現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 感染症 >
  5. 三重県新型コロナウイルス感染症特設サイト >
  6.  新型コロナウイルス感染症と診断された皆様へ
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 患者情報プロジェクトチーム
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

新型コロナウイルス感染症と診断された皆様へ

【本ページの対象者】
 ・医療機関にて新型コロナウイルス感染症と診断された方。
 ・「三重県検査キット配布・陽性者登録センター」からお送りする診断完了の通知メールにて
  新型コロナウイルス感染症と診断された方。

  ※「三重県検査キット配布・陽性者登録センター」への登録について
   ・登録後、医師の確認をもって新型コロナウイルス感染症と診断されます。
    診断結果の通知メール及びマイページの内容を必ずご確認ください。
   ・自宅等で実施した抗原定性検査の結果が「陽性」となり、「三重県検査キット配布・陽性者登録
    センター」への陽性者登録がお済みでない方や制度についての詳細はこちらをお確かめください。
    (対象者等にご注意ください)
 このページは、新型コロナウイルス感染症と診断されたみなさまに、今後の療養上の注意点などをお知らせするサイトです。 本県では、医療機関から保健所への届出対象外の方については、保健所からの連絡を行わないこととなりました
 (届出対象の方(※)は、届出受理後、保健所よりお電話にてご連絡を差し上げます。)
 つきましては、届出対象外の方については、下記の療養上の注意事項についてご確認いただき、ご自宅等にて療養を行っていただきますよう、お願いいたします。

(※)届出対象の方(下記のうちいずれかに該当する方)
   ①65歳以上の者
   ②入院を要する者
   ③重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ治療薬(風邪薬等は対象となりません)の投与が必要な者 
    又は 
    重症化リスクがあり、かつ、新型コロナ罹患により新たに酸素投与が必要な者
   ④妊婦
 

メニュー

 初めてご覧になる方は、一通りご確認いただきますよう、お願いいたします。

新着情報
診断されたらまず行うこと
療養期間について(陽性者)
療養方法について  (宿泊療養についてはこちら)
自宅療養中の注意事項について
同居家族のみなさまへ(濃厚接触者について)
療養終了後について
療養期間通知書について
こころの健康に関すること
10 県外医療機関にて診断された方 及び
県内医療機関にて診断された県外居住者の方へ
11 自宅療養中の連絡先について
12 届出対象の方へ

   For English
 

①新着情報

【令和4年10月25日】
 ・令和4年10月26日より、療養期間通知書に関する取り扱いを変更しました。
【令和4年9月26日】
 ・全国一律での発生届の限定化を踏まえ、一部内容を修正しました。
【令和4年9月9日】
 ・緊急避難措置の適用にあわせ、ホームページを更新しました。
 

②診断されたらまず行うこと

□同居家族に以下のことをお伝えください。
  ・自身が新型コロナウイルス感染症と診断されたこと
  ・同居家族は原則濃厚接触者になるため、自宅待機が必要であること
□お勤めの方や、学校等に通われている方は、勤務先や通学(園)先に新型コロナウイルス感染症
 と診断された旨をお伝えください。
 

③療養期間について(陽性者)

無症状の方について
検体採取日から7日間経過した場合、療養解除となります。
 ただし、10日間経過するまでは、検温などご自身による健康状態の確認が必要です。
・5日目の抗原定性検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)に解除が可能です。
 (自費にて実施・薬事承認を受けた「体外診断用医薬品」または「第1類医薬品」の抗原定性検査キットを使用)
 ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、
 高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を
 避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いいたします。
・また、7日間が経過するまでに、医療機関を受診する際は、事前に電話等で相談のうえ、医療機関の指示に従い
 受診いただくとともに、マスクを着用する等、感染予防行動の徹底をお願いいたします。
0日   1日          …    7日
検体採取日  療養   療養  療養(最終日)

有症状の方(※1)について
(a)下記の「(b)現に入院している者」以外
・発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後 (※2)24 時間経過した場合には解除可能となり
 ます。(最短で8日目で解除となります)

・ただし、10 日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健
 康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リ
 スクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行
 動の徹底をお願いします。
・また、10日間が経過するまでに、医療機関を受診する際は、事前に電話等で相談のうえ、医療機関
​ の指示に従い受診いただくとともに、マスクを着用する等、感染予防行動の徹底をお願いいたします。
 
