現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 産業 >
  4.  三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)早期支給について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 中小企業・サービス産業振興課
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)早期支給について


【重要】2月19日更新
 三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)早期支給の申請受付は2月18日(金)をもって終了しました。
 要請期間終了後に本申請の申請受付を行いますので、早期支給額を除いた残額分又は早期支給を申請しなかった方については、要請期間終了後の本申請をお申し込みください。(早期支給の有無で支給総額に違いはありません。)
 引き続き、感染拡大防止のため時短要請等にご協力をお願いいたします。



【重要】2月10日更新
 要請期間の延長に伴い、2月18日(金)まで受付期間を延長しました。


【重要2月8日更新
 三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)早期支給の申請受付は2月7日(月)をもって終了しました。
 要請期間終了後に本申請の申請受付を行いますので、早期支給額を除いた残額分又は早期支給を申請しなかった方については、要請期間終了後の本申請をお申し込みください。(早期支給の有無で支給総額に違いはありません。)
 引き続き、感染拡大防止のため時短要請等にご協力をお願いいたします。


【重要】1月31日更新
 東紀州地域の申請受付要項及び必要書類を修正しました。

【重要】1月28日更新
 東紀州地域(尾鷲市、紀北町、熊野市、御浜町、紀宝町)が重点措置区域に追加されたため、本ページの内容を修正しました。

 
 ※早期支給については、郵送での資料送付を行っておりません。本ホームページからダウンロードいただきますようにお願いします。

 

1 趣旨

 本県における三重県まん延防止等重点措置期間である令和4年1月21日(東紀州地域においては、令和4年1月31日)から3月6日の間、県の要請に応じて、時短営業の対象となる店舗(以下「対象店舗」という。)の時短営業に全面的にご協力いただける飲食店事業者のうち、早期支給を希望する事業者に対して、要請期間終了後に受け付ける申請(以下「本申請」という)に先立って、「三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)」の一部(当初指定された24日間のうち12日分(東紀州地域においては当初指定された14日間のうち7日分))を早期支給します。

 

2 制度概要

 以下のチラシ及びQ&Aをご確認ください。
 
チラシ ○(当初地域版)三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)早期支給のご案内(PDFファイル)(2月10日更新)
○(東紀州地域版)三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)早期支給のご案内(PDFファイル)(2月10日更新)
Q&A 本協力金の早期支給に関するよくある質問と回答については、以下をご確認ください。

○飲食店時短要請等協力金(第6期)早期支給 Q&A(PDFファイル)(2月10日更新)
※随時更新しますので、ご確認ください。
 
※留意事項※
以下の留意事項を必ずご確認ください。

・早期支給は、協力金の一部の請求を要請期間終了を待たずに受け付ける制度であり、残額については、要請期間終了後の「本申請」をしていただき、審査ののちにお支払いします。なお、本申請の審査にて協力金の支給対象ではないことが判明した場合は、早期支給済みの協力金全額を返還していただくことになりますので、あらかじめご了承ください。
本申請の受付期間や手続きについては、後日お知らせします。

本申請をしていただけない場合、協力金の申請を辞退したものとみなされ、残額をお支払いできないだけでなく、早期支給済みの協力金全額を返還していただくことになりますので、必ず本申請を行ってください。

・早期支給を希望されない場合は、要請期間終了後の本申請で、全額を一括で受け取ることが可能です。早期支給を希望する場合と、希望しない場合で、協力金の総額に違いはありません。

・申請書の記載誤りや添付書類の不足など、内容に不備がある場合はお問合せをさせていただくことがあります。なお、提出書類に不備があった場合は早期支給ができなくなることがありますので、あらかじめご承知おきいただくとともに、不備がないよう、申請前に十分ご確認ください。

・令和3年4月26日から10月14日にかけて実施した三重県飲食店時短要請等協力金第1期から第5期のいずれかひとつでも不支給となった方は、早期支給を申請していただくことはできません。

