現在位置:
  1. トップページ >
  2. 健康・福祉・子ども >
  3. 医療 >
  4. 感染症 >
  5.  新型コロナウイルス感染症に関する知事から県民へのメッセージ(4月7日)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 医療保健部  >
  3. 薬務感染症対策課  >
  4.  感染症対策班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

新型コロナウイルス感染症に関する知事から県民へのメッセージ(4月7日)

県民の皆様へ

 本日4月7日、政府から、緊急事態宣言が7都府県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)に発出されました。
 宣言の発出により、当該7都府県では、知事の権限により、5月6日までの間、法的な根拠を持って「生活の維持に必要な場合を除く外出の自粛の要請」、「学校および映画館などの使用制限や停止の要請」等を行うことができるようになります。
 今回、緊急事態宣言が発出された7都府県については、いずれも感染経路不明の感染者が大幅に増加するなど、4月1日の専門家会議で示されている「感染拡大警戒地域」に該当すると考えられます。
 本県については、現時点で感染源が追えない患者は発生しておらず、新規の患者数も一定程度の増加幅に収まっていることから「感染確認地域」にあたると考えられますが、国内外や近隣府県の感染拡大の状況をふまえると、予断を一切許さない厳しい状況にあります。
 今回、緊急事態宣言が発出された地域に本県は含まれていませんが、本県への感染拡大を防止し、県民の皆さんの大切な命を守るため、私たちは緊急事態宣言の対象地域と変わらず、強い危機感を持って、一致団結して「オール三重」で対応していく必要があります。
 そこで、改めて、県民の皆様には以下の点について、ご理解ご協力をお願いいたします。
 
(1 感染拡大地域への移動の自粛)
 これまでも、感染が拡大している8都道府県(東京都、大阪府、北海道、愛知県、兵庫県、千葉県、神奈川県、埼玉県)への不要不急の出張や訪問等を控えていただくことの徹底についてお願いしてきたところです。
 今回、緊急事態宣言が発出された7都府県において徹底的な外出自粛の要請がなされることもふまえ、県民の皆様には、ご不便・ご迷惑をおかけしますが、対象の7都府県への移動について、生活を維持するための必要最小限の移動以外は自粛してください。
 また、緊急事態宣言の対象地域を決めるにあたり議論の対象となった北海道や愛知県、京都府など、多くの感染が確認されている地域への不要不急の出張や訪問等を控えてください。
 
(2 7都府県からの来県の自粛)
 本県で感染が確認されている方については、その多くが県外で感染し、三重県内で発症したと考えられることから、7都府県に在住のご家族や友人などに対して性急な帰省や来訪を自粛する呼びかけをお願いするとともに、企業の皆様には、7都府県からの参加が見込まれる会議や出張等について、延期または中止いただくようお願いいたします。
 
(3 企業や学校関係の皆様へのお願い)
 企業や学校関係の皆様におかれましては、新型コロナウイルスとの戦いが長引いており、景気の落ち込みによる企業活動の停滞や学校等の臨時休校に伴う保護者である従業員の皆様へのご配慮、カリキュラムの変更などにご協力いただいており、感謝申し上げます。これまでも、多大なるご協力をいただいているところであり、これ以上、ご不便をおかけするのは大変心苦しくはありますが、緊急事態宣言が発出された状況をご理解いただき、従業員や学生の皆様にご配慮いただくとともに、テレワークやオンライン学習を積極的にご活用いただくなど、皆さんの大切な仲間の命や健康を守るため、ご協力をお願いいたします。
 合わせて、宣言期間中にやむを得ず本県の施設等で開催するイベントや会議について、7都府県からの参加、入場、利用が見込まれる場合は、予め申込等の段階で対象者を把握いただくとともに参加の自粛を強く呼びかけていただきますようお願いいたします。
 