 (b)  現に入院している者(※3)
・発症日から 10 日間経過し、かつ、症状軽快後(※2) 72 時間経過した場合には解除可能となります。
 (最短で11 日目で解除となります)


※1 人工呼吸器等による治療を行った場合を除きます。
※2 症状軽快とは解熱剤を使用せずに解熱しており、呼吸器症状が改善傾向である場合を言います。
※3 高齢者施設に入所している者を含みます。(障害者施設の入所者は(a)となります。)

例)自宅療養であり、発症日2日目に症状が軽快した場合でも、7日間の療養期間は必要です。
  0日    1日  2日  …  7日
発症日   療養   療養(症状軽快)   療養   療養(最終日)





療養期間の考え方については、以下の資料もご確認ください。
(表形式で記載しております)
PDF:療養期間の目安について(11月28日~12月19日、入院、高齢者施設の入所者は療養期間が異なりますのでご注意ください)

〇療養期間は以下のフォームからも確認できます。
 療養期間・待機期間早わかりシステム
 (1問目で「陽性者である」を選んでください。)

厚生労働省Q&A  厚生労働省「陽性だった場合の療養解除について」(外部サイトへリンク)   https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kenkou-iryousoudan.html#ryouyoukaizyo 
 

④療養方法について

 重症化リスクの低い陽性者(医療機関からの届出対象外の方)については、原則自宅療養をお願いしています。自宅療養を実施するにあたっての注意点等については、⑤以降をご確認ください。

宿泊療養について

 なお、本県では宿泊療養施設も確保しておりますが、中等症の方や重症化リスクの高い陽性者の入所を優先することとしており、同居家族との隔離を目的とした入所については、「医療従事者や介護施設職員などのエッセンシャルワーカー、重症化リスクを伴う基礎疾患を有する方や、高齢者(70歳以上)、妊婦と同居しており、かつ感染防止対策を講じることが困難な場合」を優先しています。
 宿泊療養を希望される方は以下のフォームにて申請してください。

  [宿泊療養申請フォーム](申請時は入力内容をよくお確かめください。)
  [宿泊療養再申請フォーム](2回目以降の申請を行う場合に利用してください。)
    ※陽性者の方以外は申請できません。(濃厚接触者は申請できません。)
    ※陽性者と偽って申請した場合は、必要な措置を行う場合があります。

 【申請時の注意事項】
・重症化リスクの高い方(上記参照・保健所からお電話のあった方)は、保健所でお申し込みください。
・ご家族等複数人で宿泊療養を希望される場合は、それぞれお一人ずつ申し込みが必要です。

 【宿泊療養に関するお問い合わせ先】
  三重県医療保健部 宿泊・自宅療養プロジェクトチーム 
  TEL 059-224-3407/059-224-2085  FAX 059-224-2558 
  e-mail  shukuhaku@pref.me.lg.jp
 

⑤自宅療養中の注意事項について

□療養期間中の外出自粛について、有症状の場合で症状軽快から 24 時間経過後又は無症状の場合
 
は、外出時や人と接する際は短時間とし、移動時は公共交通機関を使わないこと、外出時や人
 と接する際に必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動を徹底することを前提に、食料品
 等の買い出しなど必要最小限の外出を行うことは差し支えありません。
□毎日朝夕2回に体温や血中酸素濃度(※)を測定するとともに、健康状態の確認を実施してください。
(※)詳細・申し込みは下記申請フォームをご確認ください。
□重症化リスクの低い陽性者については、原則保健所からの電話での健康観察を行わないこととし、
 自身での健康観察をお願いしております。
□体調の急変時はかかりつけの医療機関または保健所のへご連絡ください。
□家庭内ではマスクの着用や手洗いを実施し、同居家族とは可能な範囲で生活空間を分けてください。
□定期的に換気を行うとともに、共用部など手で触れる部分はアルコール消毒液でしっかり拭いてください。
□洗濯物は家庭用洗剤(界面活性剤入り)で洗い、しっかり乾かしてください。

