現在位置:
  1. トップページ >
  2. くらし・環境 >
  3. 廃棄物とリサイクル >
  4. 産業廃棄物 >
  5. 産業廃棄物不適正処理事案 >
  6. 現在対策中の産業廃棄物不適正処理事案 >
  7.  伊賀市比土事案
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 環境生活部  >
  3. 廃棄物適正処理プロジェクトチーム  >
  4.  環境修復班 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

三重の環境

伊賀市比土事案

1.事案の概要

 平成9年~12年ごろ、伊賀市比土地内で、造成を目的とした埋土・盛土の一部として、産業廃棄物が不法に投棄されたものです。原因者は、廃棄物処理法違反で処罰され、廃棄物の一部を撤去しましたが、大半は残置されたままとなりました。

2.安全性確認調査結果の概要

 平成18年度に、現場の測量調査、地質調査、及び廃棄物・土壌・水質調査を実施したところ、その概要は次のとおりでした。

(1) 廃棄物の種類、投棄面積及び容量

 木くず、がれき類の建設廃材を主体とした廃棄物が確認されました。また、投棄面積は約8,000m2、容量は埋土を含めて約29,000m3と推定されました。

(2) 地質及び地下水の概況

 現場の地層は、透水性の低い斑れい岩類を基盤とし、浅い部分は強風化しており、そのうち旧谷地形部の表層には砂質シルト層が分布しています。また、地下水は埋土層内の浸透水と、下部(基盤)の地下水に分けられ、埋土層内の浸透水は、埋土層内を通過して北~北東側の法面下部のくぼ地に浸出し、また、下部の地下水は北方向へ流動していると考えられます。

(3) 廃棄物・土壌・水質試験結果

 廃棄物の溶出試験では、テトラクロロエチレンなどが検出されましたが、いずれも埋立判定基準未満であり、特別管理産業廃棄物に相当するような廃棄物は確認されていません。しかし、投棄区域下部の地下水試験において、ほう素が環境基準を超えて検出されました。
 一方、周辺の土壌溶出試験、地下水の水質試験では、全ての項目が環境基準に適合していましたが、法面地表水においてホウ素がわずかに環境基準を超えて検出されました。

資料

平面図(PDF:216KB)

安全性確認調査結果(PDF:44KB)

(4)生活環境保全上の支障の評価

 平成18年度に実施した調査結果について、学識経験者(「三重県生活環境の保全に関する条例」の専門委員)からいただいた意見を踏まえ、次のとおり評価しました。

  • 汚染物質の周辺への流出は認められず、現在のところ生活環境保全上の支障のおそれはないと考えられます。
  • なお、廃棄物の溶出試験等では揮発性有機化合物が検出されていることから、今後も水質調査を継続し、引き続き安全性を確認していく必要があります。

3.調査結果に基づく対応状況

 これまでのモニタリング調査結果では、投棄区域の地下水からホウ素及び1,4-ジオキサンが環境基準を超過しており、法面地表水からは環境基準を超過していないものの、ホウ素が検出されています。しかしながら、周辺地下水から有害物質が検出されていないことから、現在のところ生活環境保全上の支障のおそれはないと考えられます。
 なお、平成18年度の安全性確認調査以降、周辺地下水等の水質調査を継続して実施しています。
 ※平成21年度に環境基準に追加
調査地点(PDF:415KB)

モニタリング結果(PDF:236KB)

   【参考資料:モニタリング測定値】(PDF:236KB)

 

本ページに関する問い合わせ先

三重県 環境生活部 廃棄物対策局 廃棄物適正処理プロジェクトチーム 環境修復班 〒514-8570 
津市広明町13番地(本庁8階)
電話番号:059-224-2483 
ファクス番号:059-224-2530 
メールアドレス:tekisei@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000049265