現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 食の安全 >
  4. 食品衛生 >
  5.  毒キノコによる食中毒の発生について(平成30年9月13日)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 食品安全課  >
  4.  食品衛生班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成30年09月13日

毒キノコによる食中毒の発生について(平成30年9月13日)

1 概要
 平成30年9月12日(水)14時30分頃、桑名市内の医療機関から桑名保健所へ、キノコによる食中毒と思われる患者を診察した旨の通報がありました。
 桑名保健所が調査したところ、患者は、9月10日(月)に採取したキノコをその日の夕食として自宅で調理し、1人で喫食していたことが判明しました。
 また、調理済みのキノコの残品を確認したところ、有毒なキノコの「ニセクロハツ」である可能性が高く、患者の症状もニセクロハツによる食中毒症状と一致し、医師からの届出があったことから食中毒と断定しました。

関連資料

  • 毒キノコによる食中毒の発生について(PDF(153KB))
  • ニセクロハツ(毒キノコ)について(PDF(125KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 食品安全課 食品衛生班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2343 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:shokusei@pref.mie.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000218837