現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 産業 >
  4. 公営企業(水道用水供給・工業用水道・電気) >
  5. 企業庁の業務概要 >
  6.  企業庁のとりくみ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 企業庁  >
  3. 企業総務課  >
  4.  企画班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県企業庁

企業庁のとりくみ

三重県企業庁では、環境に配慮した事業運営に努めています。

また、地域に貢献するさまざまな取組みも行っています。

1.環境への配慮

RDF焼却・発電

企業庁の電気事業では、RDF焼却・発電を行っています。これはごみの焼却エネルギーを有効利用した発電方式であり、化石燃料の消費を抑制し、CO2排出抑制に貢献するものとなっています。

#
三重ごみ固形燃料発電所

太陽光発電

浄水場の沈殿地に遮光設備として太陽光パネルを設置し、藻類発生防止等による水質改善を図りながら太陽光発電を行うことで、環境負荷を低減しています。

  • 播磨浄水場(桑名市)・・・365kW
  • 高野浄水場(津市)・・・150kW
  • 北勢水道事務所(四日市市)・・・30kW

太陽光発電施設(高野浄水場)

浄水汚泥の再利用

川から取水した原水からは、浄水場の処理工程において汚泥が発生します。この汚泥を有効利用するため、グラウンド改良材、園芸用培土、セメント原料にリサイクルし、環境負荷の軽減に取り組んでいます。

2.地域貢献

伊坂・山村ダム湖の開放

伊坂ダム、山村ダムの周辺施設を地域住民の憩いの場として開放しています。

週末には、ダム湖周辺の散策や、サイクリングなど、大勢の人で賑わっています。


伊坂・山村サイクリングコース(四日市市)

震災時の応急給水拠点

  浄水場や調整池を利用して、県内の13カ所に「震災時の応急給水拠点」を整備し、被災直後でも一時的な給水が出来る体制を整えています。

(桑名市3ヶ所、四日市市1ヶ所、津市4ヶ所、多気町3ヶ所、伊勢市2ヶ所)


震災時の応急給水拠点

小学生等の社会見学受入れ ~浄水場見学~

県営水道の役割、浄水の仕組み、送水過程等をより具体的に知って頂くために、小学生や希望される団体を対象に浄水場見学を受入れています。

見学者は例年4~5千人の来場者(見学者)があります。

#
小学生の施設見学の様子

本ページに関する問い合わせ先

三重県 企業庁 企業総務課 企画班 〒514-8570 
津市広明町13番地
電話番号:059-224-2822 
ファクス番号:059-224-3045 
メールアドレス:kigyok@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000022841