現在位置:
  1. トップページ >
  2. スポーツ・教育・文化 >
  3. 学校教育 >
  4. 奨学金・授業料・給付金 >
  5. 高校生等奨学給付金(奨学のための給付金) >
  6.  高校生等奨学給付金(奨学のための給付金)制度
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  教育委員会事務局  >
  3. 教育財務課  >
  4.  修学支援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の教育 - 三重県教育委員会ホームページ

高校生等奨学給付金


 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、令和2年度5月から、制度を拡充した家計急変世帯の方向けの案内はこちらをご覧ください。また、オンライン学習に係る通信費相当の追加給付申請が可能となりました。

 三重県教育委員会では、授業料以外の教育費負担軽減のため、国公立高等学校等に通う高校生等のいる低所得世帯に対し、高校生等奨学給付金を支給します。(県外の方は、こちらをご覧ください。文部科学省のホームページに移行します。)  

制度案内(173KB) 日本語

制度案内(778KB) 英語  

制度案内(494KB) スペイン語

制度案内(881KB) ポルトガル語 

制度案内(820KB) フィリピノ語

制度案内(210KB) 中国語 
 

私立高等学校等に在籍の方は、三重県環境生活部私学課(電話059-224-2161)へお問い合わせください。

対象者(次のすべての要件を満たす方が対象です。)

  •  生業扶助受給世帯(生活保護世帯)(※)又は保護者等全員の道府県民税所得割及び市町村民税所得割が非課税である世帯(保護者等のいずれかが海外に居住している場合は対象外。)
  •  高等学校等就学支援金の支給を受ける資格を有する高校生等(特別支援学校高等部に在籍している生徒、児童入所施設に入所している生徒、里親に養育されている生徒を除く。)のいる世帯(7月1日現在、休学している場合は対象外。)
  • 保護者等三重県内に在住している世帯

※令和2年7月1日現在、生活保護を受けている方で、令和元(平成31)年分所得にかかる令和2年度道府県民税所得割及び市町村民税所得割に課税がある場合は、通学されている高等学校等又は三重県教育委員会事務局教育財務課(電話059-224-2827)へ速やかに連絡してください。

申請時期

令和2年7月
※上記の要件を全て満たす場合には、各学校担当者に申し出てください。申請書類をお渡しします。
※各学校毎に締切がありますので、厳守してください。
※県外の高等学校等に在籍する生徒の保護者の方は、下記問い合わせ先まで直接お問い合わせください。

給付額等(国公立)

世帯種別

国公立

国公立(通信費相当追加後)※

生業扶助受給世帯(全日・定時・通信制)
(生活保護世帯)

32,300円

32,300円

非課税世帯
(全日・定時制)
(生業扶助受給世帯を除く)

第1子

84,000円

94,000円

第2子以降

129,700円

139,700円

非課税世帯(通信制)
(生業扶助受給世帯を除く)

36,500円

46,500円
専攻科 36,500円 46,500円
※令和2年度は、非課税世帯を対象に、オンライン学習に係る通信費相当分を追加します。
生活保護受給世帯については、生活保護費(生業扶助)により措置されます。
1 年1回(※1)、申請のあった指定口座(※2)に振り込みます。
  ※1 通算3回(定時制・通信制の場合は4回、専攻科は2回)を上限とします。
  ※2 学校に受領を委任された方は、学校へ直接振り込みます。
2 給付額は、世帯の状況により変わります。(上表参照)
3 本制度は、給付型奨学金制度のため、返還の必要はありません。
4 高校生等奨学給付金には他の奨学金・給付金との併給に関する制限はありませんが、高校生等奨学給付金を受給することにより他の奨学金・給付金を受給できなくなる場合がありますので、ご注意ください。

 

申請書類等

高校生等奨学給付金申請書類一覧のページをご覧ください。

※制度の概要(給付額等)は、状況により変更となる場合があります。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 教育委員会事務局 教育財務課 修学支援班(奨学給付金担当) 電話番号:059-224-2827 
ファクス番号:059-224-2319 
メールアドレス:kyozaimu@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000024431