・振込口座は、第1期から第5期のいずれかで使用したものを指定してください。これ以外の口座に振り込むことはできません。
 

3 対象地域・支給要件・支給額など 

(1)主な支給要件等

 
対象地域 当初地域(要請期間:令和4年1月21日から3月6日)
重点措置区域:桑名市、いなべ市、木曽岬町、東員町、四日市市、菰野町、朝日町、川越町、鈴鹿市、亀山市、津市、松阪市、多気町、明和町、大台町、伊勢市、鳥羽市、志摩市、玉城町、南伊勢町、度会町、大紀町、名張市、伊賀市 
東紀州地域(要請期間:令和4年1月31日から3月6日)
重点措置区域:尾鷲市、紀北町、熊野市、御浜町、紀宝町
対象店舗 対象地域内の通常時に20時(※1)を越えて営業する飲食店(※2)
(※1)認証店が21時までの時短営業を選択する場合は、21時を越えて営業している店舗に限る。
(※2)飲食店には、次の店舗も含みます。①遊興施設のうち食品衛生法上の飲食店営業許可を受けている飲食を主として業としていない店舗(カラオケ店等)及び飲食店(バー等)、②飲食店食品衛生法上の飲食店営業許可を受けている結婚式場等(ホテル又は旅館(集会の用に供する部分に限る)において結婚式を行う場合も同様)
要請内容 認証店 非認証店
以下【1】又は【2】のいずれかの対応が選択可能です。
【1】21時までの時短営業の場合
・対象地域の店舗で営業時間を21時までとすること。
・同一グループの同一テーブルでの利用は原則4人以下とすること
業種別ガイドラインを遵守すること
※この場合、酒類の提供は可能です。

【2】20時までの時短営業の場合
・対象地域の店舗で営業時間を20時までとすること
・終日、酒類の提供を行わないこと(利用者による酒類の店内持込を含む)
・同一グループの同一テーブルでの利用は原則4人以下とすること
業種別ガイドラインを遵守すること

・対象地域の店舗で営業時間を20時までとすること
・終日、酒類の提供を行わないこと(利用者による酒類の店内持込を含む)
・同一グループの同一テーブルでの利用は原則4人以下とすること
業種別ガイドラインを遵守すること
主な支給要件 ※ご注意ください※
時短要請等の対象外の店舗が時短営業等をしていただいても、協力金は支給されません。
「飲食店時短要請等協力金(第6期)想定Q&A」や「時短要請の対象となる飲食店の範囲について」をご覧いただき、ご自身の店舗が要請対象かどうかご確認ください。
(ご不明な場合は、三重県飲食店時短要請等協力金相談窓口までお問い合わせください。)

早期支給の対象となるか、以下のフローチャートにてご確認のうえ申請してください。
※フローチャートはあくまで参考です。必ず申請受付要項をご確認ください。

  ○(当初地域版)三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)早期支給対象者確認フローチャート(PDFファイル)(2月10日更新)
   ○(東紀州地域版)三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)早期支給対象者確認フローチャート(PDFファイル)(2月10日更新)


以下の全ての要件に当てはまる方が対象となります。
●令和4年1月21日(東紀州地域については令和4年1月31日)以降の時短要請等に応じていただいていること

●三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)の支給対象事業者であること

 →支給要件等はコチラをご確認ください。

●令和3年4月26日から10月14日にかけて実施した三重県飲食店時短要請等協力金(第1期から第5期のいずれか)について受給実績があり、かつ、不支給となっていないこと
 
※現在審査中の方も早期支給の申請が可能ですが、早期支給の申請があることを理由に審査を優先的に進めることはできませんので、あらかじめご了承ください。

●中小企業または小規模企業(個人事業主を含む)の事業者であること

●要請期間終了後の本申請を売上高方式で申請すること
 
※本申請の際に売上高減少額方式に変更することはできません。

※早期支給の対象とならない場合でも、協力金の支給要件に該当すれば時短要請期間終了後の本申請を申し込むことができます。
 

(2)支給額

 「三重県まん延防止等重点措置」(当初指定された24日間のうち前半12日間、東紀州においては当初指定された14日間のうち前半7日間)を対象に、重点措置区域に適用される売上高方式の下限額を日額として算出します。
 なお、売上高に応じて算出した総支給額と早期支給分との差額については、後日受付を行う本申請における審査ののち、追加支給します

◆1店舗あたり 一律30万円(東紀州地域においては17.5万円)

<支給額の考え方>
 1日あたり2.5万円(県内における売上高方式の下限額)×12日間=30万円(当初地域)
 1日あたり2.5万円(県内における売上高方式の下限額)×7日間=17.5万円(東紀州地域)

(当初地域版)<早期支給と本申請の支給額イメージ>
※1/21から3/6の間時短要請に応じ、協力金日額単価が下限額の場合のイメージ


※赤字部分が早期支給分です。
※早期支給分として請求できる30万円以外の残額(黄色部分)
①の場合は、105万円となります。
②の場合は、82.5万円となります。
※売上高に応じて算出した総支給額と早期支給分との差額については、後日受付を行う本申請における審査ののち、追加支給します。
※早期支給の申請を行わず、要請期間終了後の本申請により、協力金総額を一括して請求することも可能です。

