現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産業総合 >
  5. 水産増殖 >
  6. 養殖業 >
  7.  三重県の養殖漁業について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産振興課  >
  4.  養殖振興班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県の養殖漁業について

本県の沿岸域で営まれる海面養殖業は、平成30年の生産額が187億円で海面生産の42%、生産量が23,544トンで海面生産の15%を占めるなど、重要な産業となっています。

(1)藻類養殖業

伊勢湾・鳥羽地域では黒ノリ養殖、的矢湾・英虞湾・五ヶ所湾等では青ノリ養殖、鳥羽地域ではワカメ養殖が営まれています。平成30年の生産額は38億円、生産量は11,540トンです。

(2)真珠養殖業

明治26年に御木本幸吉氏がアコヤ貝による養殖法を確立して以来、英虞湾を中心に発達してきました。昭和50年前後の真珠不況をはさみつつも生産が増大し、昭和55年から平成9年までは生産額100億円以上で推移しました。近年は、アコヤ貝に悪影響を及ぼす赤潮(ヘテロカプサ)や感染症の発生等による生産性の低下、生産者の高齢化などが問題となっているなかで、令和元年にはアコヤ貝のへい死が発生しました。平成30年の生産額は36億円、生産量は4,311kgです。

(3)魚類養殖業

本県の海面魚類養殖は、昭和30年代のブリ養殖から始まり、魚価の低迷などから昭和50年代にはマダイ養殖への転換が進みました。マダイ養殖の生産額は、平成元年から10年までは生産額100億円以上で推移しましたが、その後は経営体の減少などもあり、平成30年の生産額は37億円、生産量は3,824トンに減っています。一方、平成30年のブリ養殖の生産額は22億円、生産量は2,365トン、クロマグロ養殖の生産額は26億円、生産量は950トンに達するとともに、新魚種としてマハタの生産量も増加するなど、近年の養殖魚種は多様化が見られます。
 なお、内水面魚類養殖は、平成30年にはウナギ養殖の生産量が220トンと最も多く、ニジマス、アマゴ等の養殖が山間地域で行われています。

課題

近年、養殖業を取り巻く環境は、
 (1)漁場環境の悪化、魚病や赤潮の発生に伴う生産量の減少
 (2)需要構造の変化による価格の低迷
 (3)飼料価格の上昇による生産コストの増大等により、厳しい経営環境が続いています。
 また、消費者の「食の安全」に対する意識の高まりにより、生産物の安全性確保と適切な品質   管理が一層求められています。

取り組み

三重県では、平成11年に施行された持続的養殖生産確保法に基づき、漁業者自らによる適正な漁場管理を推進するとともに、次の事業に取り組んでいます。

令和2年度に実施する主な事業

(1)消費者に安心される養殖水産物の生産体制整備事業
 (2)魚類養殖におけるAI・ICT技術導入促進事業
 (3)真珠養殖におけるAI・ICTを活用したスマート化促進事業
 (4)次世代型海藻養殖による豊かな伊勢湾再生事業


三重県農林水産部
水産振興課養殖振興班
TEL:059-224-2584
アドレス:suisan@pref.mie.jp

本ページに関する問い合わせ先

三重県 農林水産部 水産振興課 養殖振興班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁6階)
電話番号:059-224-2584 
ファクス番号:059-224-2608 
メールアドレス:suisan@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000038328