現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 子ども・少子化対策 >
  4. みえ 子ども スマイルネット >
  5.  赤ちゃん泣いてもいいよ!近鉄電車内と県内イオンで「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」の啓発を行います!
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  子ども・福祉部  >
  3. 少子化対策課  >
  4.  子どもの育ち・家庭応援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和元年11月08日

赤ちゃん泣いてもいいよ!近鉄電車内と県内イオンで「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」の啓発を行います!
11月19日は いい育児の日

 三重県では、子育て家庭を応援するため、近鉄電車内やイオン赤ちゃん用品売り場でWEラブ赤ちゃんプロジェクトのPRを行います!

1 近鉄電車内での啓発
 公共の場で泣いてしまった1歳前後の赤ちゃんを一生懸命あやすママ・パパを応援し「その泣き声、わた
しは気にしませんよ。赤ちゃん、泣いてもいいよ!」そう思っている人たちの想いを可視化する「WEラブ
赤ちゃんプロジェクト」のPRのため、11月19日のいい育児の日に合わせて近鉄電車内で啓発ポスター
を掲示します。

(1)事業の目的
 ・赤ちゃんが泣いても逃げ場のない電車内で、三重県が「WEラブ赤ちゃんプロジェクト」に賛同、子
  育て家庭を応援していることを周知啓発することで、「社会全体で子育てをする」という温かい機運の
  醸成につなげる。

(2)実施期間
 ・令和元年11月14日(木)から11月20日(水)まで(近鉄電車ポスター掲示)

(3)内容
 ・近鉄電車ドア横広告スペースに啓発ポスターを掲示する。

2 イオン赤ちゃん用品売り場での啓発
 県内イオン直営の赤ちゃん用品売り場において、子育て真っ最中のママ、パパまたはプレママ、プ
レパパに対して「赤ちゃんは泣くのが仕事。赤ちゃん泣いてもいいよ。三重県は子育て家庭を応援していま
す!」というメッセージをダイレクトに伝えるため、三重県方言版「泣いてもええんやに!」ステッカーを
あしらった啓発カードを設置します。

(1)事業の目的                  
 ・1歳前後の赤ちゃん育て真っ最中のママやパパ、プレママ、プレパパの子育てに対する不安を少しでも
  和らげるため、三重県が子育て家庭を応援しているというメッセージを啓発カードを通して伝える。

(2)実施期間
 ・令和元年11月初旬から(県内イオン啓発カード設置)

(3)内容
 ・県内イオン直営の赤ちゃん用品売り場(おむつ、ミルク、離乳食、おやつ等)のプライスカードの近く
  に啓発カードを挟み込む等、消費者の目の高さに設置する。
 
  別添「WEラブ赤ちゃんプロジェクト啓発」ポスター・カード参照

関連資料

  • 近鉄電車広告ポスター(PDF(665KB))
  • 赤ちゃん用品売り場での啓発(PDF(489KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 子ども・福祉部 少子化対策課 子どもの育ち・家庭応援班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2269 
ファクス番号:059-224-2270 
メールアドレス:shoshika@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000231447