(東紀州地域版)<早期支給と本申請の支給額イメージ>
※1/31から3/6の間時短要請に応じ、協力金日額単価が下限額の場合のイメージ


※赤字部分が早期支給分です。
※早期支給分として請求できる17.5万円以外の残額(黄色部分)
①の場合は、87.5万円となります。
②の場合は、70万円となります。
※売上高に応じて算出した総支給額と早期支給分との差額については、後日受付を行う本申請における審査ののち、追加支給します。
※早期支給の申請を行わず、要請期間終了後の本申請により、協力金総額を一括して請求することも可能です。
 

4 申請手続

(1)申請受付期間


※三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)の申請受付は終了しました。

◆申請受付期間:(当初地域)令和4年1月27日(木)から令和4年2月18日(金)(当日消印有効)

          (東紀州地域)令和4年1月31日(月)から令和4年2月18日(金)(当日消印有効)

※受付期間終了後の提出は一切受付できません。この場合、要請期間終了後の本申請をお申込みください。
 

(2)申請受付要項

 申請にあたっては、必ず、申請受付要項の内容をよく読み、必要書類を確認のうえ申請してください。

(当初地域版)三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)【早期支給】申請受付要項(PDFファイル)(2月10日更新)
(東紀州地域版)三重県飲食店時短要請等協力金(第6期)【早期支給】申請受付要項(PDFファイル)(2月10日更新)
 

(3)申請に必要な書類

 以下の書類を準備し、提出してください。
 なお、提出書類に不備があった場合、早期支給できなくなることがありますので、不備がないよう申請前に十分ご確認ください。
 ※申請書類提出の際に誓約書の添付忘れが発生しています。発送前に必ずご確認のうえご提出ください。

<必要な書類>
      当初地域 東紀州地域
必須書類 三重県時短要請等協力金(第6期)支給申請書兼請求書【早期支給分】
【第1号様式】
(当初地域版)PDFファイル(記入例)
(東紀州地域版)PDFファイル(記入例)
PDFファイル
Wordファイル
PDFファイル
Wordファイル
誓約書【第2号様式】

PDFファイル
Wordファイル

 
PDFファイル
Wordファイル
必要な場合のみ 申請店舗の名称【別紙1】
※5店舗以上申請する場合に使用してください。
PDFファイル
Excelファイル
店舗に関する申告書【別紙2】
※第1期から第5期で申請した店舗と今回申請する店舗が異なる場合に使用してください。
PDFファイル
Wordファイル
新規開業したことがわかる資料(告知チラシ、ホームページやSNSの写し等)
 

(4)申請方法

申請書類の提出は、郵送のみ受け付けます。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から持参による申請は一切受付できません。
※料金が不足する場合は受付できませんので、発送前に必ず送料をご確認のうえご提出ください。
 
<宛先>
 〒514-8799 津中央郵便局留
三重県飲食店時短要請等協力金事務局 宛
 <第6期・早期支給申請>
※他の申請書類と区別するため、必ず、早期支給の申請であることを明記してください。
※切手を貼付けのうえ、必ず、封筒のウラ面に差出人の住所及び氏名を記載してください。
※必ず、レターパックや簡易書留等、郵便物の追跡ができる方法で郵送してください。

<封筒貼付用宛名用紙について>
 書類をご提出いただく際にあて名書きを省略できるよう、封筒貼付用宛名用紙をご用意しておりますので、ご活用ください。
 ○参考様式:
   (当初地域版)角形2号・長形3号封筒用:封筒貼付用宛名用紙(申請手続用)(PDFファイル)
 (当初地域版)レターパック用:封筒貼付用宛名用紙(申請手続用)(PDFファイル)

   (東紀州地域版)角形2号・長形3号封筒用:封筒貼付用宛名用紙(申請手続用)(PDFファイル)
 (東紀州地域版)レターパック用:封筒貼付用宛名用紙(申請手続用)(PDFファイル)
 

5 相談窓口

 本協力金に関するお問い合わせは、以下の相談窓口にお問い合わせください。
 ※窓口での相談は受け付けておりません。お電話にて以下の相談窓口にお問い合わせください。
 
◆三重県飲食店時短要請等協力金相談窓口◆
電話番号:059-224-2335
受付期間:令和4年3月18日(金)まで
受付時間:平日の9時から17時 ※土日祝は除く
   

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県飲食店時短要請等協力金相談窓口 電話番号:059-224-2335 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000258483