現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 科学技術 >
  4. 保健環境研究所 >
  5. 検査・調査・研究情報 >
  6. 酸性雨調査 >
  7.  酸性雨の状況(2005年度)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 健康福祉部  >
  3. 保健環境研究所
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

酸性雨の状況(2005年度)

 南北に細長い三重県では南に行くと雨が多いことで有名な尾鷲があり、 年間降水量として4000mmくらい降りますが、北の方では、1500~2000mm程度です。

 当研究部では、2005年度は四日市市内2カ所で降水時開放型捕集装置(W.O.法)を用い、 一週間毎に降水を採取し、pHや内容成分について調査を行いました。

新正の雨

新正の雨のpH、2005年度  

上の図は2005年度の四日市市新正の降水を一週間毎に集め、pHを測定して、月平均の推移を示したものです。(W.O.法) 2005年度の年間平均pHは4.41です。2004年度と比較すると酸性傾向は強まり、平均するとpH5.6以下*の、酸性の雨が降りました。

* 一般に、大気中の二酸化炭素が溶け込んだ雨は、pHが5.6となります。このため、pH5.6以下のものを酸性雨といっています。

pH推移(新正)(2005年4月~2006年3月)

種類 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
W.O.法 4.41 4.33 4.20 4.26 4.27 4.52 4.51 4.30 5.14 4.73 4.64 4.51


新正の酸性雨の割合
 上の図は2005年度の四日市市新正の降水を、pHの値を4.6以下、4.6超~5.6、5.6を越える場合にわけたものです。(W.O.法) いわゆる酸性雨といわれるpH5.6以下の雨の割合は2004年度と比較すると1%増えて94%になり、4.6以下の雨が64%に増えています。
 
pH値の頻度(新正、W.O.法)
pH区分 4.6以下 4.6超-5.6 5.6を超える
割合 64 30 6

 

新正の酸性雨中のイオン成分
  上の図は2005年度の四日市市新正の降水に溶け込んでいるイオン成分を調べたものです。 (W.O.法)2004年度と比べて、ナトリウムイオンや塩化物イオンの割合が低く、海塩由来の影響が小さかったと考えられます。
 

降水のイオン成分(新正、W.O.法)
種類 Cl NO3 SO4 H NH4 Na K Ca Mg
割合 16 10 22 13 13 14 1 6 5


新正の原因別イオン成分


上の図は2005年度の四日市市新正の降水についてイオン成分の起源に着目して表したものです。(W.O.法)   海塩成分は2004年度の56%より低く35%でした。

* 海塩,非海塩の起源はNa+(ナトリウムイオン)を指標として算出しました。nssの表示はnon sea salt(非海塩)を表します。

      海塩粒子の写真

種類 nss-
SO4
NO3 nss-
Cl
H NH4 nss-
Ca
nss-K
nss-Mg
海塩粒子
割合 20 10 1 13 13 5 3 35
 

桜町の雨

桜町の雨のpH、2005年度
上の図は2005年度の四日市市桜町の降水を一週間毎に集め、pHを測定して、月平均の推移を示したものです。 2005年度の年間平均pHは,W.O.法で4.40です。平均するとpH5.6以下の、酸性の雨が降っています。

* 一般に、大気中の二酸化炭素が溶け込んだ雨は、pHが5.6となります。このため、pH5.6以下のものを酸性雨といっています。

pH推移(桜町)(2005年4月~2006年3月)
種類 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
W.O.法 4.45 4.45 4.27 4.34 4.30 4.35 4.31 4.33 4.74 4.57 4.56 4.42

 

桜町の酸性雨の割合


 上の図は2005年度の四日市市桜町の降水を、pHの値を4.6以下、4.6超~5.6、5.6を越える場合に分けたものです。(W.O.法) いわゆる酸性雨といわれるpH5.6以下の雨の割合は2004年度と殆ど同じで98%でしたが、pH4.6以下の雨が72%と増えてます。
 

pH値の頻度(桜町、W.O.法)
pH区分 4.6以下 4.6超-5.6 5.6を超える
割合 72 26 2

 

桜町の酸性雨中のイオン成分


 上の図は2005年度の四日市市桜町の降水に溶け込んでいる イオン成分を調べたものです。(W.O.法)2004年度とほぼ同じ割合です。

降水のイオン成分(桜町、W.O.法)
種類 Cl NO3 SO4 H NH4 Na K Ca Mg
割合 13 12 21 15 16 12 2 5 4

 

桜町の原因別イオン成分


 上の図は2005年度の四日市市桜町の降水についてイオン成分の起源に着目して表したものです。(W.O.法)
海塩成分は2003年度の35%や2004年度の43%よりも低い29%でした。
 

降水の起源別イオン成分(桜町、W.O.法)
種類 nss-
SO4
NO3 nss-
Cl
H NH4 nss-
Ca
nss-K
nss-Mg
海塩粒子
割合 20 12 0 15 16 5 3 29

本ページに関する問い合わせ先

三重県 保健環境研究所 〒512-1211 
四日市市桜町3684-11
電話番号:059-329-3800 
ファクス番号:059-329-3004 
メールアドレス:hokan@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000047715