現在位置:
  1. トップページ >
  2. 県政・お知らせ情報 >
  3. お知らせ情報 >
  4. 企画提案コンペ等情報(公告・結果) >
  5.  「パートナーとともに行う育児」推進事業業務委託にかかる企画提案コンペを実施します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  子ども・福祉部  >
  3. 少子化対策課  >
  4.  少子化対策・子ども応援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
令和03年03月24日

「パートナーとともに行う育児」推進事業業務委託にかかる企画提案コンペを実施します

 「パートナーとともに行う育児」推進事業業務委託にかかる企画提案コンペを下記のとおり実施します。
 (詳細は添付ファイルをご確認ください。)

1 企画提案コンペの目的
 この企画提案コンペは、「男性育児参画の質の向上」に向けて、これから父親となる方を主な対象に、市町や企業等と連携しながら、令和の時代に相応しい内容と実施方法によるプレパパ教室をワークショップ形式でモデル的に開催し、実践を通じてその必要性を発信するとともに、ワークショップ後も育児の悩みが相談できるコミュニティづくりの支援を行うこと、また、ワークショップ開催に必要なノウハウや手順等を整理して、県内で「パートナーとともに行う育児」に向けたワークショップの実践を広く定着させることを目的に実施する「パートナーとともに行う育児」推進事業に係る業務を委託することを目的として実施します。

2 委託業務の概要
(1)委託業務名 「パートナーとともに行う育児」推進事業業務委託
(2)業務内容  別紙「「パートナーとともに行う育児」推進事業業務委託仕様書」(以下、「仕様書」という。)のとおり。

3 契約上限額  2,769,012円(消費税及び地方消費税を含む)

4 企画提案コンペの参加要件
 参加者資格
 ア 法人格を有する企業・団体であること。
 イ 企画提案コンペ参加資格確認申請書(様式1)及び同確認申請書3に記載の添付書類を提出した者で
   あること。
 ウ 当該企画提案コンペに係る契約を締結する能力を有しない者又は破産者で復権を得ない者でない
   こと。
 エ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第32条第1項各号に掲
   げる者でないこと。
 オ 三重県から入札参加資格(指名)停止を受けている期間中でない者であること。
 カ 三重県物件関係落札資格停止要綱により落札資格停止措置を受けている期間中である者又は同要綱に
   定める落札資格停止要件に該当する者でないこと。
 キ 三重県が賦課徴収する税又は地方消費税を滞納している者でないこと。

5 企画提案コンペの実施方法
 提案者は、下記に定める企画提案資料を提出期限までに提出することとします。
 提出された企画提案資料について、別に設置する「「パートナーとともに行う育児」推進事業業務委託
企画提案コンペ選定委員会」(以下、「選定委員会」という。)において、総合的に審査のうえ最優秀提
案を選定し、その提案を提出したものと委託契約を締結します。 
 なお、最優秀提案は、条件を付与したうえで選定する場合があります。(提案者は、付与された条件
を承諾できない場合は、提案を取り下げることができます。)

(1)提出を求める企画提案資料及び提出部数
 ア 企画提案コンペ参加資格確認申請書(様式1)・・・・・ 1部
  ※「登記簿謄本」等の要添付書類(コピー可)を含む。
 イ 見積書(様式任意)・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1部
  ※見積書には、委託内容の項目ごとに積算内訳(単価基礎、単価、数量等)を示した金額を表示する
   こと。
 ウ 企画提案書(様式任意)・・・・・・・・・・・・・・・ 8部
  ※A4サイズ20ページ以内(表紙を除く)で作成することとし、以下の①~⑤の項目については、
   企画提案書に必ず記載すること。
  ①「パートナーとともに行う育児」ワークショップについて
  ・市町や企業等と連携して実施する工夫
  ・ワークショップの内容、進め方、コンテンツ等
  ・より多くの対象者に参加を促す工夫
  ・実施回数、参加人数、スケジュール
  ・ワークショップの講師(ファシリテーター)※プロフィール、選定理由を記載
  ・アンケートの実施方法、内容、結果の分析について
  ・講師や参加者同士のコミュニティ形成に向けた支援
  ②NEXT親世代を対象としたワークショップについて
  ・NEXT親世代に啓発する際の工夫等
  ・ワークショップの実施方法、コンテンツ等
  ③ワークショップの継続開催に向けたコンテンツ作成
  ・市町や企業等の主催により数多く開催されるための工夫
  ・ファシリテート手順書の作成方針、内容等
  ・ワークシートや動画コンテンツ等の内容等
  ④実施体制
  ・事業の実施体制(責任者、担当者等)※プロフィール等を記載
  ・市町や企業等との連携体制、連携の担当者 ※プロフィール等を記載
  ・参加者のフォロー体制、担当者 ※プロフィール等を記載
  ・これまでの類似業務の実績等
  ⑤全体スケジュール
  ・契約日から事業終了までの全体スケジュール
 エ 提案事業者の概要書