※「自宅療養のしおり」や「治療に関与する医療機関」についてはこちらもご確認ください。
 新型コロナウイルス感染症に係る自宅療養について
 

パルスオキシメーター(血中酸素濃度計)の貸与・食料品配布について

 パルスオキシメーター(血中酸素濃度計)をお持ちでない方への機器貸与、および食料品の配付については、
以下のフォームにて申請してください。
 感染者数の高止まりが長期間続いたことから、食料品については調達・配送のひっ迫が発生していますので、ネットショッピング等によるご自身での調達、ご家族等の支援を得るなどご協力をお願いいたします。
 また、市町において、県が実施している食料品の配付とは別に、生活支援を行っている場合もあります。
(支援内容は、お住いの市町にご確認ください。)

   [申請フォーム] (申請時は入力内容をよくお確かめください。)
   ※陽性者の方以外は申請できません。
   ※陽性者と偽って申請すると業務の妨害となります。

 【申請時の注意事項】
・保健所からお電話のあった方(重症化リスクが高い方)については、保健所でお申し込みください。
・食料品については、自宅療養者が複数名いらっしゃっても、1人ずつお申し込みが必要です。
・パルスオキシメーター(血中酸素濃度計)を医療機関から直接貸与された方は。お申し込みをしないでください。
 また、1世帯に1台の貸与となりますので、お1人のみ申請してください。
・なお、フォームで記載いただいた情報については、感染症法第44条の3第6項の規定による都道府県と
 市町村の連携のため、お住いの市町に提供する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【ネットスーパーに関する情報提供】
 こちらでは、新型コロナウイルス感染症による自宅療養者への支援などに関する情報を記載しています。対象エリアや条件など詳細については、各事業者のホームページ等をご確認ください。
・マックスバリュ東海(一部店舗)
https://www.mv-tokai.co.jp/wp/wp-content/uploads/2022/09/e43c7b2ac8f23a52b2d02c0a3a4f602f.pdf
※事業者の皆様へ
 自宅療養者への支援などに関する情報があり、こちらへの掲載を希望される場合は、下記問い合わせ先まで、ご連絡ください。

【パルスオキシメーターの貸与・食料品配布に関するお問い合わせ先】
  三重県医療保健部 宿泊・自宅療養プロジェクトチーム 自宅療養班
  TEL 059-224-3408  FAX 059-224-3001 
  e-mail  jitakui@pref.me.jp
 

風水害(大雨や台風時)の避難について

 感染拡大防止のため他者との接触を避けていただく必要があることから、大雨や台風の被害が事前に予見される場合の避難等について、以下の点に十分ご留意ください。
 また、発災に備えた対応のため、市町や消防へ個人情報を提供する場合がありますので、ご同意いただきますようお願いします。

①自宅が安全な場所であるか知っておく

 ・浸水想定区域や土砂災害警戒区域に該当していないか、身のまわりの危険を確認
 ・各市町で作成しているハザードマップで確認。
 (インターネット上で、『○○市・町 ハザードマップ』等と検索して確認 して下さい)
    【例】洪水ハザードマップ 土砂災害ハザードマップ

②災害時にどこに逃げるか決めておく
 詳細は「こちら」をご覧ください。

 避難が必要な場合で、宿泊療養施設等への避難が困難な場合、お住いの市町から提供されている情報も
 ありますので、ご確認ください。〔市町の情報はこちら
 

⑥同居家族のみなさまへ(濃厚接触者について)

 同居家族の皆様は、原則、濃厚接触者となります。
 なお、待期期間の考え方や期間中の注意事項など、詳細は以下のサイトをご覧ください。
  濃厚接触者に特定された皆様へ

〇待期期間は以下のフォームからも確認できます。
 療養期間・待機期間早わかりシステム
  (1問目で「陽性者ではない(濃厚接触者である)」を選んでください。)
 

⑦療養終了後について

□療養解除基準を満たしたら、療養を終了してください。
□療養解除の際は、原則保健所からの連絡はありません。
□療養解除時に新型コロナウイルス感染症の検査を行う必要はありません。また、職場や学校等に
 復帰する際に、陰性証明書・療養期間通知書等の書類を提出する必要はありません。
 

⑧療養期間通知書について

□三重県では、国からの通知に基づき、新型コロナウイルス感染症と診断された方については、就業制限通知
 及び、就業制限解除通知の発行を行わないことといたしました。
□保険会社への請求等のための、療養した期間が記載された書類については、「こちら」をご覧ください。
 ※令和4年10月26日以降、交付対象者や受付期限を一部変更いたします。
 ※四日市市にお住まいの方は「こちら」をご確認ください。
 

