現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 文化施設 >
  4. 埋蔵文化財センター >
  5. 催し物 >
  6. 展示 >
  7.  第1回 はにわ観察会を開催しました
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 埋蔵文化財センター
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

第1回 はにわ観察会を開催しました

 平成30年7月25日(水)に、鈴鹿市考古博物館で開催中の第37回埋蔵文化財展「三重のはにわ大集合!」の会場で、関連行事である「はにわ観察会」を開催しました。
 初めに、展示をしている埴輪を見ながら、その役割と、古墳への配置の仕方、形象埴輪の特徴を解説して、古墳と埴輪への興味を深めてもらうことができました。
 次に、形象埴輪の一部分の破片やモデルとなった実物の馬具などを示して、展示してあるどの埴輪の一部分なのかをクイズ形式で問いかけて、モデルと見比べながら、埴輪にも細かい部分まで表現してあることなどを観察してもらいました。
 説明の後も、「足だけで、どうして"力士”とわかるのか」、「同じ粘土で作られた人形という意味では縄文時代の土偶などがあるが、どういう違いがあるのか」などの質問があり、それぞれに興味をもってじっくり観察したりメモをとる姿が見られました。
 はにわ観察会は、第2回として8月8日(水)、第3回は8月22日(水)に、いずれも午前11時から行います。
 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 埋蔵文化財センター 〒515-0325 
多気郡明和町竹川503
電話番号:0596-52-1732 
ファクス番号:0596-52-7035 
メールアドレス:maibun@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000217186