現在位置:
  1. トップページ >
  2. 組織・業務 >
  3.  地域事務所 >
  4. 鈴鹿保健所 >
  5.  マスターページ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  保健所  >
  3. 鈴鹿保健所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

9月24日~30日は「結核予防週間」です。

【令和2年度結核予防週間の標語】
 「元気ですか?肺」~結核検診を受けましょう~


毎年9月24日から30日までの1週間を「結核予防週間」と定め、より多くの方々に結核に関する正しい知識を深めていただくこととしています。
結核は過去の病気ではありません。今でも、5人に1人は結核に感染していると言われ、感染症のうちでいちばん多くの患者が発生しています。しかし、結核の正しい知識があれば、結核に感染しても怖くありません。
結核に関する正しい知識を深め、規則正しい生活を心がけることで免疫力を上げ、結核の発病を予防しましょう。

【結核新登録患者数・り患率・死亡者数(令和元年)】
・新登録患者数
  国:14,460人、三重県:167人、鈴鹿保健所管内(鈴鹿市・亀山市):27人
・り患率(人口10万対)
  国:11.5、三重県:9.4、鈴鹿保健所管内(鈴鹿市・亀山市):11.0
・死亡者数
  国:2,087人、三重県:38人、鈴鹿保健所管内(鈴鹿市・亀山市):1人

その症状、風邪じゃなくて結核かもしれません!!

以下のような症状が続く時は、すぐに医療機関へ行きましょう。
 □ 2週間以上続く咳・痰
 □ 発熱
 □ 全身のだるさ
 □ 息切れ
 □ 体重減少
 □ 血痰・喀血
 

結核ってどんな病気?

 ・主に肺に炎症が起こる病気です。
 ・性別、年齢によらず、すべての人が結核になる可能性があります
 ・結核患者の咳やくしゃみなどで結核菌が空中に飛び散り、周りの人がそれを直接吸い込むことで感染します。
  ※感染しただけでは自覚症状はありません。また、他の人へは感染させません。
 ・結核菌が増殖すると、結核を発病します。感染(増殖)し発症するまで、短くて2~3か月程度、長ければ
  数十年かかることもあります。
 ・1900年代前半生まれのほとんどの方は結核に感染しており、高齢による免疫力の低下により発病すること
  があります。
 ・環境の変化などによる疲れやストレスから体調を崩し、免疫力が低下し、発病する人もいます。
 ・発病したまま放置すると、重症化して死に至ることもあります。
 ・世界では、アフリカ地域やアジア地域を中心に流行が続いているため、知らないうちに感染している可能性
  があります。

結核の治療について

 ・結核を治すには適切な服薬が必要です。早期に発見し、正しく治療を受ければ治る病気です。
 ・発見が早ければ、通院で治療を受けることができます。
 ・結核の治療は、公費負担制度により医療費の負担が軽減されます。制度については保健所へお問合せください
  

結核の予防・早期発見のために

 ・バランスの良い食事と十分な睡眠で、疲労をためないようにしましょう。
 ・年に1回は健康診断を受けるように心がけましょう。早期発見には胸部レントゲン検査が有効です。
 

結核について、保健所に相談することもできます。

 鈴鹿市・亀山市を管轄しているのは、鈴鹿保健所(三重県鈴鹿庁舎2階)です。
  〒513-0809
  三重県鈴鹿市西条5丁目117
  TEL:059-382-8672
 

三重県内の保健所 問い合わせ先
桑名保健所 TEL 0594-24-3625
四日市市保健所 TEL 059-352-0594
津保健所 TEL 059-223-5184
松阪保健所 TEL 0598-50-0531
伊勢保健所 TEL 0596-27-5137
伊賀保健所 TEL 0595-24-8045
尾鷲保健所 TEL 0597-23-3454
熊野保健所 TEL 0597-89-6115

 

外部リンク

その他、詳しい情報はこちらをご覧ください。
・「公益財団法人 結核予防会 結核研究所」ホームページ
  https://jata.or.jp/about_basic.php

本ページに関する問い合わせ先

三重県 鈴鹿保健所 〒513-0809 
鈴鹿市西条5-117(鈴鹿庁舎2階)
電話番号:059-382-8671 
ファクス番号:059-382-7958 
メールアドレス:zhoken@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000218449