⑨こころの健康に関する相談について

□三重県では、面接や電話等により、コロナのことが不安で眠れない、心身の不調を感じているといったお悩み
 の相談を受け付けています。相談先は以下のリンクを参照してください。

・新型コロナウイルス感染症に関するこころのケア相談窓口のご案内
 http://www.pref.mie.lg.jp/KOKOROC/HP/75544031917_00001.htm
 

⑩県外医療機関にて診断された方 及び 県内医療機関にて診断された県外居住者の方へ

三重県外の医療機関にて新型コロナウイルス感染症と診断された、本県に所在の方

・診断された医療機関より提出される発生届の内容をもとに、上記【届出対象】であるか否かを判断させていただきます。
 なお、届出対象外の方である場合は、原則保健所から患者に対しての連絡は行いません。療養上の注意は本県にて診断された方と同じです。

本県内の医療機関にて新型コロナウイルス感染症と診断された、他自治体に所在する方

上記【届出対象】に該当する方
 →従来どおり発生届が提出され、所在地を管轄する自治体の基準に基づいて対応が行われます。
  (対応方法は自治体によって異なります。)
上記【届出対象】に該当しない方
 →医療機関より発生届が提出されないため、本県から所在地を管轄する自治体への対応依頼を行いません。
  療養調整や体調不良等のご相談については、患者所在地を管轄する自治体へ相談いただきますよう、
  お願いいたします。
 

⑪自宅療養中の連絡先について 

※まずは、かかりつけ医や診断された医療機関へご相談ください。
日中
(8:30~17:15)
桑名保健所 0594-24-3625(平日)
0594-24-3671(土休日)
鈴鹿保健所 059-382-8672
津保健所 059-223-5184
松阪保健所 0598-50-0531
伊勢保健所 0596-27-5216
伊賀保健所 0595-24-8045
尾鷲保健所 0597-23-3454
熊野保健所 0597-89-6115
四日市市保健所 059-354-8406
夜間
(17:15~翌8:30)
共通 059-224-2644
※夜間相談窓口 平日・土休日共通
こころの電話相談
(9:00~16:00)
共通 059-253-7821
※月曜日~金曜日
下記連絡先においては個別の対応は致しかねますので、上記ご連絡先へお問い合わせください。


 

⑫届出対象の方へ (対象者はこちら

保健所による調査(積極的疫学調査)

 新型コロナウイルス感染症と診断された場合、保健所から調査(積極的疫学調査)のため、電話等による連絡があります。この調査は、周囲の感染者や感染の恐れのある方を早期に発見し、感染拡大を食い止めるための大事な調査です。
 陽性者と診断された方には、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)第15条により積極的疫学調査に協力する義務が課せられています。感染拡大を防ぐために、必ず調査にご協力ください。  
 また、調査の結果、職場や学校などの所属や、濃厚接触者の方への連絡をお願いする場合があります。

積極的疫学調査の調査項目の例
基本情報 氏名・生年月日・住所、陽性者が現在滞在している場所、
     家族構成、勤務先や学校の名前、所在地、電話番号
臨床経過 発症日、症状、基礎疾患、医療機関への受診状況など
行動調査 発症日の2日前からの行動歴、
     ハイリスク施設(高齢者・障害児者入所施設、入院医療機関、
      特別支援学校)の利用の有無
 

入院

 積極的疫学調査などの結果をふまえ、入院が必要と判断された場合は、保健所から入院先や日時等の連絡があります。(感染症法第19条および第20条に基づいて「勧告」を行います。)
 

宿泊療養 

 新型コロナウイルス感染症と診断された方のうち、中等症の方、重症化リスクの高い方、重症化リスクの高い方等と同居しており、かつ感染対策を講じることが困難である方については、三重県が用意した施設において宿泊療養をお願いしています。
 宿泊療養についての詳細は以下のリンクを参照してください。

 ・新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養について
  http://www.pref.mie.lg.jp/YAKUMUS/HP/p0015700019.htm
 

自宅療養

 他の人に感染を広げないための自宅から外出しないでください。療養期間中は、毎日、朝・夕2回の体温測定等の健康観察をお願いしています。
 自宅療養および健康観察についての詳細は、以下のリンクを参照してください。

