現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 子ども・少子化対策 >
  4. 子育て >
  5. みえ次世代育成応援ネットワーク >
  6.  【みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクト】桜丘中学高等学校ハンドベル部の実践報告
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2.  子ども・福祉部  >
  3. 少子化対策課  >
  4.  少子化対策・子ども応援班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

【みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクト】
              桜丘中学高等学校ハンドベル部の実践報告

【プロジェクトタイトル】   ハンドベルの音色でコロナに打ち勝つ!!

【取組者】          桜丘中学高等学校ハンドベル部


   

【プロジェクトの概要】
ハンドベルの演奏を動画で撮影してYOUTUBEに投稿することで、地域の人たちにハンドベルの音色を届けたい!

支援企業
アクレインシステム株式会社 代表取締役 堀江 宙 さま


【取組結果・感想】
 このプロジェクトに参加しようと思ったのは、1年に15回ほどあった演奏会がコロナ禍により中止になり、校外での演奏の機会が全く無くなったためです。
 「ハンドベルの演奏を通して暖かい交流を持つ」という機会が無くなったことから、そんな状況を見かねた先輩方がこの企画を見つけてくださったことが、「みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクト」への参加のきっかけとなりました。
 活動内容としては、演奏会が開けないため、ハンドベルの演奏をYOUTUBEで発信しようと考え、アクレインシステム株式会社の堀江さんのお力添えでハンドベルの演奏を撮影した動画を作成しました。
 配信したYOUTUBE動画を見ていただいた地元の方々からは、「懐かしい気持ちになった」、「コロナが収束して早く演奏に来てほしい」というお声をいただきました。
 私たちハンドベル部の部員のほとんどは楽器を触ったことすらないような初心者ばかりですが、ハンドベル演奏や演奏会を通して色々なことを学んできました。
 コロナ禍で部活の制限もなされていて、思うように活動することができない中、「みえの子ども「夢☆実☆現」応援プロジェクト」に参加できたことにより、人と関わることの大切さや責任感、そして演奏することの楽しさ、嬉しさを部員全員が再確認できたと思います。
 今後、コロナがどうなるかわかりませんが、演奏会ができない状況が続くようならば、これからもYOUTUBEでの発信を続けていきたいと思います。
 ハンドベルは一人でも欠けると演奏が成立しない楽器です。各自、自分のポジションに責任をもって練習することやお互いを大切にすることを心掛けています。
 これからもこの気持ちを大切にしながら、演奏活動を広めていけるように努力していきます。






 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 子ども・福祉部 少子化対策課 少子化対策・子ども応援班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁2階)
電話番号:059-224-2404 
ファクス番号:059-224-2270 
メールアドレス:shoshika@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000261468