現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 催し物 >
  6. 展示 >
  7.  県民ホール・県庁舎での展示
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

埋蔵文化財センター

県民ホール・県庁舎での展示

県庁 県民ホール

「わたしきれいでしょ!?中世の化粧道具セットを発見」

 

 
 三重県埋蔵文化財センターでは、平成20年度から新名神高速道路の建設工事に伴う遺跡の発掘調査を行いました。調査面積は20万㎡以上で、ナゴヤドームの約20個分の広さになります。
 調査の結果、縄文時代の集落や古墳群の発見など、これまでの想像をはるかに超えるたくさんの発見があり、三重県北勢地方の歴史は、大きく塗り替えられつつあります。
 今回の展示では、鈴鹿市小岐須(おぎす)町にある釜垣内(かまがいと)遺跡で発掘された鏡※、握り鋏(はさみ)※、毛抜き※といった中世の化粧道具のほか、墨で文字が書かれている山茶椀などを紹介しています。※はパネル展示

松阪庁舎

「古堀遺跡の発掘調査成果」


 平成28年度に農業用管水路の埋設工事に伴い発掘調査を行いました古堀(ふるぼり)遺跡(第9次)について紹介します。
 古堀遺跡は、多気郡明和町上野にある奈良時代の遺跡で、過去の調査では、土師器と呼ばれる土器を焼くための施設跡(土師器焼成坑)を多く発見しています。古堀遺跡周辺部(現在の明和町中南部)はかつて、有爾郷(うにごう)と呼ばれ、伊勢神宮や斎宮で使用する土器を製作する地域であったといわれています。今回の発掘調査では土師器焼成坑が新たに2基発見され、奈良時代の土師器も出土しました。展示では、土師器焼成坑の解説や、皿や杯・甕などの土師器が出土した様子の写真や図とともに、実物も展示しています。 

伊賀庁舎

「名張市赤目町の発掘調査~辻垣内遺跡・辻垣内古墳~」

 
  名張盆地の南西部にあたる辻垣内(つじがいと)遺跡周辺は、同市内北東部の丘陵地と並んで遺跡の密集している地域で、昭和57 年度に農業基盤整備事業の工事に伴って、東南に隣接する上東野遺跡とともに発掘調査を行いました。東岸には昭和58 年度に実施した壇・柏原遺跡が広がり、古墳時代の集落跡の様子が滝川両岸に展開していたことが明らかとなっています。
 展示では、辻垣内遺跡・辻垣内古墳から出土した縄文土器の深鉢、弥生時代の壺や蓋、古墳時代の高杯や壺、また弥生時代から古墳時代にかけての勾玉などを展示しています。
 今回から展示コーナーを1階エントランスホールに移して公開中です。

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-1732 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000212302