(4 真実に基づく冷静な対応のお願い)
 新型コロナウイルスとの戦いが長く続く中、SNS等による事実ではない誤った情報が拡散されることにより、トイレットペーパー等、本来十分に供給が賄えている物資の買い占めが発生するなど、不安が不安を呼び、県民の皆様の生活に影響を及ぼす事態も発生しています。
 また、憶測によるデマや誤った情報の拡散、個人や企業への誹謗中傷等も見受けられます。
 私達も、引き続き、必要な物資の確保や県民の皆様へ迅速かつ正確な情報発信を行うために最大限努力してまいりますが、県民の皆様におかれましても、過剰な買いだめを控えるなど冷静に行動すること、根拠が不明な情報の拡散はしないことにご協力ください。
 
(5 報道機関の皆様へのお願い)
 本県はもとより、緊急事態宣言が発出された7都府県をはじめ全国の感染拡大をここで食い止めるためには、報道機関の皆様のお力添えが必要です。本県としても企業や学校関係の皆様をはじめ、県民の皆様に感染の拡大を防止するため、あらゆる手段を活用し、感染防止対策の徹底や感染が拡大している地域との往来の自粛等について周知していきますが、より多くの県民の皆様や全国の皆様に声を届けるため、積極的な情報の発信についてご協力をお願いいたします。
 
 新型コロナウイルスは日々その影響力を強めており、本県の感染者は、今は13名にとどまっているものの、いつ、どこで、誰が感染するか、わかりません。
 本年1月から新型コロナウイルスとの戦いが始まり、3か月が経とうとしています。県としては、県民の皆様をはじめ、企業、学校、関係機関・団体、市町の皆様にご協力いただきながら、感染拡大の防止と県民の皆様の不安解消に向け、「オール三重」で一致団結し、全力で取り組んできました。県民の皆様のこれまでのご協力に心から感謝申し上げます。
 今回、国が緊急事態宣言を発出したことを重く受け止め、私としても大変心苦しく思いますが、何よりも優先すべきは、「県民の皆様の“命”と“健康”を守ること」であると考え、三重県に宣言が発出される前の段階ではありますが、これまで以上に厳しいお願いをさせていただきます。
 県といたしましても、新たにとりまとめられる緊急経済対策も最大限活用し、生活・経済に及ぼす影響を最小限に抑え、県民の皆様の生活を守るため、不安を解消するため、あらゆる施策を総動員し、全身全霊をかけて強い決意で取り組んでまいりますので、県民の皆様におかれましても、ご理解、ご協力いただくよう、よろしくお願いします。
 私達は今、ウイルスという見えない敵と戦っています。新型コロナウイルスは未知の敵であり、その感染拡大のスピードは速く、ワクチンがまだ無いことなどから、世界中で不安がまん延しています。
 私達が今できることは、不安や事実に基づかない情報により自分を見失うことなく、正確な情報を基に新型コロナウイルスを正しく恐れ、一人ひとりが的確な感染防止対策を徹底するとともに、我が事として認識し、「3つの『密』(密閉・密集・密接)」を避ける、人と人との間隔(ソーシャルディスタンス)を確保する、など行動変容を起こすことです。
 また、自身が感染の疑いがある時は、事前に医療機関に連絡するなど、適切な受診行動を取り、感染拡大の防止を徹底するとともに、感染は他人事ではなく、自身や大切な家族にも起こりうることを認識し、個人への偏見や差別につながる行為や人権侵害、誹謗中傷等を絶対に行わないことも大切です。
 暗く、長い道のりが続いていますが、朝が来ない夜が無いように、必ず夜明けもやってきます。苦しい今だからこそ、「オール三重」で一致団結し、支えあいながら一歩一歩歩みを進めていきたいと思いますので、県民の皆様におかれましても、ご理解、ご協力いただくよう、よろしくお願いします。

 
令和2年4月7日
三重県知事 鈴木 英敬

本ページに関する問い合わせ先

三重県 医療保健部 薬務感染症対策課 感染症対策班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁4階)
電話番号:059-224-2352 
ファクス番号:059-224-2344 
メールアドレス:yakumus@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000237192