現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 催し物 >
  6. 公開考古学講座 >
  7.  第3回公開考古学講座を開催しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

第3回公開考古学講座を開催しました

 平成29年9月9日(土曜日)に、三重県埋蔵文化財センター嬉野分室において、公開考古学講座「三重を掘る」(第3回)を開催しました。
 今回は、「石薬師東古墳群について~そのナゾを探る~」と題して、三重県埋蔵文化財センター職員の服部芳人(はっとりよしと)が講演を行い、残暑厳しい中、55名の方に参加をいただきました。
 石薬師東古墳群については、なんといっても全国に類例のない、頭部の造形が特徴の馬形埴輪が注目されています。しかし今回はその馬形埴輪にとどまらず、出土した他の特徴的な土器について、またかつて遺跡の範囲に立地していた、こちらもやはり謎の多い旧陸軍の通信部隊について、そして、近隣の古墳群との比較など、石薬師東古墳群を様々な角度から考察した講演となりました。
 さらには、発掘調査に対する当時の注目の高さや、調査の様子など、調査担当者からでなければ聞けない内容に、みなさん熱心に聞いておられました。
 講演後も「馬形埴輪の類例を朝鮮半島に求めることはできないのか」「被葬者としてどの様なものを想定しているか」「バラバラの破片をどの様に組み立てていったのか」など、いつもにまして多くのご質問や、𤭯(はそう)といった遺物の観察でも多くのご質問をいただき、参加者の興味・関心の高さがうかがえました。

互いに熱のこもった講座となりました

石薬師東古墳群を代表する馬形埴輪

他の出土品にも特徴あり

熱心に観察される参加者の皆さん

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-1732 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000206188