現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. 統計データライブラリ >
  5. 国勢調査 >
  6. 平成12年国勢調査 >
  7.  生活創造圏別にみた年齢三区分人口割合
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  人口統計班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

生活創造圏別にみた年齢三区分人口割合

昭和35年と平成12年を比較すると、年少人口は鈴鹿・亀山生活創造圏でわずかながら増加している以外は減っており、老年人口は全ての地域で増えています。

桑名・員弁生活創造圏 <図9>

昭和35年には年少人口が28.9%、生産年齢人口が63.9%、老年人口が7.2%の割合でしたが、平成12年には年少人口が15.9%、生産年齢人口が67.8%、老年人口が16.4%になりました。

この地域の人口は40年間で約1.5倍に増えていますが、年少人口はおよそ10分の8に減り、老年人口が約3.5倍に増えています。

桑名・員弁生活創造圏

<図9>

四日市生活創造圏 <図10>

昭和35年には年少人口が26.8%、生産年齢人口が67.6%、老年人口5.7%の割合でしたが、平成12年には年少人口が15.8%、生産年齢人口が67.9%、老年人口が16.1%になりました。

この地域の人口は40年間で約1.5倍に増えていますが、年少人口はおよそ10分の9に減り、老年人口が約4.2倍に増えています。

四日市生活創造圏

<図10>

鈴鹿・亀山生活創造圏 <図11>

昭和35年には年少人口が27.7%、生産年齢人口が65.1%、老年人口が7.2%の割合でしたが、平成12年には年少人口が16.3%、生産年齢人口が68.4%、老年人口が15.3%になりました。

この地域の人口は40年間で約1.7倍に増え、年少人口もわずかに増えています。

鈴鹿・亀山生活創造圏

<図11>

津・久居生活創造圏 <図12>

昭和35年には年少人口が27.5%、生産年齢人口が65.1%、老年人口が7.4%の割合でしたが、平成12年には年少人口が14.6%、生産年齢人口が66.1%、老年人口が19.3%になりました。

この地域の人口は40年間で約1.3倍に増えていますが、年少人口はおよそ10分の7に減り、老年人口が約3.3倍に増えています。

津・久居生活創造圏

<図12>

松阪・紀勢生活創造圏 <図13>

昭和35年には年少人口が29.7%、生産年齢人口が62.6%、老年人口が7.7%の割合でしたが、平成12年には年少人口が14.6%、生産年齢人口が63.8%、老年人口が21.6%になりました。

この地域の人口は40年間でわずかながら増えていますが、年少人口は約2分の1に減り、老年人口が約2.9倍に増えています。

松阪・紀勢生活創造圏

<図13>

伊勢志摩生活創造圏 <図14>

昭和35年には年少人口が30.7%、生産年齢人口が62.0%、老年人口7.3%の割合でしたが、平成12年には年少人口が14.8%、生産年齢人口が63.2%、老年人口が21.9%になりました。

この地域の人口は40年間でわずかながら減り、年少人口が約2分の1になっていますが、老年人口は約2.9倍に増えています。

伊勢志摩生活創造圏

<図14>

伊賀生活創造圏 <図15>

昭和35年には年少人口が26.8%、生産年齢人口が64.6%、老年人口が8.6%の割合でしたが、平成12年には年少人口が15.2%、生産年齢人口が65.4%、老年人口が19.4%になりました。

この地域の人口は40年間で約1.4倍に増えていますが、年少人口はおよそ10分の8に減り、老年人口が約3.2倍に増えています。

伊賀生活創造圏

<図15>

尾鷲生活創造圏 <図16>

昭和35年には年少人口が31.5%、生産年齢人口が61.8%、老年人口が6.6%の割合でしたが、平成12年には年少人口が13.1%、生産年齢人口が59.2%、老年人口が27.5%になりました。

この地域の人口は40年間でおよそ10分の7に減り、年少人口はおよそ10分の3に減っていますが、老年人口は約2.9倍に増えています。

尾鷲生活創造圏

<図16>

熊野生活創造圏 <図17>

昭和35年には年少人口が33.8%、生産年齢人口が58.3%、老年人口が7.9%の割合でしたが、平成12年には年少人口が14.2%、生産年齢人口が57.8%、老年人口が28.0%になりました。

この地域の人口は40年間でおよそ10分の7に減り、年少人口はおよそ10分の3に減っていますが、老年人口は約2.5倍に増えています。

熊野生活創造圏

<図17>

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 人口統計班 〒514-0004 
津市栄町1丁目954(栄町庁舎2階)
電話番号:059-224-2044 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000014494