現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 産業 >
  4. 伝統産業・地場産業 >
  5. 三重の伝統工芸品 >
  6.  三重県指定伝統工芸品(中南勢地域)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 三重県営業本部担当課  >
  4.  伝統産業・地域資源活用班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県指定伝統工芸品(中南勢地域)

高田仏壇 高田仏壇
 津市一身田に浄土真宗高田派総本山の専修寺があり、信徒の多い津、鈴鹿周辺に独特の形式を持つ高田仏壇が発生しました。左右の柱に「昇り竜」「下り竜」の彫物が配置され、華麗で腰高であることが特徴です。
阿漕焼 阿漕焼
 江戸時代中期に起こった萬古焼の姉妹窯であった津の安東焼を再興させようと、幕末の頃、倉田久八が開窯したとされています。興亡を繰り返して現在に至っています。
伊勢木綿 伊勢木綿
 古来、農家の副業として木綿生産が行われていました。江戸時代には津藩主藤堂高虎公により奨励され、盛んに生産されるとともに、江戸で伊勢商人が伊勢木綿として売出し、全国に普及していきました。伊勢木綿は先染め木綿ともいわれ、織る前に糸を染める特徴があります。
なすび団扇 なすび団扇
 江戸時代後期、津・藤堂藩士の別所安連(べっしょあんれん)により考案されたなすび型のうちわです。柄をなすびのヘタに見立てたその形は優美で、独特の構造により軽く、丈夫なこのうちわは、物事を「成す」に通ずる縁起良い名と共に将軍家へも献上されました。
竹細工 竹細工
 江戸中期、藤堂藩に招かれた籠師小林苠々斎(こばやしみんみんさい)が大門町でその業を営んだのが始まりとされています。その後、竹材資源の豊富であった津や伊賀地方で盛んに製造されました。
 竹加工技術は機械化が難しいため、手細工を唯一の方法として伝えられ、現在も、伝統的な花籠やざる等を全て手作業で作られています。
深野紙 深野紙
 安土桃山時代、美濃より紙漉き職人を招き、農民が技法を学んだことが始まりとされています。江戸時代末期には紀州藩の幣料紙(藩札用の紙)の製造許可も得るほど、品質・知名度も高い和紙でした。
松阪萬古焼 松阪萬古焼
 江戸時代後期に、佐久間吉郎兵衛信春が窯を築いたことに始まります。この窯が下村焼、徳和錦花山、そして松阪萬古焼となり、現在に至ります。茶道具や国文学者本居宣長にゆかりの陶製の鈴等を作っています。
松阪の猿はじき 松阪の猿はじき
 縁起猿、厄落し猿、厄弾き猿等といわれ、厄払いの意味があります。松阪の岡寺山継松寺が厄除けの寺として知られることから、この縁日の土産物として作られています。明治時代初めには松阪市内で作られていたことがわかっています。
松阪木綿 松阪木綿
 江戸時代初期から農家の副業として生産が盛んとなり、伊勢商人の手により江戸へ運ばれました。安くて丈夫で柄ゆきの新鮮な松阪木綿は江戸で人気を博し、伊勢商人発展の基となるとともに、全国に販路を広げました。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 雇用経済部 三重県営業本部担当課 伝統産業・地域資源活用班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2336 
ファクス番号:059-224-3024 
メールアドレス:eigyo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000041902