現在位置:
  1. トップページ >
  2. 観光・産業・しごと >
  3. 科学技術 >
  4. 工業研究所 >
  5. 成果普及 >
  6. 研究紹介 >
  7.  斑点むら:陶磁器製品欠点防止法の科学(三重、窯業研究室)
担当所属:
  1.  県庁の組織一覧  >
  2. 雇用経済部  >
  3. 工業研究所  >
  4.  窯業研究室 
  • facebook
  • facebook share
  • twitter
  • google plus
  • line

表面欠点「斑点むら」の防止法

現在、文献に記載されている「斑点むら」の欠点防止法を左欄に示します。右欄には、当研究会で検討した結果として、その意味(科学的理由)を示します。

斑点むら:素地中や釉中の斑点が一様でなく、むらのあるもの

欠点防止法 その意味(科学的理由)
a.素地中
1 使用素地を同一にする
(水分、粒度など)
水分、粒度などの不均一により、鉄鉱物など素地中の斑点物質がむらになるのを防止する。
2 成形条件を同一にする 成形条件を同一にし、素地中の斑点物質が均一に分散するようにする。
3 施釉量を同一にする 施釉層の厚さの違いによる斑点物質の発色むらをなくする。
4 焼成を同一にする 焼成むらによる斑点物質の呈色の違いをなくする。
b.釉中
1 釉を同一にする
(水分、粘度、粒度など)
釉の水分、粒度などを均一にして釉中の斑点物質にかたよりがないようにする。
2 釉を攪拌する 釉を撹拌し、釉中の斑点物質の沈殿などを防止する。
3 施釉条件を同一にする
(空気圧、釉厚、施釉量、施釉角度など)
施釉条件が異なることによる釉中の斑点物質の施釉むらを防止する。
4 焼成を均一、同一にする 焼成むらによる釉中の斑点物質の呈色むらを防止する。
5 成形条件を同一にする 成形体の組成、組織のむらをなくし、釉の呈色を均一にする。

本ページに関する問い合わせ先

三重県 工業研究所 窯業研究室 〒510-0805 
四日市市東阿倉川788
電話番号:059-331-2381 
ファクス番号:059-331-7223 
メールアドレス:mie_cera@pref.mie.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

ページID:000052947