現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 感染症 >
  5.  予防接種について
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 薬務感染症対策課  >
  4.  感染症対策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

予防接種について


 予防接種には、予防接種法に基づいて行われる「定期接種」と、本人及び保護者の希望によって行われる「任意接種」があります。
 「任意接種」については、かかりつけ医にご相談のうえ、接種してください。
 

定期接種

定期接種の種類、接種スケジュール

区分 対象疾病 努力義務
A類 Hib感染症、小児の肺炎球菌感染症、ジフテリア、百日せき、
破傷風、急性灰白髄炎(ポリオ)、結核(BCG)、B型肝炎、
麻しん(はしか)、風しん、水痘、日本脳炎、
ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)
あり
B類  高齢者インフルエンザ、高齢者の肺炎球菌感染症 なし
  ※ 努力義務:接種を受けるよう努めること

接種スケジュール、接種の詳細

市町村窓口

  • 実施主体は、市町です。
  • 接種についての詳細は、お住まいの市町役場の予防接種担当部署へお問い合わせください。

副反応報告制度

  • 病院等の開設者又は医師は、定期の予防接種または臨時の予防接種を受けた者が、厚生労働大臣が定める病状を呈していることを知ったときは、厚生労働大臣に報告することが義務づけられています。

  ・予防接種副反応報告(厚生労働省ホームページ)

健康被害救済制度

  • 接種を受けた方に健康被害が発生した場合に、医療費・障害年金等の補償を行う制度です。定期接種と任意接種で別々の制度となります。

  ・予防接種法の救済制度(定期接種の場合、厚生労働省ホームページ)
  ・独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)法の救済制度 (任意接種の場合、PMDAホームページ)

三重県予防接種センター

  • 予防接種全般に対して医療相談をお受けしています。
  また、渡航の際の予防接種(トラベラーズワクチン)も行っています。
 【医療相談日・時間】毎週火曜日、金曜日(祝日と年末年始除く)
             10時~12時、13時~16時
 【電話番号】059-236-4155(三重病院内)
  ・三重県予防接種センター(三重病院内)(三重病院ホームページ)
 

  ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン、子宮頸がん予防ワクチン)

 ヒトパピローマウイルスの予防接種(HPVワクチン、子宮頸がん予防ワクチン)については、接種後に広範な慢性の疼痛などの多様な症状がみられたことから、平成25年6月14日から積極的勧奨が差し控えられています。
 しかし、引き続き定期接種の対象疾病であることから、希望者が定期接種を受けることができるよう、HPVワクチンの安全性と有効性の両方の情報提供を実施しております。
 詳しくは、お住まいの市町役場の予防接種担当部署へお問い合わせください。

 ・ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)(厚生労働省ホームページ)
 

HPVワクチンにかかる相談窓口 

接種後に体調が悪くなった場合など、HPVワクチン予防接種に関するご相談をお受けします。

HPVワクチン予防接種の相談窓口一覧

区分 担当課など 電話番号(受付日時) ご相談内容
各市町 予防接種担当課(室) お住まいの市町役場の予防接種担当課へおかけください。
(各市町の開庁日時)
市町は、接種の実施主体です。
接種や救済などが相談ができます。
厚生労働省 HPVワクチン相談窓口 03-5276-9337
月~金:9時~17時(土日祝日と年末年始を除く)

子宮頸がん予防(HPV)ワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般についての相談ができます。

三重県 医療保健部
薬務感染症対策課
059-224-2352
(三重県の開庁日時)
総合的な窓口です。
相談先が不明な場合等はこちらへ。
教育委員会事務局
保健体育課
059-224-2969 教育に関する相談ができます。
 

HPVワクチンにかかる診療体制

協力医療機関及び専門医療機関

  • 「協力医療機関」は、ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状に関して相談できる医療機関で、全国で70以上が指定されており、どの医療機関も受診いただけます。
    三重県の協力医療機関 三重大学医学部附属病院 産婦人科
               電話番号059-232-1111(代表)(受付時間:10時~15時)
 
  • 「専門医療機関」は、HPVワクチンによる症状に関する厚生労働科学研究事業研究班の所属医療機関で、どの医療機関も受診いただけます。
    協力医療機関及び専門医療機関の一覧(厚生労働省ホームページ)
 

HPVワクチンにかかる健康被害救済

平成25年4月1日以降に接種した方(定期接種)

・接種した市町の予防接種担当課(室)が窓口ですので、接種した市町へご連絡ください。
制度概要(厚生労働省ホームページ)

平成25年3月31日までに接種した方(任意接種)

・医薬品医療機器総合機構(PMDA)が窓口です。
・連絡先(電話番号)0120-149-931
          受付時間:9時~17時、月~金(祝日と年末年始除く)
制度概要(PMDAホームページ)
 

最新情報などのご紹介

【平成25年3月31日以前に接種し、症状等が生じた方へ】
・健康被害救済申請の請求期限が迫っています。
・まずは、お早目に下記へご相談ください。
 0120-149-931 フリーダイヤル(受付時間:9時~17時、月~金(祝日と年末年始除く))
 ※PMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)救済制度相談窓口
・詳細は厚生労働省の関連通知をご覧ください。 (厚生労働省ホームページ)

関連ホームページ

 ・厚生労働省(HPVワクチン予防接種)ホームページ
 ・PMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)救済制度ホームページ

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 薬務感染症対策課 感染症対策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2352 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:yakumus@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000125720