現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 図書館 >
  5.  大紀町文化フォーラム「地元のテーマで話し合う」を開催します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  環境生活部  >
  3. 図書館
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成25年10月02日

大紀町文化フォーラム「地元のテーマで話し合う」を開催します
瀧原宮、熊野古道伊勢路、東日本大震災を題材に、まちづくりを考える

 大紀町には、伊勢神宮の別宮である瀧原宮や、平成26年に世界遺産登録10周年を迎える熊野古道伊勢路といった、全国的にも注目を集める文化資源があります。また、町の沿岸部では、100年単位でくり返される歴史津波の経験から、大規模な地震津波災害への備えが必要とされています。
 このたび、大紀町教育委員会と三重県立図書館の共催により、これらをテーマにフォーラムを開催します。ゲストには、瀧原宮、熊野古道伊勢路、東日本大震災のそれぞれについて関わりの深い方々をお招きして、とっておきの話を聞かせていただきます。
 このフォーラムが、大紀町のまちづくりを考える機会になればと思います。

○大紀町文化フォーラム「地元のテーマで話し合う」
・日時 平成25年11月24日(日曜)14時から16時まで
・場所 大紀町コンベンションホール(度会郡大紀町崎2200-1)
・出演 植島啓司氏(宗教人類学者)、鎌倉幸子氏(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
    広報課長)、福元ひろこ氏(文筆家)、前田憲司氏(企画編集者)
・内容 基調スピーチ
     「聖地としての瀧原宮」植島啓司氏
     「熊野古道伊勢路の魅力」福元ひろこ氏
     「東日本大震災で失われたもの」鎌倉幸子氏
    総括セッション
     「地元の課題を解決するには」(コーディネータ)前田憲司氏
                   (パネリスト)植島啓司氏、鎌倉幸子氏、福元ひろこ氏
・定員  300名(先着、事前申込み制)
・参加費 無料
・申込み 三重県立図書館まで、入場を希望される方のお名前、電話番号をお知らせください。
      電話:059-233-1181 ファックス:059-233-1191 窓口:三重県立図書館カウンター
      ホームページ:専用の申込フォーム
・主催  大紀町教育委員会、三重県立図書館

*参加申込フォーム
 (パソコンから)https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/uketsuke/dform.do?acs=taiki
 (携帯電話から)https://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/uketsuke/iform.do?acs=taiki


 
 

関連資料

  • 「地元のテーマで話し合う」フライヤー(PDF(1MB))

関連リンク

地図情報

adobe readerのダウンロードページ(新しいウインドウで開きます) 三重県ホームページでは一部関連資料等をpdf形式で作成しているため、表示や印刷を行うには「Adobe Reader」が必要です。「Adobe Reader」がインストールされていない場合には、インストールをまず行ってからご覧ください。
「Adobe Reader」のダウンロードはこちら(新しいウインドウで開きます)。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 図書館 〒514-0061 
津市一身田上津部田1234
電話番号:059-233-1181 
ファクス番号:059-233-1191 
メールアドレス:mie-lib@library.pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000100683