現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. 予算執行・財政 >
  4. 予算 >
  5. 当初予算要求状況 >
  6. 平成13年度 >
  7.  平成13年度施策別要求概要/6 効率的で効果的な組織・体制づくり
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  総務部  >
  3. 財政課  >
  4.  予算班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

6 効率的で効果的な組織・体制づくり

平成13年度 施 策 別 要 求 概 要

部局名:総務局、農林水産商工部、地域振興部、県土整備部、教育委員会、人事委員会事務局
施策番号
施  策  名
要求額(百万円)
660
効率的で効果的な組織・体制づくり
9,486
【目標】
  県行政の役割を明確化し、分権時代にふさわしい政策形成能力の向上や行政運営の透明性の確保に取り組むとともに、より質の高いサービスを効率的に提供するため、組織機構の継続的な見直しに取り組みます。  また、住民サービスの向上と、事務処理の効率化に努めるとともに、従来の枠組みや慣行にとらわれることなく、職員の意欲や能力が生かせる職場づくりを進めます。

 

平成13年度要求方針

 (総務局)  
 第2次実施計画のスタートにあわせて当該計画を効果的、効率的に推進するため所要の組織機構を整備するとともに、定員適正化計画の達成(15年4月1日)に向けて着実な計画の推進を行う。
 職員一人ひとりが「率先実行」して各種改革に取り組んでいけるようにする。
 新たな行政需要や急激な環境変化にも迅速、的確に対応でき、職員の満足感も高め、職員の能力を最大限生かす新しい人事システムの構築を図る。
  ファシリティマネジメントについては、本庁舎以外の他の施設についてもデータベース化し、すべての施設を総括的にみて、戦略的に計画を立てていく。

(農林水産商工部)
  関西圏と三重をつなぐネットワークづくりの前線基地としての機能に加え、ワンストップで観光誘客、企業立地、ベンチャー企業の育成、下請発注元の拡大などに戦略的に活動する大阪事務所の管理運営を行う。

(地域振興部)
  電子政府実現に向けて、現在、政府・各自治体において、一斉にチャレンジが始まっている。情報先進県を標榜する当県においても他県に先駆けてこれらの実現を図るべきであり、平成15年までに実現する電子政府と歩調を合わせた各部局の電子申請・届出アクションプランを作成し、それに基づき着実に電子県庁を推進していく。

(県土整備部)
 IT(情報技術)を用いて、公共事業の業務の円滑で効率的な執行などを図るために「公共事業支援統合情報システム(建設CALS/EC)」の導入を推進する。平成13年度は「三重県版建設CALS/EC整備基本構想」及び「アクションプログラム」を策定する。
  また、公共事業の各種施策や事業の効果的な実施に役立てるために、公共事業懇話会(仮称)等を開催し公共事業の在り方を検討する。

(教育委員会)
 教育現場の様々な課題に的確に対応しうる児童・生徒の立場に立った学習者起点の教育行政システムの確立に向けて、開かれた学校づくりや学校自己評価制度の確立、学校運営費の効果的運用などを通じた学校マネジメントシステムの構築に取り組む。
  包括的なメンタルヘルスケアシステムにより職場環境の整備を図る。

(人事委員会)
 職員採用候補者試験について、インターネットを活用し、より効果的・効率的に広報活動を行うとともに、受験申込の電子申請に向けた取り組みを進めていく。

主な事業

  1. 行政システム改革バージョンアップ推進事業(要求額 37,695千円)
    [所管部局名 総務局 ]
    【基本事務事業名 事務の効率化と行政コストの削減】


    各部局が「率先実行」して各種改革に取り組めるよう支援する。


  2. 文書管理改善事業費(要求額1,358,045千円)
    [所管部局名 地域振興部 ]
    【基本事務事業名 事務の効率化と行政コストの削減】


    行政事務改善のため県庁WANと各職員に配布されたパソコンを活用して総合文書管理システム(電子県庁)を推進する。このため、総合行政情報ネットワークへの接続とともに、従来の紙による事務処理から電子上の処理へ移行するため電子ファイリングシステム等を導入する。

  3. 公共事業支援統合情報システム構築事業(要求額 18,382千円)
    [所管部局名 県土整備部] 
    【基本事務事業名 事務の効率化と行政コストの削減】


    三重県内における建設CALS/EC実現のために基本方針となる基本構想や推進計画となるアクションプログラムの策定などを行う。

  4. 教育行政システム改革推進事業(要求額538,046千円)
    [所管部局名 教育委員会]
    【基本事務事業名 簡素で効率的な組織運営】


    「三重県教育振興ビジョン」の実現を図り、「児童生徒を中心とする学習者起点の教育行政システムの確立」に向けて、平成11年度から平成13年度までを「集中改革期間」と定め、教育行政システム全般にわたる見直しを進める。

戻る

本ページに関する問い合わせ先

三重県 総務部 財政課 予算班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁3階)
電話番号:059-224-2216 
ファクス番号:059-224-2125 
メールアドレス:zaisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000034486