現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. みえDATABOX(三重の統計) >
  4. 統計データライブラリ >
  5. 消費者物価の動き >
  6. 平成23年分 >
  7.  消費者物価の動き(平成23年7月)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 戦略企画部  >
  3. 統計課  >
  4.  消費・生活統計班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の統計 - みえDataBox

消費者物価の動き(平成23年7月)

平成23年9月2日
三重県政策部統計室
消費・生活統計グループ
電話059-224-2051

平成23年7月の消費者物価の概況

1 三重県消費者物価指数の概況

平成23年7月の三重県消費者物価指数(津・松阪・桑名・伊賀・尾鷲の5市平均)は、総合指数で100.1(平成22年=100)となり、対前月比は0.1%の上昇、対前年同月比は0.5%の上昇でした。

前月に比べ
上昇した主な費目
果物

4.4%  

 (生鮮果物 4.7%)
交通 1.7%

 

教養娯楽サービス

1.4%

 

前月に比べ
下落した主な費目
衣料 △4.3%  

シャツ・セーター・下着類

△3.3%

 

他の被服類 △2.9%

 

2 費目別の動き(対前月比)

 ○食料は100.0となり、0.2%の上昇でした。
 ○住居は99.7となり、前月と同じでした。
 ○光熱・水道は103.6となり、0.8%の上昇でした。
 ○家具・家事用品は96.8となり、0.8%の下落でした。
 ○被服及び履物は98.2となり、3.1%の下落でした。
 ○保健医療は98.9となり、0.9%の下落でした。
 ○交通・通信は101.6となり、0.6%の上昇でした。
 ○教育は95.8となり、前月と同じでした。
 ○教養娯楽は98.2となり、0.6%の上昇でした。
 ○諸雑費は103.6となり、0.1%の下落でした。

平成23年7月の消費者物価指数です。三重県は100.1、全国は99.7でした。 

           ※平成22年12月までの全国指数の対前年同月比は、総務省統計局が公表していないため、掲載しておりません。

1) 三重県(5市平均)の総合指数、生鮮食品を除く総合指数、食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数の動きの比較

 

総合指数の動きを年で比較しています。平成23年7月は前年同月を上回り、前々年同月と同じです。

生鮮食品を除く総合指数の動きです。平成23年7月は前年同月を上回り、前々年同月を下回っています。

食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数の動きです。平成23年7月は前年同月、前々年同月を下回っています。 

2) 最近3ケ月の10大費目の三重県指数の動向(平成22年=100)

最近3ヶ月の10大費目の三重県の指数の動向です。前月に比べ、食料、光熱・水道、交通・通信、教養娯楽が上昇し、家具・家事用品、被服及び履物、保健医療、諸雑費が下落しております。また、住居、教育は前月と同じです。

3) この1年間の三重県(5市平均)と津市、松阪市の総合指数の比較(平成22年=100)

この1年間の三重県と県内2市の総合指数値です。三重県総合指数に対して津市がやや高く推移し、松阪市がやや低く推移しています。

4) 三重県及び2市(津、松阪)の最近3ケ月の総合指数の対前月上昇率

三重県と県内3市の総合指数の、ここ3ヶ月間の対前月上昇率です。平成23年7月は三重県、津市で前月より上昇し、松阪市で前月より下落しております。

※ 尾鷲市については調査区設定替えにより、価格取集数が減少したため非掲載とします。

          伊賀市、桑名市については、平成22年基準改定により価格収集数が減少したため非掲載とします 。

5) 当月の全国、三重県、津市の10大費目指数の比較(平成22年=100)

平成23年7月の全国・三重県・津市の10大費目指数です。家具・家事用品、教育、教養娯楽で差がついています。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 戦略企画部 統計課 消費・生活統計班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2051 
ファクス番号:059-224-2046 
メールアドレス:tokei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000013852