現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 感染症 >
  5. 感染症対策 >
  6.  世界エイズデーにあわせて臨時HIV検査及び街頭啓発を実施します
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 薬務感染症対策課  >
  4.  感染症対策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line
平成29年11月22日

世界エイズデーにあわせて臨時HIV検査及び街頭啓発を実施します
~12月1日は「世界エイズデー」 UPDATE! エイズのイメージを変えよう~

 三重県では、エイズのまん延防止と、患者・感染者に対する差別・偏見をなくすため、12月1日の世界エイズデーにあわせて臨時HIV検査及び街頭啓発を行います。
 エイズは治療法が進歩した結果、感染の早期発見と早期治療によって、発症をほぼ防ぐことができるようになりました。しかし、現状はそのような情報が十分に伝わっているとは言えず、HIV/エイズに対する関心が薄れています。
 この機会に情報をUPDATE(更新)して、エイズのイメージを変えましょう。また、少しでも感染の心配のある人は検査を受けましょう。

1 臨時HIV検査について(無料・匿名・予約不要)
  12月5日(火) 14時00分から15時30分 津保健所(津市桜橋3-446-34)(即日)
  12月5日(火) 17時30分から19時00分 鈴鹿保健所(鈴鹿市西条5-117)(即日)
  12月5日(火) 17時30分から19時00分 伊勢保健所(伊勢市勢田町628-2)(通常)
  12月12日(火)17時30分から19時00分 松阪保健所(松阪市高町138)(即日)
  ※即日:即日検査を実施します。検査結果は当日お伝えしますが、検査の特性上、確認検査が必要にな
  ることがあります。この場合は、約1週間後に再度来所していただき、結果をお伝えします。
  ※通常:通常検査を実施します。約1週間後に再度来所していただき、結果をお伝えします。

2 街頭啓発について
  12月1日(金) 7時30分から8時30分まで   松阪駅北口・南口周辺
  12月1日(金) 7時40分から8時30分まで   桑名駅東口周辺
  12月1日(金) 7時45分から8時30分まで   平田町駅前
  12月1日(金) 7時45分から9時00分まで   津駅東口・西口周辺
  12月1日(金) 7時45分から8時15分まで   尾鷲高校正門前(尾鷲市古戸野町3-12)
  12月1日(金) 8時00分から9時00分まで   宇治山田駅前
  12月1日(金) 8時10分から8時40分まで   熊野市駅前
  12月1日(金) 16時30分から18時00分まで アピタ伊賀上野店(伊賀市服部町1788)
  12月16日(土)10時00分から14時00分まで 伊勢赤十字病院 ゆずりは祭
                            (伊勢市船江1丁目471-2)
  ※啓発時間は、天候等により変更する場合があります。

○四日市市保健所においても、臨時HIV検査及び街頭啓発を実施します。
・臨時HIV検査
 12月6日(水) 17時30分から19時00分 四日市市保健所(四日市市諏訪町2-2)(通常)
・街頭啓発
 11月26日(日)14時00分から15時00分 近鉄四日市駅北ふれあいモール
                         (四日市市諏訪栄町7-34)

(参考)「世界エイズデー」について
 世界保健機関(WHO)は、1988年に世界的レベルでのエイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、12月1日を“World AIDS Day”(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱し、本年で30回目を迎えます。
 また、厚生労働省においても、その趣旨に賛同し、毎年12月1日を中心にエイズに関する正しい知識等についての啓発活動を推進しており、全国各地で様々な「世界エイズデー」イベントが実施されています。

(参考)県内のHIV検査・相談
 三重県の保健所では、年間を通じて無料・匿名のHIV検査・エイズ相談を行っています。
 併せて、B型・C型肝炎ウイルス検査及び梅毒の検査・相談も行っています。
 検査日時やお問い合わせ先は、薬務感染症対策課ホームページをご覧ください。
 「三重県 エイズ対策」で検索
  http://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/86591012624.htm

(参考)HIV/エイズの発生動向
 厚生労働省エイズ動向委員会の報告によると、平成28年に報告された新規HIV感染者・エイズ患者数は1,448件(三重県:13件)であり、近年横ばいが続いています。また、新規報告件数に占めるエイズ患者の割合は30.2%(三重県:38.5%)であり、病気が進行した時点で診断される例が多く、早期発見に向けた取り組みが必要です。
 HIV感染者及びエイズ患者報告における感染経路としては、性的接触によるものがそれぞれ90%、81%であり、特に男性同性間性的接触によるものが多い傾向があります。エイズは、正しい知識を持ち、それに基づいた行動によって予防可能な疾患です。また、近年の医学の進歩によって、感染を早く知り適切な医療を受けることができれば、感染前とほぼ変わらない生活を送ることが期待できます。
 HIVに感染しているかどうかは検査を受けなければわからず、エイズはHIVに感染後、数年~10年程度自覚症状がない期間を経て発症するという特徴があります。エイズを発症し治療が困難な状況にならないためにも、HIV検査を受けて感染の有無を知ることが重要です。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 薬務感染症対策課 感染症対策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2352 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:yakumus@pref.mie.lg.jp 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000208641