現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 水産業 >
  4. 水産研究所 >
  5. 英虞湾ほか志摩・熊野灘沿岸関連情報 >
  6.  プランクトン速報
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  農林水産部  >
  3. 水産研究所  >
  4.  養殖・環境研究課 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

プランクトン速報

29-21号(5月24日発行)ヘテロカプサ1細胞/ml(5/23、金床5m層)

29-20号(5月17日発行)

29-19号(5月10日発行)

29-18号(5月2日発行)

29-17号(4月26日発行)

← NEW !

三重県水産研究所は,自治体や真珠生産者らが実施するプランクトン調査の結果をとりまとめ,プランクトン速報として,生産者らにフィードバックするシステムを作ることで,ヘテロカプサ サーキュラリスカーマなど有害プランクトンの早期発見,早期避難に勤めています。

ヘテロカプサ サーキュラリスカーマ (Heterocapsa circularisquama)

  • 貝類を選択的に殺す有害プランクトン。
  • 1988年に高知県で初めて出現が確認されて以来,西日本で分布を拡大しており,真珠やカキの養殖,アサリの生産等に大きな被害をもたらしています。
  • 三重県では英虞湾・五ヶ所湾・阿曽浦の真珠養殖に大きな被害が生じています。今のところ赤潮化を防ぐ方法はなく,被害を防ぐにはアコヤガイ等を赤潮が発生しそうな水域から安全な水域に避難させるしかありません。
  • その他有害プランクトンについては、三重県沿岸域プランクトン図鑑をご覧ください。
#
 

 

 

旧名称と混同しやすい主要な有害プランクトン

  • 三重県でなじみある有害種について,近年,名称が変わるなどした種類です。
 種名 (新)  旧名称
アカシオ サングイネア 

  Akashiwo sanguinea

ギムノディニウム サングイナム

  Gymnodhinium sanguineum

ギムノディニウム ネルソニー

  Gymnodhinium nelsonii  

ギムノディニウム スプレデンス

   Gymnodhinium splendens

カレニア ミキモトイ

  Karenia mikimotoi

ギムノディニウム ミキモトイ

  Gymnodhinium mikimotoi

 ギムノディニウム ナガサキエンセ

  Gymnodhinium nagasakiense

ギムノディニウム属 未同定種(65年型)

  Gymnodhinium sp. type’65

シャットネラ マリーナ

  Chattonella marina

ホルネリア マリーナ

  Hornellia marina

シャットネラ アンティーカ

  Chattonella antiqua

ヘミユートレプティア アンティーカ

  Hemieutreptia antiqua

ヴィシシトゥス グロボースス

  Vicicitus globosus

シャットネラ グロボーサ

  Chattonella globosa

ミリオネクタ ルブラ

      Myrionecta rubra  

 メソディニウム ルブラム

  Mesodinium rubrum      

本ページに関する問い合わせ先

三重県 水産研究所 養殖・環境研究課 〒517-0404 
志摩市浜島町浜島3564-3
電話番号:0599-53-0016 
ファクス番号:0599-53-1843 
メールアドレス:suigi@pref.mie.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000050909