(2)提出期限
 ・5(1)アに関するもの    令和3年4月5日(月)12時必着
 ・5(1)イ~エに関するもの  令和3年4月12日(月)12時必着
(3)提出先 〒514-8570 三重県津市広明町13番地 三重県庁2階   
               三重県子ども・福祉部少子化対策課
(4)提出方法 上記提出先へ持参又は郵便による送付に限る。
(5)受理の確認 参加資格確認申請書、企画提案書等を郵送で提出する場合は、提出期限までに電話で
   担当課に書類受理の確認をすること。
(6)第1次審査(書類審査)の実施
   ・実施日時 令和3年4月14日(水)を予定
    なお、申込数が5者以下の場合は、第1次審査を省略します。
(7)第2次審査(プレゼンテーション審査)の実施
  ア 実施日時 令和3年4月19日(月)を予定
  イ 実施場所 三重県庁内または三重県庁周辺の会議室
   ※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、オンラインでの審査になることがあります。
   ※詳細は対象事業者に別途お伝えします。
  ウ 内容 プレゼンテーション15分、質疑10分(予定)
(8)選定のための評価基準
   評価項目と観点は、添付参加仕様書をご確認ください。
(9)審査の結果
  ア 第1次審査(書類審査)
    審査により5者を決定した後、提案したすべての方に対して速やかに通知します。
    なお、見積書に不備(見積内訳書の提出がない、見積額と見積内訳書の金額が一致しない、一括
    値引きや減額の項目が計上されている、記載すべき項目が欠けている)がある場合は、応募者数
    が5者以内の場合であっても第2次審査に参加できないものとします。
  イ 第2次審査(プレゼンテーション審査)
    審査の結果は、最優秀受託候補者を決定した後、提案したすべての方に対して速やかに通知しま
    す。

6 最優秀受託候補者に提出を求める資料の内容
(1)消費税及び地方消費税についての「納税証明書(その3 未納税額がないこと用)」(所管税務署
  が企画提案書提出期限の6ヶ月前までに発行したもの)の写し
(2)三重県内に本支店又は営業所等を有する事業者にあっては、県税についての「納税確認書」(三重
  県の県税事務所が企画提案書提出期限の6ヶ月前までに発行したものの写し。
(3)契約実績証明書(様式2)
   過去3年の間に当該契約と規模をほぼ同じくする契約を締結し、当該契約を履行した実績の有無を
  示す証明書

7 その他
(1)企画提案に要する費用はコンペ参加者の負担とします。
(2)企画提案資料は返却しません。


関連資料

  • 参加仕様書(PDF(590KB))
  • 業務委託仕様書(PDF(651KB))
  • 個人情報保護特記事項(PDF(426KB))
  • (様式1)参加資格確認申請書(word)(ワード(45KB))
  • (様式1)参加資格確認申請書(PDF)(PDF(356KB))
  • (様式2)契約実績証明書(word)(ワード(33KB))
  • (様式2)契約実績証明書(PDF)(PDF(264KB))

本ページに関する問い合わせ先

三重県 子ども・福祉部 少子化対策課 少子化対策・子ども応援班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2404 
ファクス番号:059-224-2270 
メールアドレス:shoshika@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000248899