあります。
 細菌(さいきん)は、よごれた手(て)や、よくあらわなかった食(た)べ物(もの)やほうちょう、まな板(いた)に多(おお)くついています。

よごれた手(て)から食中毒(しょくちゅうどく)をおこすこともあります。

 

食中毒(しょくちゅうどく)をおこす菌(きん)にはいろいろな種類(しゅるい)があります。

O-157
O-157(牛(うし)のおなか)
ブドウ球菌
ブドウ球菌(きゅうきん)(髪(かみ)の毛(け)など)
サルモネラ菌
サルモネラ
(肉(にく)、たまご)

人(ひと)から見(み)てよい細菌(さいきん)もあります。

納豆パック
納豆菌(なっとうきん)(納豆(なっとう)をつくる)
ヨーグルト
乳酸菌(にゅうさんきん)
(ヨーグルトをつくる)

食中毒(しょくちゅうどく)にならないためには

食中毒にならないためには

 

【つけない】

  • 細菌(さいきん)を食(た)べ物(もの)や、ほうちょう、まな板(いた)、皿(さら)などにつけないようにしましょう。
  • 魚(さかな)や肉(にく)をさわったら、手(て)をあらいましょう。
  • ほうちょう、まな板(いた)をきれいにあらいましょう。
  • 土(つち)のついた野菜(やさい)をきれいにあらいましょう。
#

【ふやさない】

  • 食中毒(しょくちゅうどく)は、細菌(さいきん)が食べ物の中で、増(ふ)えることで、おこります。作った料理は、早いうちに食べましょう。すぐに食べない物は、冷蔵庫(れいぞうこ)など低(ひく)い温度(おんど)でほぞんしましょう。
 #

【やっつける】

  • よく加熱(かねつ)しましょう。細菌(さいきん)は、高(たか)い温度(おんど)にはよわい生(い)き物(もの)です。十分(じゅうぶん)な加熱(かねつ)で、細菌(さいきん)をやっつけることができます。
#

もし食中毒(しょくちゅうどく)になってしまったらどうしたらいいの?

  • かぜやほかの病気(びょうき)とまちがえることがありますので、注意(ちゅうい)しましょう!
  • はじめ、病気(びょうき)の程度(ていど)が軽(かる)くても急(きゅう)に悪(わる)くなることがありますので、早(はや)めに病院(びょういん)へ行(い)ってお医者(いしゃ)さんにみてもらってください。

お医者(いしゃ)さんには、次(つぎ)のことを伝(つた)えましょう。

  • いつごろ体調(たいちょう)が悪(わる)くなったか
  • どんな具合(ぐあい)か
  • 何(なに)を食(た)べたか
 #

いざという時(とき)の応急(おうきゅう)処置(しょち)

  • 水分(すいぶん)を多(おお)くとって、脱水(だっすい)症状(しょうじょう)にならないようにしましょう。
  • あまり、胃(い)や腸(ちょう)を刺激(しげき)しないように、ぬるいお茶(ちゃ)などを飲(の)みましょう。
  • 安静(あんせい)にしましょう
  • 消化(しょうか)しやすいものを食(た)べるようにしましょう。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 農産物安全・流通課 食の安全・安心班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-3154 
ファクス番号:059-223-1120 
メールアドレス:shokua@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000011041