 ・新型コロナウイルス感染症に係る自宅療養について
  http://www.pref.mie.lg.jp/RYOUYOPT/HP/m0349300002.htm
 
   ・新型コロナウイルス感染症に係る健康観察について 
 

風水害(大雨や台風時)の避難について

感染拡大防止のため他者との接触を避けていただく必要があることから、大雨や台風の被害が事前に予見される場合の避難等について、以下の点に十分ご留意ください。
また、発災に備えた対応のため、市町や消防へ個人情報を提供する場合がありますので、ご同意いただきますようお願いします。
 
①自宅が安全な場所であるか知っておく
・浸水想定区域や土砂災害警戒区域に該当していないか、身のまわりの危険を確認
・各市町で作成しているハザードマップで確認。
(インターネット上で、『○○市・町 ハザードマップ』等と検索して確認 して下さい)
   【例】洪水ハザードマップ 土砂災害ハザードマップ
②災害時にどこに逃げるか決めておく
詳細は「こちら」をご覧ください。

 避難が必要な場合で、宿泊療養施設等への避難が困難な場合、お住いの市町から提供されている情報があり
ますのでご確認ください。〔市町の情報はこちら
 

(参考)新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)への陽性登録について

 厚生労働省よりリリースされている新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)については、令和4年11月17日より、順次機能が停止されます。
今後は接触確認アプリ(COCOA)はご利用になれませんので、ご注意ください。

詳細は以下のサイトをご確認ください
・厚生労働省 「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」(外部サイトへリンク)
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

 

参考サイト(外部サイトへリンク)

厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

厚生労働省「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00009.html

厚生労働省「ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~」
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000601721.pdf 

国土交通省「新型コロナウイルス感染防止に向けたバス・タクシーの車内換気について(要請)」 https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/special/sp20200306.pdf

本ページに関する問い合わせ先

【新型コロナウイルス感染症患者の方】
 ※ご体調に関することについては、まずは、かかりつけ医や診断された医療機関へご相談ください。
日中
(8:30~17:15)
桑名保健所 桑名市・いなべ市
桑名郡・東員郡・三重郡
0594-24-3625(平日)
0594-24-3671(土休日)
鈴鹿保健所 鈴鹿市・亀山市 059-382-8672
津保健所 津市 059-223-5184
松阪保健所 松阪市・多気郡 0598-50-0531
伊勢保健所 伊勢市・鳥羽市・志摩市
度会郡
0596-27-5216
伊賀保健所 名張市・伊賀市 0595-24-8045
尾鷲保健所 尾鷲市・北牟婁郡 0597-23-3454
熊野保健所 熊野市・南牟婁郡 0597-89-6115
四日市市保健所 四日市市 059-354-8406
夜間
(17:15~翌8:30)
共通 059-224-2644
※夜間相談窓口
 平日・土休日共通
こころの電話相談
(9:00~16:00)
共通 059-253-7821
※月曜日~金曜日
宿泊療養について 三重県医療保健部
宿泊・自宅療養プロジェクトチーム
宿泊療養運営班・宿泊療養企画班
TEL 059-224-3407
059-224-2085
パルスオキシメーターの貸与
食料品配布について
三重県医療保健部
宿泊・自宅療養プロジェクトチーム
自宅療養班
TEL 059-224-3408
療養期間通知書について 三重県療養期間通知書交付センター こちらをご覧ください

【濃厚接触者の方】
 ※自宅待機中に発熱等の症状が出現した場合は、かかりつけの医療機関または下記「受診・相談センター」へお問い合わせください。
「受診・相談センター」
(24時間対応)
(土・日・祝を含む)
桑名保健所 桑名市・いなべ市
桑名郡・員弁郡・三重郡
0594-24-3619
鈴鹿保健所 鈴鹿市・亀山市 059-392-5010
津保健所 津市 059-223-5345
松阪保健所 松阪市・多気郡 0598-50-0518
伊勢保健所 伊勢市・鳥羽市・志摩市
度会郡
0596-27-5140
伊賀保健所 名張市・伊賀市 0595-24-8050
尾鷲保健所 尾鷲市・北牟婁郡 0597-23-3456
熊野保健所 熊野市・南牟婁郡 0597-89-6161
四日市市保健所 四日市市 059-352-0594

【その他本ページに関するお問い合わせ先】
  三重県 医療保健部 患者情報プロジェクトチーム
  〒514-8570 津市広明町13番地(本庁4階)
  電話番号:059-224-2747  ファクス番号:059-224-2558
  メールアドレス:kansenjo@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000255896